TAMRON LENS BLOG

冬の終わりになると毎年向かう植物園がある。
植物園といっても、整然と植物が並んでいるような場所ではなく、
山まるごとひとつ植物園にしてしまったような、なかなかワイルドな処だ。
実際、トレッキングシューズ無しで入園するのは無謀というもので、
藪をかき分けつつ進まなければならない獣道も2~3箇所どころではない。

何が目的でここへやって来るのかというと、椿を撮影するため。
ここ数年の間、冬になると必ず椿を撮影しに出かけるのだが、
この植物園は椿の本数こそ多くはないものの多数の品種が揃うため、
比較的長い期間、枝に咲く椿から落椿まで楽しめる。

45mmという画角は秀逸だ。
50mmは基本となる画角とは言われるものの、
実際のところ「あとほんの少し広角であれば」と思うことがよくある。
今回は開放値~少し絞ったくらいの絞りを多くしたが、
大げさ過ぎない柔らかさ、という言葉がしっくりくる描写であった。
個性的なレンズではあるが、写真を見てひと目でそれと分かるほど個性的なクセではなく、
しかし柔らかでデリケートさが特徴の、ごくごく自然な印象のレンズ。

コンパクトなサイズも、フルサイズ化で益々大きくなってゆくデジタル一眼には有難い点。
このレンズ1本でどこか旅へ出かけたくなるレンズである。

 

IMG_8496-Edit-Edit

枯れ落ちた松葉が垂れ下がり、まるでヤドリギのようになっていた椿。
やわらかな桃色の椿が松葉をやさしく受け止めているようだった。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/3.2 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100

 

IMG_8512-Edit

今にも小動物が出てきそうな獣道。このあと何かが音を立てて駆け抜けていった。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/2.5 シャッタースピード:1/400秒 ISO:125

 

IMG_8506-Edit

立体感を出すため開放値で撮影。自然な奥行きと目の前にあるような立体感が出せた。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:125

 

IMG_8532-Edit

椿森のなかでひっそりと佇むようにあった落椿。地面からは新芽が次々と顔を出している。
やわらかなボケが森の神秘的な印象を引き立てている。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/250秒 ISO:125

 

IMG_8568-Edit-2

曇り空の中、早咲きの桜が蕾を開き始めていた。力強く天へと伸びる枝が美しい。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/4000秒 ISO:125

 

IMG_8601-Edit-Edit

伝統的な日本家屋をバックに、白く光る桜。春の訪れは毎年嬉しいもの。
今年もまた撮影に向かうのが楽しみである。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/640秒 ISO:125

 

大門 美奈(だいもん・みな)

1977年神奈川県横浜市出身。茅ヶ崎市在住。公募展をきっかけに2011年より写真家として活動をはじめる。第1回キヤノンフォトグラファーズセッションファイナリスト。無印良品、アパレルブランド GARDÉ COLLECTIVE とのコラボレーション企画等にも参加。主な写真展に「Portugal」(2011)、「本日の箱庭展 -the Miniature Garden-」(2013)、「The Collection」(2016)写真集に『Al-Andalus』(2014)がある。

ウェブサイト
http://www.minadaimon.com

 

大門美奈さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 45mm F/1.8 Di VC USD(Model F013)製品ページ:
http://www.tamron.jp/product/lenses/f013.html

数年前にアイスランドの冬の幻想風景と水をテーマに、私は4週間かけて島を巡った。
極北の島として知られるアイスランドには広大な氷河と活火山が点在し、
まるで違う惑星に居るのかと錯覚するような荒野が続く。
地球の神秘を色濃く感じられ、
文明が触れることの無かったであろう氷河に守られた豊かな水がそこにはあった。
これまでにニュージーランドやアラスカで幾度も氷河は見ていたが、
この島の氷河には心の奥に語りかけてくるような何か特別な輝きを感じていた。

そんな私はその「特別な何か」を探るため、今冬再びアイスランドを訪れた。
2週間の滞在を氷河に充てる事を決めていた為、
島最大の氷河であるヴァトナヨークル周辺でじっくりと自然と向き合うためにキャンプ生活を選んだ。
前旅はアイスランドの自然の営みと外景を撮って島を一周したのに対し、
今回は先述の、輝きの奥にある精神性に迫ろうと、私はタムロン90mmマクロを選んだ。
朝11時頃にようやく昇る太陽は正午を回っても低いまま
午後2時を回る頃には地平線の向こうに沈んでゆく。
海の孤島であることや木々がほとんど生えていない大地の為1日中強風が吹き荒れることも珍しく無く、
滞在期間中は雨が続いた。
そんな環境での撮影はそれなりにハードな為、
防塵防滴を備えた機材は撮影を続ける中で大きな安心に繋がる。

