TAMRON LENS BLOG

写真家・並木隆氏が、旅先で出会ったシーンを18-400mmで撮影。
刻々と変る目の前の景色を、高倍率ズームの機動性を活かして撮影した写真をご覧下さい。

 

_MG_0109

◎焦点距離:400mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/25秒 ISO感度:1600

 

_MG_0059

◎焦点距離:400mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/13秒 ISO感度:3200

 

_MG_0960

◎焦点距離:18mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/80秒 ISO感度:100

 

_MG_1033

◎焦点距離:35mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度:100

 

_MG_0026

◎焦点距離:400mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/160秒 ISO感度:1600

 

_MG_0092

◎焦点距離:42mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/15秒 ISO感度:1600

 

_MG_0050

◎焦点距離:18mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/50秒 ISO感度:100

 

_MG_0067

◎焦点距離:209mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/80秒 ISO感度:1600

 

_MG_0239

◎焦点距離:18mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/4秒 ISO感度:400

 

フルサイズ換算で640mm相当の画角が得られる望遠側。超がつく焦点距離域は、ちょっとした身体の動きでフレーミングが大きく変わってしまいます。しかし、搭載されているVC機構は、2.5段分というスペック以上の効果を体感することができました。OFF時との差は歴然で、望遠側で撮影していても細かなフレーミングがしっかりできるくらいファインダー像が安定しています。

夕暮れ時の光がどんどん少なくなっていく状況で、積極的に望遠側を使って、手持ち撮影ができるのは非常に大きなメリット。望遠側が延長されても、気軽に手持ち撮影ができなければ、単に使いにくいレンズになってしまいますからね。
とはいえ、陽が沈んで光が少なくなると、流石にどこでもというわけにはいかなくなります。でも、ここが高倍率のメリット。ISO感度を上げていっても手ブレしてしまうようなら、300mm、200mmと徐々に短い焦点距離を選択していけばいいのです。焦点距離が短いほど手ブレはしにくくなりますからね。
レンズ交換をせずに、広角18㎜から超望遠400mmまで焦点距離が選べる、高倍率ズームならではの機動性の高さとメリットを感じました。

 

namiki並木 隆

1971年生まれ。
高校時代、写真家・丸林正則氏と出会い、写真の指導を受ける。
東京写真専門学校(現・東京ビジュアルアーツ)中退後、フリーランスに。
花や自然をモチーフに各種雑誌誌面での作品発表。
日本写真家協会、日本写真協会、日本自然科学写真協会会員。

 

並木 隆氏にお使いいただいた、18-400mmの製品情報についてはこちら
18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD(