TAMRON LENS BLOG

クリスマスで賑わう12月下旬、ドイツ北東部シュレスビヒホルシュタイン地方を旅しました。広い田園や農地が広がり山のない平地が続き、大小の湖沼や小さな河川、海岸線など、穏やかな風景も楽しめます。

2年ほど前からこの地域にスポットを当てていろいろな街を歩いていますが、今回は北海とバルト海を結ぶキール運河の中間地点レンツブルクを拠点にデンマークとの国境の港町フレンスブルク、バルト海沿岸に小さな湾を形成する海岸線が美しいエッカーンフェルデを訪ねました。午前9時から午後4時までの短い日照時間、加えて冬のどんよりと低く垂れ込めた雲天が続きましたが、時折出会えた貴重な晴れ間を探しながら、SP 24-70mm F/2.8 G2で撮影を楽しんできました。

 

hamburg0001

ドイツ北東部への玄関口のハンブルグはクリスマスの準備で賑わっていました。パサージュの中も大小様々なオーナメントで綺麗に輝いていました。

◎焦点距離:24mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/30秒 ISO感度:400

 

hamburg0002

市内循環の観光バスもこの時はクリスマスパレードの山車の牽引に使われるようで、飾りつけが施されています。

◎焦点距離:40mm 絞り:F/3.5 シャッタースピード:1/50秒 ISO感度:400

 

hamburg0003

アルスター湖畔の有名ホテル。ドアマンの赤い外套がサンタクロースのように映りました。

◎焦点距離:29mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/6秒 ISO感度:400

 

rendsburg0001

ハンブルグの北に位置するレンツブルクは鉄道橋で有名です。市内を南北に分断する「北海-バルト海運河」を越えるために1913年に完成しました。

◎焦点距離:50mm 絞り:F/4.5 シャッタースピード:1/125秒 ISO感度:400

 

rendsburg0002

運河沿いは「Kanalufer」と呼ばれ小道が続きます。地域住民の散歩コースであり、時折運河を行き交う船を眺めたりします。

◎焦点距離:30mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/30秒 ISO感度:800

 

rendsburg0003

西はバルト海、東は北海とユトランド半島の付け根に位置するこの運河は多くの輸送船、客船の重要な航路だそうです。

◎焦点距離:24mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/1250秒 ISO感度:100

 

rendsburg0004

夕日を受けて小さな水先案内船が停泊中。翌日には大きな砂利砕石船が停泊していました。

◎焦点距離:24mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/160秒 ISO感度:400

 

Breiholz002

レンツブルクから30分。郊外に位置する人口1300人ほどの小さな町ブライホルツに行ってみました。大きな農場や風力発電が目立ちます。彼は50haの農場を経営するオットーグレーネウォルドさん83歳。

◎焦点距離:50mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度:400

 

Breiholz003

バスが1日に五本程度。鉄道もないのでひたすら小道を歩きます。日本人が珍しかったのか、道を尋ねがてら、快く撮影に応じてくれました。

◎焦点距離:56mm 絞り:F/3.2 シャッタースピード:1/125秒 ISO感度:200

 

eckernfoerde001

エッカーンフェルデは緩やかな海岸線に沿った砂浜が海水浴場として人気の観光地です。冬は砂浜を散歩する人で賑わっていました。

◎焦点距離:70mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/6400秒 ISO感度:400

 

eckernfoerde003

観光船も年末ということで、お休み。比較的小型のクルーズ船やヨットが所狭しと停泊していました。

◎焦点距離:31mm 絞り:F/9 シャッタースピード:1/50秒 ISO感度:100

 

eckernfoerde004

高台から望む市街地。雲にさえぎられながら太陽が拡散して辺りを照らします。刻一刻と変化する天候にもて遊ばれながら、限られた時間を楽しみます。

◎焦点距離:28mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/1600秒 ISO感度:100

 

flensburg0001

この日は1日晴れてくれました。デンマーク国境のフレンスブルクは歴史的にも面白い地勢で度々属国が変わりました。古い商店がそのまま残る通称「赤の通り」の向こうには聖マリア教会を望みます。