私にとってこの90mmマクロは「フォーカスする」という言葉が実に似合うレンズだ。
気軽に散歩するレンズというよりは明確なテーマを想像し、その被写体に迫るのが面白い。
中望遠の単焦点は撮影者が最も動いて撮るレンズの一つ。
逆を言うならテーマと向き合う為に体と意識を被写体へと導いてくれるのだ。
単焦点のシャープな描写は自分が意図する被写体を明快に浮かび上がらせてくれ、
被写界深度が浅くなるマクロ撮影でも
じっくりと絞りこむことで(最小絞りはF/32)それまでとは違った表情が表れる。

マクロ撮影は通常三脚が必須となり撮影にやや手間のかかるイメージを持つ人も多いと思うが
精度の増したVC(手ブレ補正機能)とデジタル時代の恩恵に与り、
時には感度を上げて極北の低く薄暗い太陽の下で三脚無しで自由なアングルで撮影に臨んだ。
またこのレンズの高い解像力は風景撮影にもその高いポテンシャルを発揮する。
旅の中でふと巡り合う美しい光の風景をも確実に捉えた。
そして何より私はこのレンズの深みのある蒼の発色が好きだ。
氷河の深淵に迫る今回の旅に相応しく、
持ち帰った作品は時間が経つにつれ味わいを増していくかのように、
私の大切な1枚へと変わっていくのだ。

 

Photo_1

◎焦点距離 90mm、マニュアルモード、絞り F/4.5、シャッタースピード 1/800秒、ISO 500

 

Photo_2

◎焦点距離 90mm、マニュアルモード、絞り F/8、シャッタースピード 0.8秒、ISO 400

 

Photo_3

◎焦点距離 90mm、マニュアルモード、絞り F/8、シャッタースピード 1/320秒、ISO 4000

 

Photo_4

◎焦点距離 90mm、マニュアルモード、絞り F/3.5、シャッタースピード 1/400秒、ISO 4000

 

Photo_5

◎焦点距離 90mm、マニュアルモード、絞り F/29、シャッタースピード 20秒、ISO 400

 

Photo_6

◎焦点距離 90mm、マニュアルモード、絞り F/2.8、シャッタースピード 1/320秒、ISO 1250

 

プロフ写真遠藤 励(えんどう つとむ)

長野県大町市出身。スノーボードカルチャーに精通し雪山での撮影に特化。
90年代より世界各地の雪山を訪れ、多くの作品を発表しながらボードカルチャーの前線で活動。また、活動当初から写真に対する姿勢を「inner focus」(内面の焦点)と定め、アートフォトグラフィーやネイチャー、カルチャーなど躍動するこの星の輝きと命との調和も求めて旅を重ねている。作品集に「inner focus」(2015 小学館)がある。
オフィシャルHP: http://www.tsutomuendo.com

 

遠藤 励さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F017)製品ページ:
http://www.tamron.jp/product/lenses/f017.html

桜と言えば春の代表的な花ですが、冬の寒空にピンク色のきれいな桜が咲いていました。花も大振りでピンク色も濃く花付きもいいようです。なんという名前かしらと思って樹名板を見てみると“ヒマラヤザクラ”とありました。50年くらい前にネパールの皇太子より贈られた桜だそうです。花芯も長くアップにして撮るのも面白いと思いマクロで狙ってみました。背景の色は赤く色づいた紅葉の葉っぱです。秋色を背景に、ピントは大振りのシベに合わせ絞り過ぎず開け過ぎずとF/8で撮りました。三脚は使えなかったので、手ブレ補正機能を活用して風に揺れる被写体を捉えるために何度かシャッターを切りました。新しい手ブレ補正機能は大いに役立ってくれました。

冬のさくら

冬のさくら

◎焦点距離90mm 絞り優先AE F/8.0 シャッタースピード1/400秒 ISO400 +1.0EV補正

 

冬になると鮮やかな葉っぱや花が減って、樹々は枯れて葉っぱは落ちます。そうすると枯れて残った葉っぱが目立つようになって面白い被写体になります。日の当たった枯れた葉っぱの表面に手前の小枝の影が黒く映っています。これは光がなければ存在しない、光が作り出したアート作品を撮らせてもらったものです。周囲の色も枯草色のシックな茶色でまとめることができました。カメラと葉っぱがなるべく平行になる位置を探して、絞りはあまり絞らずに撮りました。枯れた葉っぱが光で輝いて渋い革のような質感です。このような質感が描写できるのもマクロレンズならではだと思います。

