TAMRON LENS BLOG

title_namiki02

 

最短撮影距離付近になるほど手ブレの影響が大きくなってきますが、
手ブレ補正機構「VC」の搭載で、手持ちでもクローズアップ撮影が可能です。

ただ、その場合に気をつけたいのはシャッタースピードが遅めになりがちな点。
手ブレは「VC」が補正してくれるので、被写体ブレが起こらないよう、
ときにはISO感度をアップすることによりシャッタースピードを上げて対処することが必要になります。

また、被写体に寄れば寄るほどピント合わせはシビアになってきます。
マクロレンズで撮影するときと同じように、
AFでもMFでもピントの微調整は、身体を前後移動して行うほうが良いでしょう。

開放F値が1.8での最短撮影距離は、レンズの描写性能が最も問われやすい領域です。
でも、作例を見てもらえればわかるように、ピント面の解像感は素晴らしく、それでいてボケ味はやわらかな雰囲気。
しかし一方で被写界深度がマクロレンズなみに浅くなるので、
当然ながら手持ち撮影ではピントを合わせることが難しくなります。
自分の意図するピント部分に合うまで何回も撮影して、このレンズの魅力を最大限に活かしてみたいものです。

 

ムラなく徐々に大きくなっていく自然なボケ描写はマクロレンズ並み。開放で大きなボケ味を楽しむだけでなく、少し絞り込んで好みのボケ味を探していきましょう。

ムラなく徐々に大きくなっていく自然なボケ描写はマクロレンズ並み。開放で大きなボケ味を楽しむだけでなく、少し絞り込んで好みのボケ味を探していきましょう。

◎焦点距離:35mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/800秒 ISO感度:100
+1補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

木漏れ日のボケを画面周辺に配置しても、口径食になりにくく、自然な描写が得られるのは、レンズ性能のキャパの広さだと実感させられます。

木漏れ日のボケを画面周辺に配置しても、口径食になりにくく、自然な描写が得られるのは、レンズ性能のキャパの広さだと実感させられます。

◎焦点距離:35mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度:320
+1補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

開放でも安心して撮影できる描写性能の高さには驚き。ビオラの花芯ひとつひとつが質感までしっかり表現されています。

開放でも安心して撮影できる描写性能の高さには驚き。ビオラの花芯ひとつひとつが質感までしっかり表現されています。

◎焦点距離:35mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/640秒 ISO感度:200
+0.7補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

並木 隆さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 35mm & SP 45mm F/1.8 Di VC USD (Model F012 / F013) 製品ページ:

http://www.tamron.co.jp/lineup/f012_f013/

カテゴリ