TAMRON LENS BLOG

title_suwa01

 

私は50mm前後のいわゆる標準レンズが好きだ。
一般によく言われることだが標準レンズは絞りを絞れば広角レンズ風に、絞りを開ければ望遠レンズ風に撮れる。
もちろんそういう表現の広さが使いこなしを難しくもしているのだが、それが標準レンズのおもしろさでもある。

さて、このSP 45mm F/1.8 VCは、標準とされる50mmよりわずかにワイド寄り。
このわずか5mmが、いい意味で構図や空間に微妙な「ユルさ」を生み出してくれる。
それが顕著に感じられるのが1:1のスクエアフォーマットで撮影した時だ。

50mmレンズでスクエアに撮ると遠近感の差とわずかな写りの違いから構図がタイトになりすぎるのだが、
45mmではそれがない。
もちろん通常の2:3などのフォーマットでもその余裕は健在だ。
そして解放F値の明るさが浅い被写界深度を生み出し、独特な描写をしてくれる。
そうした、他とはちょっと違う特徴とメリットを持ち、
ジャンルを問わず楽しめるのがこのレンズの魅力とも言えるだろう。

 

標準レンズはまるでその場で見ているかのような自然な描写が魅力。

標準レンズはまるでその場で見ているかのような自然な描写が魅力。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/13秒 ISO感度:100
絞り優先AE(三脚)(フルサイズカメラで撮影)

 

スクエアで撮ると45mmはタイトすぎず使いやすい。風景に限らずスナップでも、だ。

スクエアで撮ると45mmはタイトすぎず使いやすい。風景に限らずスナップでも、だ。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度:100
絞り優先AE(手持ち)(フルサイズカメラで撮影)

 

絞りを開ければ、遠近感が変わるわけではないが望遠で撮ったような効果が得られる。

絞りを開ければ、遠近感が変わるわけではないが望遠で撮ったような効果が得られる。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/640秒 ISO感度:200
絞り優先AE(手持ち)(フルサイズカメラで撮影)

 

ちょっと角度をつけて少し絞るだけで広角レンズっぽい写りも楽しめる。

ちょっと角度をつけて少し絞るだけで広角レンズっぽい写りも楽しめる。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/400秒 ISO感度:100
絞り優先AE(手持ち)(フルサイズカメラで撮影)

 

諏訪光二さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 35mm & SP 45mm F/1.8 Di VC USD (Model F012 / F013)スペシャルサイト:

http://www.tamron.co.jp/lineup/f012_f013/

カテゴリ