TAMRON LENS BLOG

本日新発売となったSP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2。進化した新しい超望遠ズームで、写真家 井上六郎氏が撮影された作品とコメントをご覧下さい。

 

x2a_5031

◎焦点距離:300mm 絞り:F/16 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100

 

real_ak0i1657b

◎焦点距離: 552mm 絞り:F/10 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:200

 

real_ak0i0284

◎焦点距離:600mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/400秒 ISO:200

 

real_ak0i8564

◎焦点距離:600mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/250秒 ISO:100

 

real_81a_0395

◎焦点距離:600mm 絞り:F/9 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:200

 

600㎜の「超望遠」世界を身近なものにした、先代150-600㎜「A011」がリニューアルを果たし「A022」となった。画質、AF性能、手ブレ補正、操作性と交換レンズとして重視したい性能面全体の向上が挙げられている。
「超望遠」の600㎜レンズといえば、つい数年前までは、大きく重い単焦点の高価なレンズとして君臨していた。その大きく重いレンズを必要に応じて用いていたが、長時間の手持ち撮影は到底不可能だった。しかし、今やそれが解消されつつある。

スポーツシーン、特に競技の最中ともなれば、捕らえたい選手やマシンに近寄りたくとも近寄れない状況に置かれるので「超望遠」の必然性が俄然高まる。
施設によっては一般の方と同様に観客席から撮影することにもなるため、「超望遠」である必要性はさらに一層高まる。
最短縮時に26㎝ほどに収まるレンズは取り回しが良く、2kgほどの重さで手持ち撮影も苦にならない。600㎜ながら比較すればはるかに小型軽量となったレンズは、観客席に座りながら撮影していても周りに邪魔にはならないだろう。
そして何より、このレンズを装着したカメラを肩から掛けることが気軽に行えるため、
競技場やサーキットなどの撮影現場でさまざまなポイントを隈なく歩き回わろうと、自分自身が積極的になれるのだ。

 

Profile

inoue井上六郎(いのうえ・ろくろう)

1971年東京生まれ。スタジオマン、個人写真家アシスタントを経て、出版社の社員カメラマンとして自転車、モーターサイクルシーンなどを撮影する。その後は出版社を退社しフリーランスに。
以後、国内外の自転車、モーターサイクルメーカーやスポーツアパレルメーカーの広告や各一般雑誌、専門誌等で撮影活動中。
また、国内外のマラソンなどスポーツイベントの公式記録カメラマンを務める。
自転車レース、ツール・ド・フランスの写真集「マイヨ・ジョーヌ」を講談社から、
航空機・ボーイング747型機の写真集「747 ジャンボジェット 最後の日々」を文林堂から上梓。
日本写真家協会、日本スポーツプレス協会、国際スポーツプレス協会会員。

 

井上六郎さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2(Model A022)製品ページ:
http://www.tamron.jp/product/lenses/a022.html

カテゴリ