◎焦点距離:48mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/1000秒 ISO感度:400

 

flensburg0002

教会の中のステンドグラスから溢れる光。大きな燭台をシルエットに浮かび上がらせてくれます。

◎焦点距離:70mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:100

 

flensburg0003

聖マリア教会は1170年ごろに建築された由緒ある教会。取り壊しや幾たびの改修を経て現在の姿は19世紀後半に完成したもの。

◎焦点距離:24mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度:100

 

tanekiyo種清 豊(たねきよ ゆたか)

1982年大阪生まれ。京都産業大学外国語学部ドイツ語学科卒業。写真家竹内敏信氏のアシスタントを経て、2007年よりフリーランス。商品撮影のほかカメラ専門誌、WEBなどに写真関連記事を掲載している。国内及び海外での現代の街並みをテーマにしたスナップを撮影中。キヤノンEOS学園講師

 

ブログ:http://tanelog.jugem.jp
twitter:http://twitter.com/YutakaTanekiyo

 

種清 豊氏にお使いいただいたSP 24-70mmの製品情報はこちら
SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2(Model A032)製品ページ

遥か高空を飛び行く飛行機を見ていると、どこに行くのだろうか、あの先にはどんな街が待っているのだろうかと想像する。窓から見える景色、エンジンの音、機内アナウンス、座席ベルト…。自分が飛行機に乗っているときのことを頭の中でめぐらせては、ひとり地上で空想の旅に出ている。

空想は抱くだけでなく、レンズの付いたカメラを持てば、具体的に表現できる。
そう、写真撮影ができることとは表現手段を得ることだから。

読者の方々はすでに一眼レフカメラを持っている方が多数だろう。
でも、もしまだ望遠レンズを検討しているのであれば、頭上過ぎ行く飛行機を見かける前に、このレンズを付けてみてはいかがだろうか。

今秋に登場したこのレンズは、400mmの望遠世界を得られながら、取り回しの軽さがいい。とにかく手軽に携行できて、一日中持ち歩けるから行動範囲も広がる。
飛行場やその近くに行って大きく写すのもよし、お住まいの上空を飛行機雲を曳きながら通るのを撮るのもよし。

使うには覚悟がいる大きく重いレンズではなく、気軽に持ち出せるカメラで、この冬は物思いに耽ってはいかがか。写真ならばそんな空想も残せて、伝えられる。
さぁ、皆さんもレンズを付けたカメラを持って、空の旅の始まり!

 

85A_2965_TJ

そろそろ秋の気配が迫る10月の石垣島。見上げれば、これから東シナ海を渡りアジアの都市へと向かうA330が飛行機雲を曳いていた。

◎焦点距離:400mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/800秒 ISO感度:320

 

85A_3316_2_T+J

時より雨雲の通過していった、ある9月の羽田空港。その雲達は何層にも重なり都市郊外まで広がっていた。

◎焦点距離:400mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:200

 

85A_0185_TJ

日の入りの1時間前。遥かシベリアを抜け、ヨーロッパはドイツ・フランクフルトへ向かう747-8型機。西陽を左舷に受けて巨体は北に飛び立っていった。

◎焦点距離:270mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:64

 

85A_1150_T+J

地方都市間輸送に活躍するDHC-8-400型機。傾いたままの朝の陽を受け、少し夏の香りが残る宮古空港へ滑り込んできた。

◎焦点距離:400mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/1000秒 ISO感度:100

 

DSC_6810_T+J

夏らしい雲が東京湾の東、千葉の上空に沸いた。雲の壁をかすめるのは北海道・新千歳空港行きの737-800型機だった。

◎焦点距離:400mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/400秒 ISO感度:100

 

DSC_6000_T+J

シンガポール・チャンギ国際空港からの長旅を終え、羽田空港に着陸するA350-900型機。
運河の水面に照らされた低い太陽の光りが出迎えた。

◎焦点距離:400mm 絞り:F/9 シャッタースピード:1/1250秒 ISO感度:100
(APS-Cカメラ使用)

 

85A_3170_TJ

本州に比べ、まだまだ陽が長かった10月の石垣空港。陽が沈み、夕闇の那覇空港へ向かうDHC-8-400型機が離陸の準備をしていた。

◎焦点距離:100mm 絞り:F/4.5 シャッタースピード:1/60秒 ISO感度:200

 

