TAMRON LENS BLOG

lh_title

 

第5回 Chie×青山・外苑前 ― 3月15日生まれ 魚座・B型 東京都出身 Singer―
Web Site:http://luv2luvbaby.com/

 

高校時代、バンドでメジャーデビューしました。そのときのレコード会社が青山のキラー通りにあったんです。
歌のレッスンやらミーティングやら、東京西エリアの自宅から頻繁に通うようになりました。
経験することは、初めてのことばかり。
大人としての受け答えだとか、ファッションに気を使うとか、いろんなことを学びました。
大人の中に入って、いつも目の前にある大きな壁を乗り越えるような感じで取り組んでいて、
とても刺激的な日々でした。
青山は、わたし自身が大きく変化した場所なんです。

Chie_001

焦点距離:24mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/13秒 ISO感度:400

 

焦点距離:24mm 絞り:F/7.1 シャッタースピード:1/5秒 ISO感度:400

焦点距離:24mm 絞り:F/7.1 シャッタースピード:1/5秒 ISO感度:400

 

大人がスタッフとして大勢関わっていて、「自分のせいで失敗できない!」と、責任感が育っちゃう。
好きな歌なのに上手く歌えないとか、悩んだときもありましたよ。でも生音とかスタジオで聴く音には夢があります。
本物の音というか…。良いものに触れる機会が沢山ありました。

レコーディングを終えて、家に帰れるのは終電だったりする。地元の駅前に着くと、なんだかホッとするような。
ひとりで立ち喰いソバ屋に寄ったりもしましたよ。やっぱり地元は、素の自分になれる場所ですね。
同級生と一緒にいる自分と青山で仕事してる自分。気持ちのバランスが崩れそうなときもあるんです。
人気商売だから、いいかげんなことはできない。忙しさで気がまぎれてたけれど、プレッシャー感じてたんでしょうね。
でも、わたしの唄を喜んでくれる人がいるならって気持ちで頑張ってました。

焦点距離:70mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/20秒 ISO感度:400

焦点距離:70mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/20秒 ISO感度:400

 

焦点距離:70mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/30秒 ISO感度:400

焦点距離:70mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/30秒 ISO感度:400

 

焦点距離:24mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/13秒 ISO感度:400

焦点距離:24mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/13秒 ISO感度:400

 

バンドは、3年ほどして解散。ソロとして活動をはじめました。
在籍中からやっていたラジオのプロデューサーさんが、一緒にやらないかと声をかけてくれて、
Luv2Luv Babyというユニットを結成したんです。
わたしの声の音域に合わせて曲を作ってくれる。とても唄いやすいんです。
活動は、作品がまとまったらリリースするというスタンスです。
とても良いペースでやれていて、今は人をうらやむ気持ちとか、なくなりました。
人と比較することは無意味です。自信にはなりません。人は人、自分は自分なんです。

自分の唄を多くの人に聴いてほしいという気持ちはしっかりもっています。
プロであることを忘れたことはありません。
いろいろな制約、制限を考えバランスを保つこと。その中で、クオリティを上げてゆく。
これ、とても大切なことだと思うんです。
今も相変わらず、多少ムラっ気があるけれど好奇心旺盛なわたし。
多感な時期を過ごした青山を久しぶりに歩いて、いろいろなことを思い出しました。

焦点距離:24mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/30秒 ISO感度:400

焦点距離:24mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/30秒 ISO感度:400

 

焦点距離:30mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/20秒 ISO感度:400

焦点距離:30mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/20秒 ISO感度:400

 

Hair&Make up:Tadashi Takahashi

 

青山・外苑前

青山通りとキラー通りが交差するこのエリアは、1970年代後半辺りから、ファッション・ブティックや音楽関係の企業などが数多く進出した。また当時は珍しい終夜営業の飲食店も点在していた。そうしたことを背景に、いわゆる業界人が多く集まり、独特の文化を形成していった。

 

水谷充さんご使用のSP 24-70mmについて詳しくは、
http://www.tamron.jp/product/lenses/a007.html

 

水谷充さんの「N35 E139 Living here. -ここで生きている-」全5回と、
本企画でご利用のSP24-70mm(Model A007)レンズレポート全8回がご覧いただけます。
http://www.tamronblog.jp/category/photographer/水谷充/

title_yoshimura02

 

SP 45mm F/1.8 VC USDの開放F値は、多くの大口径標準ズームよりも明るい「F/1.8」。
それにより、標準の画角や遠近感のまま、望遠のようなボケ効果を得ることもできる。

“最短撮影距離の短さ”も見逃せない。多くの単焦点標準レンズは0.45mくらいだが、本レンズは0.29m。
他とはひと味違う“クローズアップの世界”を切り取ることも可能だ。

そして、最大の特長が、フルサイズ対応の大口径標準単焦点レンズ初“手ブレ補正機構の搭載”である。
高画素デジタルカメラでは、わずかな手ブレも気になるので、このアドバンテージはとても大きい。

今回の日帰り旅は、このSP 45mm F/1.8 VC USDの“単焦点標準一本勝負”。
「広角や望遠ナシで大丈夫か?」と少し心配したが“標準の視点で観察”したおかげか、
不思議と他の画角は気にならなかった。

そして、開放F/1.8のボケ効果や、手ブレ補正機構の威力。これらの特長により、
日中から夜間まで、快適で表現力豊かな撮影を楽しむことができた。

 

大きくボケた背後の竹林が、お堂の釣鐘の存在感を高めてくれる。

大きくボケた背後の竹林が、お堂の釣鐘の存在感を高めてくれる。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/40秒 ISO感度:100
(フルサイズカメラで撮影)

 

あまり大きくない花だが、0.29mまで接近できるため結構大きく撮れた。

あまり大きくない花だが、0.29mまで接近できるため結構大きく撮れた。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/50秒 ISO感度:125
+1補正(フルサイズカメラで撮影)

 

明るいF値+手ブレ補正機構で、手持ちの低速撮影でもシャープに!

