TAMRON LENS BLOG

title_vol11

出港したイタリアのジェノアに戻ってきました。
12日間の船旅は長いなぁーと思っていましたが、毎日が楽しいのでアッという間に終わってしまいました。

 

日が昇るのと同時くらいにMSCファンタジア号はジェノアに入港します。
ベランダに出てみると出発のときとはちがってよく晴れています。

焦点距離:16mm 絞り:f/6.3 シャッタースピード:1/500秒 露出補正:+0.3 ISO感度:800

焦点距離:16mm 絞り:f/6.3 シャッタースピード:1/500秒 露出補正:+0.3 ISO感度:800

 

キラッと輝くものがあったので300㎜でのぞいてみました。石油タンクのようです。
質感が手に取るようにわかります。

焦点距離:58mm 絞り:f/6.3 シャッタースピード:1/2500秒 ISO感度:800

焦点距離:58mm 絞り:f/6.3 シャッタースピード:1/2500秒 ISO感度:800

 

船が大きく方向を変えました。光が逆光になりました。桟橋に近づいていくのがわかります。

焦点距離:16mm 絞り:f/6.3 シャッタースピード:1/4000秒 露出補正:-0.3 ISO感度:360

焦点距離:16mm 絞り:f/6.3 シャッタースピード:1/4000秒 露出補正:-0.3 ISO感度:360

 

船はスルスルと滑るように走っていきます。
段々畑のように山に作られたジェノアの街が見えてきます。

焦点距離:16mm 絞り:f/6.3 シャッタースピード:1/1000秒 露出補正:+0.3 ISO感度:800

焦点距離:16mm 絞り:f/6.3 シャッタースピード:1/1000秒 露出補正:+0.3 ISO感度:800

 

出港したのと同じ桟橋が見えてきました。
さぁ、最後の朝食に行きましょうか。

焦点距離:70mm 絞り:f/6.3 シャッタースピード:1/3200秒 露出補正:+0.3 ISO感度:800

焦点距離:70mm 絞り:f/6.3 シャッタースピード:1/3200秒 露出補正:+0.3 ISO感度:800

 

荷物は昨夜のうちにまとめて預けてあります。
下船してロビーに行くと置いてあるはずです。

スーツケースの中は、いろいろな想い出が詰まっています。たとえば、この写真たち。
船の中で撮ってもらったものです。

妻と写った写真はあまりないので嬉しいですね。写真っていいなぁと痛感します。

焦点距離:18mm 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/30秒 露出補正:+0.3 ISO感度:4500

焦点距離:18mm 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/30秒 露出補正:+0.3 ISO感度:4500

 

さて、ここからはオマケです。
船の食事をお見せするチャンスがないままに旅が終わってしまいました。
そこで全部ではありませんが、船の食事をアップしましょう。

 

僕が宿泊していたヨットクラブ専用のラウンジです。 部屋からすぐのところにあります。
朝早くから夜遅くまで開いています。朝食はほとんどここでいただいていました。

焦点距離:16mm 絞り:f/3.5 シャッタースピード:1/25秒 露出補正:+0.7 ISO感度:800

焦点距離:16mm 絞り:f/3.5 シャッタースピード:1/25秒 露出補正:+0.7 ISO感度:800

 

同じラウンジです。夜はグッとムードがあるように見えます。
やすむ前の一杯もここでした。ヨットクラブの宿泊客はフリーで利用することができます。

焦点距離:16mm 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/25秒 露出補正:-0.3 ISO感度:800

焦点距離:16mm 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/25秒 露出補正:-0.3 ISO感度:800

 

ラウンジとは別にヨットクラブの専用レストランがあります。ランチとディナーはここを利用していました。
メニューは豊富で、定番もの以外にその日の限定のものも数種類あるので飽きることはありません。

焦点距離:18mm 絞り:f/4 シャッタースピード:1/60秒 露出補正:+1 ISO感度:100

焦点距離:18mm 絞り:f/4 シャッタースピード:1/60秒 露出補正:+1 ISO感度:100

 

ディナータイムのレストランは、高級なイタリアンといった雰囲気です。
18時~と21時~の2回制になっています。
日本人の多くは18時~を選びますね。

焦点距離:22mm 絞り:f/7.1 シャッタースピード:1/15秒 露出補正:-0.7 ISO感度:3200

焦点距離:22mm 絞り:f/7.1 シャッタースピード:1/15秒 露出補正:-0.7 ISO感度:3200

 

この日はロゼワインでスタートです。
きっちり撮りたいときは、斜めにフレーミングしたりせずにキッチリ撮ったほうがカッコイイです。

焦点距離:44mm 絞り:f/8 シャッタースピード:1/60秒 露出補正:+1.3 ISO感度:800

焦点距離:44mm 絞り:f/8 シャッタースピード:1/60秒 露出補正:+1.3 ISO感度:800

 