85A_2031_TJ

羽田空港に気まぐれな雨を降らせた雨雲の隙間から覗いた西陽に照らされたのは、737-800型機。機内からは東京に落ち行く夕陽が見れただろう。

◎焦点距離:400mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/640秒 ISO感度:64

 

DSC_6144_T+J

箱根の神山に落ちる陽を受け、羽田空港の滑走路に降りる737-800型機。秋を過ぎると西高東低の気圧配置が南関東に冬晴れをもたらす。

◎焦点距離:1200mm換算 絞り:F/16 シャッタースピード:1/640秒 ISO感度:100
(APS-Cカメラ、テレコンバーター2.0×使用)

 

inoue井上六郎(いのうえ ろくろう)

1971年東京生まれ。写真家。自転車レース、ツール・ド・フランスの写真集「マイヨ・ジョーヌ」を講談社から、航空機・ボーイング747型機の写真集「747 ジャンボジェット 最後の日々」を文林堂から上梓。日本写真家協会、日本スポーツプレス協会、国際スポーツプレス協会会員。
ただいま2018年飛行機のカレンダー「美しき航路」を㈱えい出版社から絶賛発売中!です。

 

井上 六郎氏にお使いいただいた100-400mmの製品情報はこちら
100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD(Model A035)製品ページ

はじめまして、フォトグラファーの黒田明臣です。
かれこれ三ヶ月ほど、プライベートの作品撮影を通してSP 45mm F/1.8 Di VC USDを使用してきました。今回、TAMRON LENS BLOGに寄稿する機会をいただいたので、その魅力をご紹介したいと思います。

自分がレンズに求めるポイントは二つ。様々な媒体で言い続けていることですが、解像感と階調です。レンズを語る際、解像感やボケ感についてのみ謳われる事が少なくありませんが、個人的に重要視しているのは低周波域をうまく描写できるか、つまり階調です。このあたりが優れたレンズはRAW現像時に色調の補正もしやすくしてくれるので好んで使います。
今回はSPレンズならではの描写で、自分らしい光や色表現に処理した作品たちをご紹介します。

 

X20171122-_DSC0480

曇りの日に一瞬差し込んだ弱い光を捉えました。F/2.0という浅い被写界深度と、スポット的にあたった光が被写体の顔を絶妙に浮きあげてくれています。肌の階調が美しいグラデーションとなっていてお気に入りの一枚となりました。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/2.0 シャッタースピード:1/100秒 ISO感度:200

 

X20171122-_DSC0435

曇りの柔らかい拡散光であっても、きちんとシャドウ部分や色を描写していて感動。特に顔にかかったシャドウ部分にカーテンを透過したことによる赤色が出ている点は嬉しい驚きでした。いずれも優れた階調性によるものではないでしょうか。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/2.0 シャッタースピード:1/100秒 ISO感度:200

 

X20171119-_DSC9926

あえて被写体の半分を影にいれた一枚。よくみるとわかりますが、影となっている部分もしっかりと解像してくれています。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/20000秒 ISO感度:200

 

X20171021-_DSC9735

白熱灯一灯という決して良いとはいえない光源の状況であっても、きちんと髪や布の質感を描いてくれています。全体的な階調と瞳の解像感が魅力的。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/2.0 シャッタースピード:1/160秒 ISO感度:400

 

X20171021-_DSC9805

同じく白熱灯を光源とした一枚。開放に近い状態でレンズにとっては嫌な角度のはずですが、フレアもゴーストも出ていません。SPレンズのポテンシャルが伺えます。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/2.0 シャッタースピード:1/160秒 ISO感度:400

解像感は、後処理である程度は調整が可能なポイントですが、階調をしっかりと描写できていないデータを後処理で調整することは困難です。そんな自分がレンズに求めるポイントを的確についてきたレンズがSP 45mmでした。

 

X20171122-_DSC0534

自然光と白熱灯によるミックス光。それぞれの色温度の違いを見事に描写してくれています。また、光の落ち方を描く階調性や、まつ毛や肌の質感を表現する解像感にも驚かされました。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/2.0 シャッタースピード:1/160秒 ISO感度:200