明るいF値+手ブレ補正機構で、手持ちの低速撮影でもシャープに!

◎焦点距離:45mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/4秒 ISO感度:400
(フルサイズカメラで撮影)

 

吉森 信哉さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 35mm & SP 45mm F/1.8 Di VC USD (Model F012 / F013) 製品ページ:

http://www.tamron.co.jp/lineup/f012_f013/

title_yoshimura01

 

「少し大柄で重厚感のある製品だなぁ」というのが、このSP 45mm F/1.8 VC USDを手にした時の第一印象である。
それゆえに、APS-C機よりも大柄になる35ミリ判フルサイズ一眼レフカメラに装着した際には、
とてもバランスが取れているように思える。

また、ルミナスゴールドの「ブランドリング」と「SPエンブレム」。
これらを含めたシンプルなデザインや上質な素材感は、所有する満足感や使用する楽しさを与えてくれる。

「45mm」という焦点距離をどう捉えるかは、人によって微妙に違うだろう。
私自身は「45mm、50mm、55mm、どれでもOK」と考えている。
もちろん、画角は微妙に変わるのだが、どの焦点距離でも、
風景や被写体との“適度な距離感”や“自然な遠近感”が得られる。

そのクセのない使用感や描写こそが、標準レンズ(50mm前後)の醍醐味である。
奇抜なアプローチや描写に頼らず、被写体と真摯に向き合える……。
SP 45mm F/1.8 VC USDも、そんなレンズである。

 

神前結婚式。見学者から建物内の様子まで、自然な距離感の描写だ。

神前結婚式。見学者から建物内の様子まで、自然な距離感の描写だ。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/200秒 ISO感度:100
(フルサイズカメラで撮影)

 

眼前の光景の中から“標準の視点”で古都の風情を切り取る。

眼前の光景の中から“標準の視点”で古都の風情を切り取る。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/200秒 ISO感度:100
+0.3補正(フルサイズカメラで撮影)

 

散策中「いいな」と感じてカメラを向ける。45mmの画角はそんな撮影に最適。

散策中「いいな」と感じてカメラを向ける。45mmの画角はそんな撮影に最適。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/125秒 ISO感度:100
-0.7補正(フルサイズカメラで撮影)

 

吉森 信哉さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 35mm & SP 45mm F/1.8 Di VC USD (Model F012 / F013) 製品ページ:

http://www.tamron.co.jp/lineup/f012_f013/

title_hagihara04

 

風景写真を表現するにあたっては、ズームレンズのほうが使いやすいということは事実だが、
しかし単焦点レンズでなければ表現できない世界もある。
言い方を変えれば、単焦点レンズでなければ撮れない世界があるからこそ、そのレンズは存在価値があると言える。
SP 45mm F/1.8 Di VC USDにはそれがある。

強力な手ブレ補正機能を搭載するため、光量が少ない場面でも絞り込んで手持ち撮影ができる。
朝夕に訪れるとっさの場面で何よりも心強い性能だ。
加えてF/1.8という極めて浅い被写界深度が使えるため、王道の風景を捉えながらも、
画面に強いボケ味を付与して独特な世界観を打ち出せる。

さらに近接撮影能力に長けているため、主役に近づき魅力を引き出すことが可能だ。
一般的なマクロレンズよりも背景を広く取り込めるので、
主役がその場面でどう存在しているかを伝えることができるのである。

単焦点レンズの面白さが凝縮されたSP 45mm F/1.8 Di VC USD。
新世代を象徴するデザインとあいまって、末永く新SPシリーズの核となる予感がする。

 

朝日の撮影を終えた直後、急いで別の場所へ移動し、オレンジ色が空に残るうちに手持ちで撮影した。

朝日の撮影を終えた直後、急いで別の場所へ移動し、オレンジ色が空に残るうちに手持ちで撮影した。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/25秒 ISO感度:200
+1.3補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

パンフォーカスにせず、F1.8の大きなボケを使うことで、画面上部に独特な雰囲気をかもし出した。

パンフォーカスにせず、F/1.8の大きなボケを使うことで、画面上部に独特な雰囲気をかもし出した。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/4000秒 ISO感度:100
+0.7補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

福寿草に最接近。マクロレンズ並みに寄れるうえに、背景をたっぷり見せることができる。美しいボケ味にも注目。

福寿草に最接近。マクロレンズ並みに寄れるうえに、背景をたっぷり見せることができる。美しいボケ味にも注目。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO感度:200
-0.3補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

萩原 史郎さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 35mm & SP 45mm F/1.8 Di VC USD (Model F012 / F013) 製品ページ:

http://www.tamron.co.jp/lineup/f012_f013/

カテゴリ