影模様

影模様

◎焦点距離90mm 絞り優先AE F/4.2 シャッタースピード1/1250秒 ISO800 +0.3EV補正

 

なんという葉っぱかわかりませんが、枯れて小枝に引っかかってぶら下がっていました。風に吹かれてゆらゆらと揺れていましたが、オートフォーカスで右側の葉っぱにピントを合わせて撮りました。オートフォーカスも素早くピシッと合い気持ちいいですね。主役が地味な色合いなだけに背景にくる色は意識して、緑の葉っぱや赤い花の色をぼかしてアクセントに利用しています。枝に引っかかる小枝の位置を三分割上に配置して葉っぱの右側の空間が空くようにフレーミングし、柔らかい背景から葉っぱが浮かび上がるように撮りました。ピントの合ったところはシャープで、それでいてとろけるようなボケの美しさは明るい開放値のマクロレンズならではですね。

風に吹かれて

風に吹かれて

◎焦点距離90mm 絞り優先AE F/3.5 シャッタースピード1/250秒 ISO800 +0.3EV補正

 

冬ならではの被写体の一つにイルミネーションがあります。暗くて撮るのが難しいイメージがありますが、光そのものは明るいので露出オーバーにならないようにアンダー目に撮ればライトの色もきれいに撮れます。イルミネーションは光の玉ボケがファンタジーに表現できますから、玉ボケができる位置を探して撮りました。前景に玉ボケになるツリーの光を大きく入れて中景のツリーの光がそれよりは小さく、一番奥にピントを合わせた主役の女神のイルミネーションを重ねて玉ボケの光をまとうようにフレーミングしました。玉ボケをやわらかくしたかったので絞りは開放で。

光の女神

光の女神

◎焦点距離90mm 絞り優先AE F/2.8 シャッタースピード1/30秒 ISO100 -0.7EV補正

 

イルミネーションは色々なフィルターを使うことで面白い効果が得られます。これはソフト効果とクロスの光条効果のあるクロスフィルターを使っています。光条の方向はフィルター枠を回すことで好きな位置に変えられます。丘の上を歩く人物のシルエットを、斜面に広がる緑色の光と赤い背景のイルミネーションで挟んでソフトクロスを効かすことで非現実的な、夢のような雰囲気になりました。二人連れの人物が来るまで待ってちょうどいい位置でレリーズしています。90㎜のマクロレンズは開放絞りの明るい単焦点レンズとしても活躍するので、暗い場面でもピント合わせやフレーミングのしやすさは抜群です。

夢の中

夢の中

◎焦点距離90mm 絞り優先AE F/6.3 シャッタースピード1/13秒 ISO1600 -1.0EV補正

 

普段、花や植物を撮る私にとって、冬というのはちょっと変わった被写体が撮れる面白い季節なのです。普通に考えれば花や緑もないし、何を撮ればいいの?っていうことですが、冬になれば樹々の葉っぱが落ちて樹形や枝が目立ってきます。また生い茂っていた緑がなくなり背景がシンプルになってきます。フォトジェニックな乾燥して枯れた葉っぱや質感の面白い被写体がそこかしこにあって、上手く背景と組めばそれこそアートな作品に仕上がります。花だって実や種になって面白い被写体です。主役の色合いは渋くて地味目ですが、背景に光や明るい色をもってくれば十分美しい作品になります。小さな被写体が豊富な冬の時期はマクロで寄って撮るのが面白いのです。また冬の風物詩、イルミネーションも最近では色々なところで開催されて身近な被写体になりました。マクロレンズの明るい開放値と柔らかなボケを活かしてファンタジーな表現が可能です。外は寒いですけど冬ならではの被写体を見つけにでかけましょう。北風に負けないように!

 

okamoto岡本洋子(おかもと・ようこ)

東邦大学生物科を卒業。12年間の会社勤務の後、日本写真芸術専門学校にて写真を学ぶ。卒業後は秋山庄太郎氏のアシスタントを務め、独立フリーへ。現在、花や植物、風景を主に撮影。各種撮影会や写真教室講師を務める。

女子美術大学非常勤講師
日本写真協会会員(PSJ)
日本自然科学写真協会会員(SSP)
フェイスブック https://www.facebook.com/yoko.okmoto.5

 

岡本洋子さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F017)製品ページ:
http://www.tamron.jp/product/lenses/f017.html

カテゴリ