TAMRON LENS BLOG

f004_ishi_blog

 

マクロレンズで花を撮る場合、風景写真と異なりピントを合わせる位置が数センチ違うだけで、
写真からうける印象が大きく変わりますので、自宅に帰ってからパソコンのモニターを見て
「左の花にピントを合わせれば良かった!」ということにならないように、
悩んだらピント位置を微妙に変えて撮影し、後から選ぶと良いでしょう。 

ピントは「点」ではなく「面」で合うので、二つ並んだ花の両方にピントを合わせた場合は、
二つの花とカメラを平行にして撮影することが大切です。
現在、マクロ撮影を行う時に一番のお気に入りのマクロレンズは、
タムロンSP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USDで、
シャープなピントと柔らかなボケを堪能でき、手ブレ補正も搭載されているので、
三脚を多用していた私が、三脚を使うことが激減しました。

 

154801-f004

ユキワリソウ

三つの花とカメラを平行に構えると、三つの花に全部ピントが合ってしまい
野暮ったいので、斜めから狙い一番手前の花にピントを合わせて、主役を際立たせました。

◎APS-Cカメラ、SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F004)
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/250秒 +0.3EV補正 ISO200 WB太陽光

 

158194-f004

ポピー

ポピーを撮影する場合、花撮影の基本としてはシベにピントを合わせるのですが、
基本を忠実に守っていては、面白い写真は撮れませんので、花びらの先端にピントを合わせてみました。

◎フルサイズカメラ、SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F004)
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/160秒 +1.7EV補正 ISO100 WB太陽光

 

158199-f004

ポピー

こちらのポピーのカットは、基本通りにシベにピントを合わせて撮影しましたが、
中心のメシベの手前と周りのオシベの先端にピントが合うように撮影しました。

◎フルサイズカメラ、SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F004)
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/160秒 +1.7EV補正 ISO100 WB太陽光

 

163084-f004

ニラ

可愛い花ですが、何の花だか分かりますか?正解はニラの花です。
並んで咲く花の一番手前にピントを合わせても平凡な写真しか撮れないので、
少し奥の花にピントを合わせ、手前の花をソフトフィルター的に使いました。

◎フルサイズカメラ、SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F004)
絞り優先AE F4 シャッタースピード1/1000秒  ISO200 WB太陽光

 

163322-f004

ツユクサ

前後同じような形で咲くツユクサ。後の花の方が葉のラインが美しいので手前の花にピントを合わせ、
1段絞りF4に設定して後ろの花の形が分かるように撮影しました。

◎フルサイズカメラ、SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F004)
絞り優先AE F4 シャッタースピード1/250秒 ISO400 WB太陽光

 

Profile

石井孝親

石井 孝親(いしい・よしちか)
1967年9月、横浜生まれ。東京写真専門学校卒業後、写真館勤務。2000年4月から自然写真家として活動開始。現在、身近な足元の自然をテーマに、写真展、写真雑誌、カレンダー等で幅広く活躍中!
写真集に「光と彩の季節・日本カメラ社」、技術書に「光を生かす花撮影術・日本カメラ社」など。自ら主宰する「フォトクラブ光と彩」で横浜、東京にてアマチュア写真家の指導にも力を入れている。
公式HP・石井孝親のネイチャーフォト http://www2.ttcn.ne.jp/~naturephoto/

 

石井孝親さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 90mm (Model F004)スペシャルサイト:http://www.tamron.co.jp/lineup/f004/index.html

やわらかなボケ味とシャープな描写として定評の、タムロン90mmマクロレンズ(Model 272E)で撮影された、
写真家 岡本洋子氏の作品とコメントをご紹介します。

 

DSC0705

光によって透き通った花びらに花芯の影が映っている一輪のピンク色のツツジの花を見つけ、
木漏れ日の間の青い空で出来た背景ボケの流れの中に咲かせました。

◎NikonD800E /TAMRON SP AF90㎜F2.8 Di MACRO 1:1
絞り優先AE(f6.3・1/5000秒)、ISO感度400、-0.7補正

 

DSC1853

紫の濃淡、緑色、茶色い地面の色が宝石箱をひっくり返したように散らばりました。
前ボケと背景ボケでファンタジーに。

◎NikonD800E /TAMRON SP AF90㎜F2.8 Di MACRO 1:1
絞り優先AE(f3.5・1/640秒)、ISO感度 400、+0.7補正

 

DSC1947

大風の吹いた日、NDフィルターを使って桜と菜の花をブラして風の軌跡を焼き付けました。

◎NikonD800E /TAMRON SP AF90㎜F2.8 Di MACRO 1:1
絞り優先AE(f20・1秒)、ISO感度 50、-0.3補正

 

DSC2573

赤一色に染め上げた画面の中に水滴がキラリと輝いています。水滴の中の映り込みにピントを合わせています。

◎NikonD800E /TAMRON SP AF90㎜F2.8 Di MACRO 1:1
絞り優先AE(f9.0・1/160秒)、ISO感度 400、-1.0補正

 

DSC9779

花曇りの日、白い空のボケを生かして、桜色を背景に桜のブーケをフレーミングしました。

◎NikonD800E /TAMRON SP AF90㎜F2.8 Di MACRO 1:1
絞り優先AE(f5.0・1/500秒)、ISO感度 400、+1.0補正

 

花の写真は背景を意識してフレーミングしています。
主役の花とともに、面白い背景や美しい背景を見つける事が楽しい作業です。
柔らかなボケ味が特徴のタムロンの90㎜マクロF/2.8は、イメージ通りに背景の描写をしてくれる頼もしい相棒です。
晴れれば青い空、くもりであれば柔らかな白い色など、背景の一つに空の色を利用することがあります。

一輪のツツジの花は木洩れ日の間の青い空、ピンク色の桜は曇天の白い空の抜けた部分を背景に利用しています。
赤い葉っぱの中に輝く水滴はマクロならでは。小さな水滴にピントを合わせて撮りました。
ムラサキハナナの作品は同じ花を前ボケと後ろボケに利用してファンタジーなイメージに。
望遠レンズとして撮ったのが、風でブレる菜の花と桜です。

 

Profile

岡本洋子岡本洋子(おかもと・ようこ) 東邦大学生物科を卒業。12年間の会社勤務の後、日本写真芸術専門学校にて写真を学ぶ。卒業後は秋山庄太郎氏のアシスタントを務め、独立フリーへ。現在、花や植物、風景を主に撮影。各種撮影会や写真教室講師を務める。

女子美術大学非常勤講師
日本写真協会会員(PSJ)
日本自然科学写真協会会員(SSP)
フェイスブック https://www.facebook.com/yoko.okmoto.5

 

岡本洋子さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP AF90mmスペシャルサイト:http://www.tamron.co.jp/lineup/272e/index.html

「フォーサーズサイト」でユーザー参加型のオンライン写真展が開催されます。タムロンのマイクロフォーサーズレンズで4月3日に撮影した写真を応募してください。

詳しくはこちら「フォーサーズサイト」>>>
http://www.four-thirds.org/jp/special/fourthirdsday.html

マイクロフォーサーズ・ミラーレス一眼カメラ専用レンズ
タムロン 14-150mm F/3.5-5.8 Di III [Model C001]

製品のスペシャルサイトはこちら>>>
http://www.tamron.co.jp/lineup/c001/index.html