TAMRON LENS BLOG

title_fukuda02

 

悪天候と言われる環境こそ、万物が宿る自然が絶えず動いていることを教えてくれる。
しかし、雨や風など、撮影には何かと神経を使うもの。
そんなとき、SP 35mm F/1.8 Di VC USDのレンズ内部に水滴が入りにくい構造は心強い。
ほかに、確かな撮影を約束してくれたのは、ピントの山が掴みやすいことだった。

ライブビュー撮影に切り替えて、画面の一部分を拡大表示してからのMF操作でそれを強く実感でき、
フォーカスリングを細やかに回すと、ピントが合ったことをはっきりと示してくれる。
星空撮影でも、ライブビューからのピント合わせは容易に行えて、
明るい開放F値と相まって、短い露光時間で写すことが可能。
そのことは、星を点で再現できることに繋がり、肉眼で見た以上に小さな星までを写し出してくれた。

また、太陽などの強い光源にレンズを向けるシーンで、画面内に光源を入れてもフレアは抑えられており、
コントラストの高い、クリアな描写は保たれる。
朝日や夕日の撮影、これからの季節で言えば、クリスマスのイルミネーションなどでその特性の恩恵を受けることができる。

 

月の出と星空。絞りf2.8、シャッター 30秒、ISO1600。無数の星がきらめく夜空を写すことが叶った。

月の出と星空。絞りf2.8、シャッター 30秒、ISO1600。無数の星がきらめく夜空を写すことが叶った。

◎焦点距離:35mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:30秒 ISO感度:1600

 

近接撮影はこのレンズの特長のひとつ。それをいかし朝日に向けて逆光で狙う。すっきりとした再現で、フレアが抑えられていることがよくわかる。

近接撮影はこのレンズの特長のひとつ。それをいかし朝日に向けて逆光で狙う。すっきりとした再現で、フレアが抑えられていることがよくわかる。
> 拡大写真はこちら

◎焦点距離:35mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/4000秒 ISO感度:200

 

福田健太郎さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 35mm & SP 45mm F/1.8 Di VC USD (Model F012 / F013)スペシャルサイト:

http://www.tamron.co.jp/lineup/f012_f013/

 

カテゴリ