TAMRON LENS BLOG

title_ishii01

 

私はSP 35mm F/1.8 Di VC USDとSP 45mm F/1.8 Di VC USDのデモ機に触る機会がありました。
特に35mmのマクロレンズなみの最短撮影距離20cm(最大撮影倍率0.4倍)と、
開放値F/1.8のとろけるような美しいボケ味に魅了されました。
その際タムロンの方に「35mmとても気に入りました。ぜひとも購入したいです!」
と購入宣言したくらいですから(笑)。

ふだん花や昆虫など足元の小さな自然の撮影には
タムロンSP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USDを愛用していますが、
SP 90mm F/2.8マクロとSP 35mm F/1.8を開放で描写の違いを探るためにコスモスを撮り比べてみました。

2枚の写真を比べてわかる一番の違いは遠近感で、SP 35mm F/1.8は手前のコスモスが大きく写り、
奥のコスモスは小さく写り背景まで入るので、とても立体的で新鮮な写真が撮れました。

スイレンの写真もSP 35mm F/1.8ならではの立体的な描写で、SP 90mm F/2.8マクロでは撮れない写真です。
久しぶりに気分を高揚させるレンズが登場しました。

 

コスモスA (90mm F/2.8・開放F2.8で撮影) 

コスモスA (SP 90mm F/2.8・開放F/2.8で撮影)

SP 90mmマクロは素晴らしい描写をするレンズですが、SP 35mmで撮影したものと比べると、
焦点距離の特性から、前後の花が重なって見え、花の大きさに変化がなく立体感も乏しく感じてしまいます。
もっともこれは、作画意図や好みの問題ともいえる描写の違いですが。

◎焦点距離:90mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/800秒 ISO感度:100
+0.7補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

コスモスB  (35mmF/1.8・開放F1.8で撮影)

コスモスB  (SP 35mm F/1.8・開放F/1.8で撮影)

手前の花は大きく、奥の花は小さく写り、奥行きと立体感のある描写がマクロレンズと違うSP 35mmの描写の特長。

◎焦点距離:35mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/1600秒 ISO感度:100
+1補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

3)186907

花の蕊のシャープで立体感ある描写と、開放F/1.8による花びらの輪郭のとろけるようなボケ味が
独特の世界を作り出してくれる。

◎焦点距離:35mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/1250秒 ISO感度:200
+2補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

石井孝親さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 35mm & SP 45mm F/1.8 Di VC USD (Model F012 / F013)スペシャルサイト:

http://www.tamron.co.jp/lineup/f012_f013/

カテゴリ