TAMRON LENS BLOG

title_hagihara04

 

風景写真を表現するにあたっては、ズームレンズのほうが使いやすいということは事実だが、
しかし単焦点レンズでなければ表現できない世界もある。
言い方を変えれば、単焦点レンズでなければ撮れない世界があるからこそ、そのレンズは存在価値があると言える。
SP 45mm F/1.8 Di VC USDにはそれがある。

強力な手ブレ補正機能を搭載するため、光量が少ない場面でも絞り込んで手持ち撮影ができる。
朝夕に訪れるとっさの場面で何よりも心強い性能だ。
加えてF/1.8という極めて浅い被写界深度が使えるため、王道の風景を捉えながらも、
画面に強いボケ味を付与して独特な世界観を打ち出せる。

さらに近接撮影能力に長けているため、主役に近づき魅力を引き出すことが可能だ。
一般的なマクロレンズよりも背景を広く取り込めるので、
主役がその場面でどう存在しているかを伝えることができるのである。

単焦点レンズの面白さが凝縮されたSP 45mm F/1.8 Di VC USD。
新世代を象徴するデザインとあいまって、末永く新SPシリーズの核となる予感がする。

 

朝日の撮影を終えた直後、急いで別の場所へ移動し、オレンジ色が空に残るうちに手持ちで撮影した。

朝日の撮影を終えた直後、急いで別の場所へ移動し、オレンジ色が空に残るうちに手持ちで撮影した。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/25秒 ISO感度:200
+1.3補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

パンフォーカスにせず、F1.8の大きなボケを使うことで、画面上部に独特な雰囲気をかもし出した。

パンフォーカスにせず、F/1.8の大きなボケを使うことで、画面上部に独特な雰囲気をかもし出した。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/4000秒 ISO感度:100
+0.7補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

福寿草に最接近。マクロレンズ並みに寄れるうえに、背景をたっぷり見せることができる。美しいボケ味にも注目。

福寿草に最接近。マクロレンズ並みに寄れるうえに、背景をたっぷり見せることができる。美しいボケ味にも注目。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO感度:200
-0.3補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

萩原 史郎さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 35mm & SP 45mm F/1.8 Di VC USD (Model F012 / F013) 製品ページ:

http://www.tamron.co.jp/lineup/f012_f013/

カテゴリ