TAMRON LENS BLOG

lh_title

 

第2回 李 潤希(Lee Yuni)×渋谷 ― 1988年生まれ 東京都出身 Art Director ―
Leeyuni01

焦点距離:30㎜ 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/15秒 ISO感度:400

 

Leeyuni02

焦点距離:24㎜ 絞り:F/4.5 シャッタースピード:1/50秒 ISO感度:640 +0.3補正

 

やっぱり渋谷はテンションあがるな。
ここ、もともと父の運営する映画会社や映画館があって、小学生のころからよく遊びに来た街なんです。
父の用事が終わるのを映画観ながら待ってたりした。
わりと過激な映画も普通に観てましたね。
だから街がどうこうってより、映画と家族のイメージかなぁ~渋谷って。

父から受けた影響って大きいですね。大学も映画専攻で、サークルも映画研究会。
やっぱり映画がずっと自分の中心だなぁ。
今、仕事は映画のポスターやチラシ作ったり、インディーズ系ロックバンドのアートワークなんかよくやってる。
音楽方面に人脈が広がっていったのは大学時代ですね。
バンドやってる先輩のライブに行くようになって、写真撮ったりしてた。
Flickrにアップしてたら、いろんなところから撮って欲しいってオーダーが入るようになった。
最近は、アーティスト写真とかジャケットの撮影やデザイン。ミュージックビデオとかトータルでやったりしてる。
ツアーグッズのデザインなんかもやるんですよ。

Leeyuni03

焦点距離:24㎜ 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/30秒 ISO感度:400

 

Leeyuni04

焦点距離:24㎜ 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/60秒 ISO感度:640 +0.3補正

 

Leeyuni05

焦点距離:45㎜ 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/13秒 ISO感度:400

 

ホントに自分、何をやっている人かわからなくなる(笑)。
でもすべてが映画につながってるんです。
映画っていろんな要素が詰まってるでしょ?
最終的な目標は、やはり映画を撮ることなんです。

そうした部分の下地って小中高と自由な校風の私立だったってことがおおきいと思うんです。
制服がなかったから「今日は、どの服を着て行こう」って、毎日が小さな自己表現だった。
服が好きになったのも、自然なことだよね。けっこう自分らで服作って、友達と写真撮って遊んだりしてた。
今思うと、服そのものじゃなくて、“可愛い服着た女の子のいる写真”とかが好きだったのかなぁ。
やはり興味持ってやってたことが、すべて今につながってるんだよね。

Leeyuni06

焦点距離:50㎜ 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/40秒 ISO感度:400

 

Leeyuni07

焦点距離:24㎜ 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/20秒 ISO感度:400

 

渋谷はね、だいたい誰かしらがいるんですよ。映画関係や音楽関係の仲間とか学生時代の同級生とか。
御飯食べたり、飲みに行ったり。やっぱりテンションあがりますね。
渋谷に来れば、とにかく楽しいことがあるんですよ。

※父親は、映画「パッチギ!」のヒットで知られる映画プロデューサー 李鳳宇さん

 

渋谷(東京都渋谷区)

多くの路線が乗り入れる巨大ターミナル駅を中心に繁華街が放射状に広がっている。
谷底地形のため、周辺エリア各方向は独立性が高い。
ハチ公口駅前のスクランブル交差点は、今や世界に広く知られる名所。外国人観光客の姿は絶えることがない。
継続中の大規模再開発によって、まだまだ変化し続ける街といえる。

 

水谷充さんご使用のSP 24-70mmについて詳しくは、
http://www.tamron.co.jp/lineup/a007/index.html

取材に本格的にタムロンの高倍率ズームや超望遠レンズをお使いいただいている、報道カメラマンの石川文洋さんの写真展「ベトナム戦争と沖縄の基地ーベトナム戦争取材から50年」が、明日から12月21日(火)まで、横浜市の日本新聞博物館で開かれます。

