TAMRON LENS BLOG

title_usami02

 

人の視野角に近いとされる一般的な標準レンズの50ミリよりも、
焦点距離が少し短いぶん画角も広いのが、このSP 45mm F/1.8 Di VC USD。
目にした情景を直感的に切り撮っていくスナップや旅写真などでは、
初めて単焦点レンズを使ってみたいという人にも50ミリレンズより扱いやすくておススメと思う。

また個人的に縦位置での撮影を好む傾向の自分としては、
この45ミリを縦に構えてフレーミングした時の構図のはまりやすさが気に入っている。
例えば風景的な撮影で、手前の地面や空を何処まで入れるかを考えた場合に
35ミリや50ミリよりバランスが取りやすいだけでなく、
アングルを少し上下に振るだけで写真の印象を大きく変えることもできる。
もしもこのレンズを手にされたなら、ぜひ縦のアングルも積極的に試してもらいたい。

よく「旅カメラ」という言葉を聞くが、それならばSP 45mm F/1.8 Di VC USDは、
手にしたら何処か知らない処に出掛けたくなる、そしてパートナーとしても頼もしい「旅レンズ」と呼べる1本だ。

 

早朝のビーチ。朝陽が昇る姿は拝めなかったが、雲間からドラマチックな光が海を照らしていた。奥行きと安定感を出すために足元の草を画面に入れたぶん、絞り込んで撮影。

早朝のビーチ。朝陽が昇る姿は拝めなかったが、雲間からドラマチックな光が海を照らしていた。奥行きと安定感を出すために足元の草を画面に入れたぶん、絞り込んで撮影。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/80秒 ISO感度:100
絞り優先AE (手持ち)(フルサイズカメラで撮影)

 

歪曲収差も少なく、画面周辺部まで目立つ「粗」がほとんどない。開放から安心して使えるが、このような奥行きの(背景の)無い被写体では、少し絞って更にシャープさを増した描写も堪らない。

歪曲収差も少なく、画面周辺部まで目立つ「粗」がほとんどない。開放から安心して使えるが、このような奥行きの(背景の)無い被写体では、少し絞って更にシャープさを増した描写も堪らない。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/5.0 シャッタースピード:1/50秒 ISO感度:100
絞り優先AE -1/3補正(手持ち)(フルサイズカメラで撮影)

 

「皮一枚で繋がった」と表現したくなるほど朽ちた階段の手すり。脆く崩れそうな錆の質感描写もリアルで、拡大すると撮影時には気づかずにいた一筋の蜘蛛の糸も解像していた。

「皮一枚で繋がった」と表現したくなるほど朽ちた階段の手すり。脆く崩れそうな錆の質感描写もリアルで、拡大すると撮影時には気づかずにいた一筋の蜘蛛の糸も解像していた。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/50秒 ISO感度:100
絞り優先AE -1補正(手持ち)(フルサイズカメラで撮影)

 

寄れるレンズなので着席したまま料理の撮影ができる。手ブレ補正が強力で室内照明光のみでもほんの少し感度をあげるだけで安心して撮影できるのがありがたい。

寄れるレンズなので着席したまま料理の撮影ができる。手ブレ補正が強力で室内照明光のみでもほんの少し感度をあげるだけで安心して撮影できるのがありがたい。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/25秒 ISO感度:400
絞り優先AE -1/3補正(手持ち)(フルサイズカメラで撮影)

 

特にあてもなく港町をぶらつく。フォルムや色など、目にして面白いと感じた物を気ままに撮り歩くのに、45ミリの画角は広すぎず狭すぎずちょうど良い。

特にあてもなく港町をぶらつく。フォルムや色など、目にして面白いと感じた物を気ままに撮り歩くのに、45ミリの画角は広すぎず狭すぎずちょうど良い。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/8.0 シャッタースピード:1/40秒 ISO感度:400
絞り優先AE +1/3補正(手持ち)(フルサイズカメラで撮影)

 

黄昏時のビーチでもF1.8の大口径レンズと今どきのカメラなら、高感度域でシャッター速度を稼ぐのは容易だ。SP 45mm F/1.8 Di VC USDの手ブレ補正なら、逆に低速気味のシャッターで寄せては引く波の動きを出すといった表現も可能。

黄昏時のビーチでもF/1.8の大口径レンズと今どきのカメラなら、高感度域でシャッター速度を稼ぐのは容易だ。SP 45mm F/1.8 Di VC USDの手ブレ補正なら、逆に低速気味のシャッターで寄せては引く波の動きを出すといった表現も可能。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/10秒 ISO感度:200
絞り優先AE (手持ち)(フルサイズカメラで撮影)

 

宇佐見 健さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 35mm & SP 45mm F/1.8 Di VC USD (Model F012 / F013) 製品ページ:

http://www.tamron.co.jp/lineup/f012_f013/

カテゴリ