海老のカクテル。定番料理ですね。

16-300㎜の最短撮影距離は、驚異の39㎝です。
このくらい近寄れないと料理は撮れません。
手ブレ補正のVC機能もよく働き、暗くてもシャープに写っています。

焦点距離:44mm 絞り:f/8 シャッタースピード:1/60秒 露出補正:+2 ISO感度:720

焦点距離:44mm 絞り:f/8 シャッタースピード:1/60秒 露出補正:+2 ISO感度:720

 

ツノガレイという魚だったと思います。
大きな魚の切り身よりも小さい魚の方が味がはっきりしていて好きですね。

焦点距離:52mm 絞り:f/8 シャッタースピード:1/80秒 露出補正:+2 ISO感度:900

焦点距離:52mm 絞り:f/8 シャッタースピード:1/80秒 露出補正:+2 ISO感度:900

 

アッフォガート・カフェ。
イタリアの古典的なデザートで、アイスクリームにエスプレッソをかけたものです。
affogatoはイタリア語で溺れるという意味で、アイスクリームがエスプレッソに溺れています。

焦点距離:31mm 絞り:f/8 シャッタースピード:1/50秒 露出補正:+1.7 ISO感度:450

焦点距離:31mm 絞り:f/8 シャッタースピード:1/50秒 露出補正:+1.7 ISO感度:450

 

MSCはイタリア船籍ですが、日によってはフランス料理も登場します。
この夜はエスカルゴがありました。

焦点距離:44mm 絞り:f/4.8 シャッタースピード:1/60秒 露出補正:+1 ISO感度:2500

焦点距離:44mm 絞り:f/4.8 シャッタースピード:1/60秒 露出補正:+1 ISO感度:2500

 

ラビオリです。
パスタ料理は、毎回のように定番ものが2種類、日替わりが2種類ぐらいありました。

焦点距離:26mm 絞り:f/3.8 シャッタースピード:1/40秒 露出補正:+0.7 ISO感度:640

焦点距離:26mm 絞り:f/3.8 シャッタースピード:1/40秒 露出補正:+0.7 ISO感度:640

 

すみません。魚の種類は忘れてしまいました。
長旅で胃が疲れやすいので、料理の味付けはあっさり目が好みです。

焦点距離:38mm 絞り:f/4.5 シャッタースピード:1/40秒 露出補正:+0.7 ISO感度:3200

焦点距離:38mm 絞り:f/4.5 シャッタースピード:1/40秒 露出補正:+0.7 ISO感度:3200

 

乗船して3日目は妻の誕生日でした。頼んでおくとケーキを出してくれます。
レストランスタッフによるハッピーバースデーの合唱付きです。

焦点距離:31mm 絞り:f/4 シャッタースピード:1/40秒 露出補正:+0.3 ISO感度:3200

焦点距離:31mm 絞り:f/4 シャッタースピード:1/40秒 露出補正:+0.3 ISO感度:3200

 

レストランから戻って部屋に入ると天井のあちこちに風船が。
これも誕生日のサプライズです。
妻も喜んでくれました。

焦点距離:16mm 絞り:f/3.5 シャッタースピード:1/25秒 露出補正:+0.3 ISO感度:450

焦点距離:16mm 絞り:f/3.5 シャッタースピード:1/25秒 露出補正:+0.3 ISO感度:450

 

パスタにかけるイタリア人の情熱はすごいです。
見たことがないようなパスタも登場します。

焦点距離:62mm 絞り:f/5 シャッタースピード:1/100秒 露出補正:+1.3 ISO感度:560

焦点距離:62mm 絞り:f/5 シャッタースピード:1/100秒 露出補正:+1.3 ISO感度:560

 

イタリア料理の定番のひとつミラノ風のカツレツです。
カリカリの衣にレモンをギューっと絞っていただきます。

焦点距離:26mm 絞り:f/3.8 シャッタースピード:1/40秒 露出補正:+1.3 ISO感度:250

焦点距離:26mm 絞り:f/3.8 シャッタースピード:1/40秒 露出補正:+1.3 ISO感度:250

 

ゴムホースのようなパスタはリガトーニでしたっけ。
ソースは蝦蛄(シャコ)です。蝦蛄の出汁がよく出ています。

焦点距離:78mm 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/125秒 露出補正:+1 ISO感度:1000

焦点距離:78mm 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/125秒 露出補正:+1 ISO感度:1000

 