明日10月25日(土)と26日(日)に、会場で石川さんのギャラリートーク、11月22日(土)に講演会、11月23日(日・祝)にトーク・映画「石川文洋を旅する」上映会が開かれます。

くわしくは、日本新聞博物館まで。
http://newspark.jp/newspark/

「当時の写真1点1点に思い出があります。それぞれ10分でも語れる」

「当時の写真1点1点に思い出があります。それぞれ10分でも語れる」

 

右は報道写真家の桑原史成さん

右は報道写真家の桑原史成さん

 

bunyo_yokohama03

image

タムロンの代表的な高倍率ズームレンズ 2014年発売
16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO (Model B016)

 

タムロンの高倍率ズームレンズは、1992年発売の「AF28-200mm F/3.8-5.6 Aspherical (Model 71D)」以来22年続けてきた高倍率ズームレンズ開発の成果として、2014年9月末時点で累計生産本数500万本を達成いたしました。

22年間にわたり焦点レンジの拡張、驚異的な軽量・コンパクト化の実現、デジタル一眼レフカメラへの対応、手ブレ補正機構「VC (Vibration Compensation)」の搭載、超音波モーター「PZD (Piezo Drive)」の導入など、「高倍率ズームレンズのパイオニア」として革新的な高倍率ズームレンズを開発し続けてきました。

現在、タムロンの高倍率ズームレンズは様々なフォーマットのカメラに対応する広いラインナップを取り揃えています。
特に2014年は世界初となるズーム倍率約18.8倍のAPS-Cサイズ一眼レフカメラ専用の「16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO (Model B016)」、フルサイズ一眼レフカメラ対応の「28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD (Model A010)」、マイクロフォーサーズ・ミラーレス一眼カメラ専用の「14-150mm F/3.5-5.8 Di III (Model C001)」を新たに発売しております。

タムロン高倍率ズームレンズラインナップと歴史はこちらからご覧いただけます。

タムロン高倍率ズーム Lens Lineup(PDF 218KB)
タムロン高倍率ズームの歴史(PDF 350KB)

 高倍率ズームレンズスペシャルサイトはこちら

写真教室の講師やカメラ雑誌への執筆などで活躍されている、
写真家 後藤 九(ごとう あつみ)氏が撮影された、
SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD の作品とコメントをご紹介いたします。

 

IMG_0128

焦点距離:600㎜ 絞り:F/6.3 1/320秒 シャッター優先AE ISO感度:1600 -0.3補正

 

IMG_0186

焦点距離:600㎜ 絞り:F/6.3 1/1250秒 絞り優先AE ISO感度:1600 -1補正

 

IMG_0271

焦点距離:600㎜ 絞り:F/6.3 1/400秒 絞り優先AE ISO感度:1600 -1補正

 

ポートレート撮影に手頃な焦点距離150mmから、離れた距離から被写体のディテールを
力強く表現できる600mmまでの範囲をカバーしてくれる4倍のズームは魅力的だった。
初対面のこのレンズ、長さ257.8mm、最大径105.6 mm 、重量1,951g、印象は性能の充実さが感じられた。

EOS 5D Mark IIに装着してファインダー像を見てみると、
ズームレンズとは思えないようなコントラストの良い切れ味の優れた描写に驚かされた。

焦点距離150mmから超望遠側の600mmにズームアップしてもその描写は維持されている。
そのため、オートフォーカスの応答性も極めていい。
マニュアルフォーカスでのピントの合焦点、ピントの山も従来のズームレンズと比べて驚くほど掴みやすい。

実際に動物園で動物の表情を追ってみた。
黒っぽい皮膚のゴリラの表情にも、AFのピントはシャッターチャンスに応えるように合った。
黒っぽい中の微妙なディテールのピントの描写がよく識別される。