 

X20171119-_DSC0223

低照度環境でも、光の明暗差をキレイに描写してくれています。そして開放F/1.8でもこの解像感と立体感です。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/125秒 ISO感度:200

肌のハイライトからシャドウまでのグラデーション、そしてシャドウ部分の階調をきちんと描写できるか、RAW現像時にセンサーやデータの性能を十二分に発揮できるか、開放で使用できるかなど、様々なポイントを重要視する欲張りな自分にとっても、表現の可能性を広げるだけの可能性を示してくれるレンズでした。肌の階調をしっかりと押さえてくれる点が何よりも嬉しいポイントです。

 

kuroda黒田明臣

ポートレート写真を専門としたフォトグラファー。広告・雑誌・企業のビジネス写真を中心に活動する傍ら、セミナー・ワークショップ講師としても活動中。独学で学んだ撮影技法・RAW現像・ライティングに関するテクニックを、カメラ誌・書籍・ウェブメディアにも執筆中。
元フリーランスのウェブエンジニアで、大規模ウェブサービスの設計・運用や立ち上げを担当。国内外でのコンテスト入賞やSNSでの評価を経て撮影案件が増えたことで元々フリーランスであったことも活かしフォトグラファーへとキャリアチェンジ。写真とウェブエンジニアリング、両方のスキルを活かしてSNS時代に何か寄与できないかと模索している。

フォトグラファーWEBマガジンであるヒーコのファウンダー:https://xico.media/

ホームページ:https://artratio.net/
Twitter:https://twitter.com/crypingraphy/
Instagram:https://www.instagram.com/artratio/

 

黒田明臣氏にお使いいただいたSP 45mmの製品情報はこちら
SP 45mm F/1.8 Di VC USD (Model F013) 製品ページ

感動の瞬間がファインダーの先にある。
「2017年報道写真展」

在京の新聞社、通信社、放送局のカメラマンが加盟する「東京写真記者協会」主催の「2017年報道写真展」が本日から日本橋三越本店で開催中です。今年を象徴するニュースや話題、スポーツのダイナミックな瞬間を約300点の写真で振り返る、年末恒例の写真展です。タムロンも協賛しています。ぜひお立ち寄りください!

開催日:本日より2017年12月25日(月)まで ※本日(火)は午前10時30分〜午後7時 (水)〜(日)は午後7時30分まで 最終日(月)は午後5時30分まで
場所:東京日本橋 三越本店(本館7階)
※入場無料

◎写真展のホームページはこちら
◎東京写真記者協会のホームページはこちら

テープカットの様子

テープカットの様子

開会式ゲストは2017年のゴルフ日本女子オープンで連覇した畑岡奈紗選手(18歳)

開会式ゲストは2017年のゴルフ日本女子オープンで連覇した畑岡奈紗選手(18歳)

会場入り口では、各社取材陣が使用している機材を展示。タムロンの超望遠高倍率ズーム18-400mmも。

会場入り口では、各社取材陣が使用している機材を展示。タムロンの超望遠高倍率ズーム18-400mmも。

 

雲ひとつない青空が広がる週末、「18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD(Model B028)」をパートナーに、少し足を延ばして広い公園に遊びに行きました。

動き回る子供を撮るためには、広角側も望遠側も幅広くカバーする超望遠高倍率ズームレンズはとっても便利。その元気な表情をカメラに収めるためには、ちょこちょこ動く子供の前に周り込んでシャッターを切る必要があるので、長さ121.4mm、重さ705gとコンパクトで軽量なのもありがたいです。

このような日常のシチュエーションでは、自然な表情とその場の雰囲気を写し込むような撮影がお勧めです。

通常、ポートレートは顔に影が出るような光の状態では撮影はしませんが、動き回る子供に逆光や半逆光の場所を選んで止まってもらうのは現実的ではありませんし、なにより自然な表情が失われてしまいます。そんなときは“撮影した日の天気”がわかる写真を心掛けてみましょう。撮影日は太陽が眩しいほどの秋晴れで、子供も眩しさに目を細めながら遊びまわっていました。そんな状況がわかる写真を撮っておくと、後から見返したときに「この日は久し振りに晴れて暖かかったな」なんて思い出話の役に立ちます。