ムール貝とイカのスパゲティ。ペスカトーレともマリナーラともいいますね。
よくぞ毎日ちがうソースを作るものだと感心します。

焦点距離:70mm 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/125秒 露出補正:+1.3 ISO感度:1100

焦点距離:70mm 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/125秒 露出補正:+1.3 ISO感度:1100

 

デザートはあまり食べないのですが、ガトーショコラは大好きなのでオーダーしました。
食べられるホオズキはイタリア産です。

焦点距離:70mm 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/125秒 露出補正:+0.3 ISO感度:500

焦点距離:70mm 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/125秒 露出補正:+0.3 ISO感度:500

 

麺の写真を撮るときに、フォークや箸でいくらか持ち上げて撮ることをリフトといいます。
右手でフォークを持ち、左手でカメラを持ってシャッターボタンにも指をかけます。
説明しにくい構え方です。

ブレていないのは、手ブレ補正機能(VC)のおかげです。

焦点距離:50mm 絞り:f/6.3 シャッタースピード:1/80秒 露出補正:+1.7 ISO感度:640

焦点距離:50mm 絞り:f/6.3 シャッタースピード:1/80秒 露出補正:+1.7 ISO感度:640

 

ラビオリの一種なのですが、初めていただきます。
見ての通りに濃厚です。

焦点距離:62mm 絞り:f/6.3 シャッタースピード:1/100秒 露出補正:+0.7 ISO感度:640

焦点距離:62mm 絞り:f/6.3 シャッタースピード:1/100秒 露出補正:+0.7 ISO感度:640

 

串焼きのことをブロシェットというのですが、
鶏肉で串が金属ではなく竹なので、巨大な焼き鳥といった感じです。
毎日のように発見があります。

焦点距離:31mm 絞り:f/6.3 シャッタースピード:1/50秒 露出補正:+0.7 ISO感度:400

焦点距離:31mm 絞り:f/6.3 シャッタースピード:1/50秒 露出補正:+0.7 ISO感度:400

 

たまにはテーブル全体も撮っておきましょう。

さすがは16㎜。着席して撮ってこれほど広い範囲が写るのは助かります。
今夜の前菜はお肉のカルパッチョです。

焦点距離:16mm 絞り:f/6.3 シャッタースピード:1/20秒 露出補正:+1 ISO感度:3200

焦点距離:16mm 絞り:f/6.3 シャッタースピード:1/20秒 露出補正:+1 ISO感度:3200

 

メインはオマール海老。
手足すべて取り除かれ、開きになっているので、ちょっと妙な感じがします。
とっても食べやすいですけど。

焦点距離:16mm 絞り:f/4.5 シャッタースピード:1/25秒 露出補正:+0.7 ISO感度:3200

焦点距離:16mm 絞り:f/4.5 シャッタースピード:1/25秒 露出補正:+0.7 ISO感度:3200

 

レストランの支配人のペペさんは、とても陽気です。
今夜は自らがデザートを作るそうです。
ペペスペシャルだと言っています。

焦点距離:38mm 絞り:f/6.3 シャッタースピード:1/15秒 露出補正:+1 ISO感度:3200

焦点距離:38mm 絞り:f/6.3 シャッタースピード:1/15秒 露出補正:+1 ISO感度:3200

 

いつも笑顔を振りまくペペさんですが、今夜は大真面目。
でも美味しそうにできたのでしょう。ニンマリしています。

ISO12800にしないと写しとめられない世界ですが、AFは正確。手ブレも起こしていません。

焦点距離:31mm 絞り:f/4 シャッタースピード:1/20秒 露出補正:-0.3 ISO感度:12800

焦点距離:31mm 絞り:f/4 シャッタースピード:1/20秒 露出補正:-0.3 ISO感度:12800

 

ペペスペシャルはクレープでした。
甘いソースで煮込まれていて、いつものクレープとはちがいます。
ペペさんに感謝。

焦点距離:31mm 絞り:f/4 シャッタースピード:1/50秒 露出補正:+0.3 ISO感度:6400

焦点距離:31mm 絞り:f/4 シャッタースピード:1/50秒 露出補正:+0.3 ISO感度:6400

 

11回に渡ってお送りした阿部秀之の客船に乗って撮る旅は、今回をもちまして終了です。
最後までご覧いただいて嬉しいです。
船旅の楽しさが伝わったでしょうか。
日本人には向かないなんてことはありません。

そしてタムロンの高倍率ズーム16-300㎜が、旅の撮影に最適なレンズだということをご理解いただけたと思います。
さあ、今度はあなたの順番です。
世界中のどこかの海で、またお会いできるといいですね。

 

旅のお供のレンズは、タムロンの新高倍率ズーム
16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO(Model B016)です。

カテゴリ