600mmでの被写体のピントの合って見える被写界深度は、開放F値F/6.3でも極めて狭い。
AFモードは限られた範囲の合焦点が選択できる部分測距モードを選択するのが望ましい。
マニュアルフォーカスという選択もあるが、
微妙なピント位置を決めるのにはAFの方がシャッターチャンスに集中できる。

13群20枚構成でコントラストのいい描写は、
露出レベルによってハイライトディテールが白く飛んでしまったり、
シャドーディテールが黒く潰れたりする恐れを感じたが、
パソコンを通して画像チェックしてみると、両者の再現性は驚くほど余裕があった。

画角が狭い600mmのフレーミングを決めるのには、
常用望遠焦点域の150mmで被写体をフレーミングしてから、
狙いの対象をズームアップするようにすると楽に決める事が出来る。
ただし、ピントはズームアップしてから決めることが肝心である。

手ブレ補正機構「VC」は、超望遠域での1/250秒の手持ち撮影でもシャープな描写が得られた。
レンズの重量 約2kgはカメラ本体と組み合わせると結構ヘビーなものになる。一脚を使用するのが有効だ。
600mmの画角で被写体の部分接写は、このズームレンズならではの楽しみといえよう。

 

後藤九さんご使用のSP 150-600mmについて詳しくは、
http://www.tamron.co.jp/lineup/a011/index.html

皆さん、はじめまして!
山岳写真家の高柳傑(たかやなぎ・すぐる)です。
まず自己紹介に代えて、私が今年5月に行ったアラスカでのアルパインクライミングのことを書いてみたいと思います。
アラスカの氷雪壁をまとった美しい山の姿を、多くの方に見ていただけたら嬉しく思います。

そもそもアルパインクライミングとはどのようなものでしょう。
あまり聞いたことのないジャンルだと思いますので、簡単に解説しておきたいと思います。
この登山方法は、山岳地域においてロープやアイスアックス(ピッケル)などを用いて岩壁や氷雪壁を登り、
山頂を目指す登山のスタイルです。
現在はボルダリングやフリークライミングといった、手足のみで登るクライミングをやる方も増えていて、
街中のいたるところにクライミングジムがあったりもします。
これらはスポーツ的側面が強く、自己の限界に挑戦し動きやすいように、
安全を確保するための必要最小限の装備で行うクライミングです。

それに比べ、アルパインクライミングは冒険的側面が強く、
山頂を目指して過酷な状況でも生き延びて登山を続けられるように、
睡眠や食事などに必要な装備を背負いながら行うクライミングのことをいいます。
同じクライミングでも装備や環境が大きく違い、スポーツと冒険という対極の位置にあるものの、
限界に挑戦するという行為に変わりはないでしょう。

言葉だけではなかなか分かりにくいと思うので、
以下、私が今年の5月に行ったアラスカ・デナリ国立公園でのクライミングの写真から、
その雰囲気をつかんでいただければと思います。

 

写真1)c
アラスカの短い夜が明け、肌に触れる空気がまだ私達に温かみを与えてくれない時間帯。
次第に周りが太陽に照らされ、心なしか気温の上昇を感じはじめました。
5月といえば日本ではもう春の陽気ですが、
ここアラスカ・デナリ国立公園カヒルトナ氷河では標高も高く2400m前後なので、まだまだ零下の気温。
登っている時は体がフル稼働しているので温かいのですが、
下でパートナーを確保するためにぶら下がっている時は結構寒いです。
登りはじめは体が温まってよいのですが、次第に手足の筋肉に乳酸が溜まり疲労していくのがキツイです。
ただ新しい景色を楽しめる最高に楽しいひと時です。
(焦点距離16mm・絞りF9・1/250秒・ISO100)

 