また、子供の笑顔に惹かれてどうしても顔のアップの写真が多くなりがちだと思いますが、広角側を使って“どこで遊んだか”がわかる写真も撮っておきましょう。数年経つと意外と忘れがちなのが撮影した場所の情報だったりします。

あとは一緒に遊びながら自分も笑顔で撮影しましょう。楽しくシャッターを切ることが子供の自然な笑顔を引き出すポイントです。多少の手ブレは手ブレ補正機構の「VC(Vibration Compensation)」が、ピント合わせに自信がない方はタムロン独自開発の「HLD (High/Low torque-modulated Drive)」が実現した高精度AFが助けてくれます。

いつもカメラ目線のピース写真ばかりではなく、一瞬も留まることなくころころと変わる天真爛漫な表情をたくさん撮ってあげましょう!

 

850_1513_n

◎焦点距離:400mm 絞り:F/7.1 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:100
撮り始めは、カメラに慣れるまで望遠側で撮影すると子供の警戒心も薄れます

 

850_1582_n

◎焦点距離:145mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:100
100~200mmは子供がカメラを意識せず、声も届く範囲なのでキッズスナップでは撮影しやすい焦点距離です。自然な動作や表情を狙うとGOOD

 

850_1702_n

◎焦点距離:50mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:100
普段ならあまり撮らない、太陽が思いっきり顔を照らしているカット。でもキッズスナップは、その場の状況を写し取ることで見返したときに楽しい思い出となります

 

850_1806_n

◎焦点距離:100mm 絞り:F/5.3 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:100
とはいっても王道の逆光ふんわりポートレートも撮っておきましょうね!

 

850_1540_n

◎焦点距離:18mm 絞り:F/7.1 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:100
どんな場所で遊んだかがわかるような、広い画のカットも広角側で押さえておきましょう

 

850_1568_n

◎焦点距離:350mm 絞り:F/7.1 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:100
いつも笑顔のカットばかりだとフォトアルバムにしたときにバリエーションがなくてつまらなくなります。積極的に笑顔以外のカットも撮っておきましょう!

 

850_1622_n

◎焦点距離:18mm 絞り:F/3.5 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:100
撮影最短距離は45cmなのでぐぐっと寄ることもできます。背景まで写し込むために広角側で撮影

 

850_1965_n

◎焦点距離:400mm 絞り:F/6.7 シャッタースピード:1/640秒 ISO感度:100
走る前の準備運動。撮られている感覚のない望遠側なので油断して変な顔に(笑)

 

850_1948_n

◎焦点距離:400mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:100
飛び跳ねている顔にしっかりとAFが合って、シャープに描き出してくれているのはさすがです

 

850_1960_n

◎焦点距離:46mm 絞り:F/7.1 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:100
一番撮りやすい標準の焦点距離では、声掛けをしながらもファインダーから目を離さずに沢山シャッターを切りましょう!

 

850_1990_p

◎焦点距離:18mm 絞り:F/4.5 シャッタースピード:1/640秒 ISO感度:100

「疲れた~」と寝転んだ姿を広角側で。ズーミングがスムーズなので素早い動きにも対応できました

 

misaki水咲奈々(みさきなな)

東京都出身。大学卒業後、舞台俳優として活動するがモデルとしてカメラの前に立つうちに撮る側に興味が湧き、作品を持ち込んだカメラ雑誌の出版社に入社し編集と写真を学ぶ。現在はフリーの写真家として雑誌やイベント、写真教室など多方面で活動中。興味を持った被写体に積極的にアプローチするので撮影ジャンルは赤ちゃんから戦闘機までと幅広い。(社)日本写真家協会(JPS)会員。

WEBSITE http://misakinana.com
Instagram https://www.instagram.com/_nana.misaki_/
twitter https://mobile.twitter.com/_nanamisaki_

 

水咲奈々氏にお使いいただいた18-400mmの製品情報はこちら
18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD(Model B028)製品ページ

カテゴリ