TAMRON LENS BLOG

16-300mmの高倍率ズームレンズ、コンパクトなボディサイズに秘められた機能、
発売以来愛用しているこのレンズの魅力を改めて見直してみた。

 

まずは、16mmから300mm、18.8倍の作例から。
横浜港の岸壁から大桟橋に停泊していた、85.619t、全長292.56mの大型客船を16mmで撮影、
歪みも少なく、空の色のグラデーションも綺麗に表現出来た。

_MG_3561

◎焦点距離:16mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/1250 ISO400 絞り優先AE

 

300mmは、横浜港、大桟橋から定期観光船桟橋での一コマ、船員の白い制服と外国人観光客の服、
タラップや客船の窓がシャープに撮る事が出来た。
超音波モーター(PZD)による早いフォーカシングでの利点でもある。

_MG_7326

◎焦点距離:300mm 絞り: F/8 シャッタースピード:1/500 ISO200 絞り優先AE

 

ズームレンズは逆光に弱いと言われるが、敢えて太陽を入れた撮影をしてみた。
風の強い海辺での撮影だが、虹色のでた雲、
シルエットになったヤシの木など逆光に強い光学設計やコーティング技術のおかげで綺麗に撮る事が出来た。

4R6A4208

◎焦点距離:16mm 絞り: F/9 シャッタースピード:1/3200 ISO200 絞り優先AE

 

そして、このレンズのシャープさは、開放に近い絞りでの撮影で見てみると、
レトロな常夜灯の文字や縦横の木組みのシャープさ、暖簾と古いポストのディテール等申し分無い解像度だ。

4R6A3580

◎焦点距離:141mm 絞り: F/6.3 シャッタースピード:1/1000 ISO500 絞り優先AE

 

このレンズにはタムロン独自の手ブレ補正機構「VC」が搭載されている。
特に動きのある被写体を瞬時に撮影する場合には、ありがたい機能だ。
手ブレ補正機構「VC」+超音波モーター「PZD」で迅速な撮影が可能だ。
横浜港のドラゴンボート「海龍」を蛇行の軌跡とともに追ってみた。

_MG_7341

◎焦点距離:225mm 絞り: F/11 シャッタースピード:1/250 ISO200 絞り優先AE

 

佃煮「すずめ焼き」を店先で焼いている所を撮影させてもらった。常に動いている手先を止める事無く撮影出来た。

4R6A3527

◎焦点距離:41mm 絞り: F/6.3 シャッタースピード:1/400 ISO500 絞り優先AE

 

私の撮影分野ではクローズアップ撮影が多く最短撮影距離や、ボケ味がレンズ選択の重要な課題となる、
その点、最短撮影距離が全ズーム域で0.39mは最大の強みとなる、
またボケ味を左右する絞り羽根が7枚で円形絞り(開放から2段まで)になる事も特筆すべき機能だろう。
朝市で販売されていた「鯵の開き(干物)」を撮らせてもらった。
朝の弱い光での撮影だが、魚の赤身や骨のディテールが綺麗に撮れた。

4R6A3899

◎焦点距離:50mm 絞り: F/5.0 シャッタースピード:1/500 ISO500 絞り優先AE

 

春のバラ園(5月)で撮影、ズーム最長300mmでのクローズアップ、
水滴等シャープさもさながらボケ味も綺麗な撮影が出来た。

_MG_9527

◎焦点距離:300mm 絞り: F/10 シャッタースピード:1/125 ISO400 絞り優先AE

 

早春の梅の一枝、力強く咲いた一輪を狙って撮影、色も彩りも綺麗だ、
左下の蜘蛛の糸が逆光に光って虹色に、バックの梅の花が円形絞りで表現された好きな写真に仕上がった一枚。

_MG_1057

◎焦点距離:185mm 絞り: F/8 シャッタースピード:1/800 ISO400 絞り優先AE

 

色々な場面で撮影してみたが、このレンズ、常に持って行きたい一本である。

 

Profile

yamamoto山本 弘之(やまもと・ひろゆき)

1944年東京都生まれ。東京綜合写真専門学校卒。
日本を代表する食の写真家として、広告の分野で活躍し続けて居る。マクドナルドの広告や、ファミリーレストランのメニュー、様々な商品パッケージなど、日頃目にする多くの食にまつわる撮影を手がけている。
写真展(個展)15回 共同展多数。
(社)日本広告写真家協会(APA)会員 http://www.y-p-st.com/

 

山本 弘之さんご使用のレンズについて詳しくは、
16-300mmスペシャルサイト:

http://www.tamron.co.jp/lineup/b016/index.html

カテゴリ