写真2)c
振り上げている手は次第に暖かい血を冷やし手の感覚を麻痺させてきます。
そして今度はその手を下ろした瞬間に暖かい血が一気に戻り、逃がれることのできない痛みがやってくるのです。
しかしその見返りとして高度は増し、周囲の眺めをさらに良くしてくれます。
このカットはクライミング中のもので、パートナーとロープでお互いを確保しつつ登っている状況。
先を行くパートナーが登っているのは氷壁で、アイゼンとアックスを駆使して登ります。
途中に安全のため、アイススクリューというギアを氷に突き刺しながら登ります。
(焦点距離78mm・絞りF9・1/400秒・ISO100)

 

写真3)c
ハンター北壁の夕焼けです。
5月ではまだ白夜にはならず、夜11時頃にはこのように日が落ち始め、3時間ほど辺りは闇に沈みます。
この瞬間が一番寒い時間帯で、同時にもっとも美しい時間でもあります。
今回はこの岩壁もトライする予定でしたが、コンディション不良で残念ながら果たせませんでした。
また次回挑戦したいと思っています。
(焦点距離62mm・絞りF18・1/2秒・ISO100)

 

写真4)c
まさに“河”と呼ぶにふさわしい、氷河のスケールです。(空撮)
日本国内ではなかなか見ることのできない氷河。
ここアラスカでは無数の氷河が走り風景の良いアクセントになっています。
デナリ国立公園は今回で三度目になりますが、訪れるたびに目を奪われてしまいます。
(焦点距離86mm・絞りF9・1/500秒・ISO100)

 

写真5)c
ハンター北壁をバックにカヒルトナ氷河上にあるベースキャンプを撮影。
正確にいうとカヒルトナ氷河のランディングポイントです。
ここはMt.デナリ(マッキンリー)の登頂を目指す登山者の多くが、セスナで最初に到着する場所。
Mt.デナリに比べれば少数ながら、Mt.ハンターやMt.フォーレイカーなど、他の山を目指す登山者もここに到着します。
こんな大自然の環境ですが、ここだけは人の往来がかなりあり、
まるで国際空港のように毎日多くの登山者を乗せた飛行機(小型のセスナ)が離着陸します。

ちなみにパラソルがさしてあるあたりは、デナリ国立公園のレンジャーのテント。
シーズン中はここで登山者たちの往来をチェックしたり救助をしたり、
セスナの滑走路を整備したりしてくれている大変ありがたい存在です。
もちろん滑走路といっても氷河なので、コンクリートではなく平らにした雪ですが…。
(焦点距離22mm・絞りF9・1/400秒・ISO100)

 

今回、タムロンのレンズSP AF10-24mm F/3.5-4.5 DiⅡLD(Model B001)と、
16-300mm F/3.5-6.3 DiⅡVC PZD(Model B016)の2本をベースキャンプに持ち込みました。
B001はクライミング時以外での撮影でおもに使用。
ベースキャンプ周辺では広角での撮影も多かっただけにかなり活躍してくれました。
フレアやゴーストの影響が気になることもなく、安心して使用できたのもありがたいことでした。

B016は、今回のメインレンズ。
クライミング時は衣食住すべてを持って登らなければなりません。
できるだけ軽量で、しかもどんな状況にも一本で対応できるこのレンズはまさにベストチョイスでした。
焦点距離のレンジが広いのでレンズ交換が不要で、手ブレ補正も付いているので、
クライミング時の非常に不安定な体勢でもブレを気にせず撮影できました。
また、多少氷にぶつかってもびくともしない信頼性も特筆に値すると思います。

 

Profile

高柳傑 c高柳 傑(たかやなぎ・すぐる) 1988年生まれ。学生時代より登山、クライミング、写真を始める。日本写真芸術専門学校卒業。写真家・青野恭典氏に師事。フリークライミング、アルパインクライミング、アイスクライミング等、さまざまなジャンルの登山を行う。今年度後半、海外遠征の予定。神奈川県横浜市在住。

 

 

高柳 傑さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP AF10-24mm:http://www.tamron.co.jp/lineup/b001/index.html
16-300mm:http://www.tamron.co.jp/lineup/b016/index.html

1 / 212

カテゴリ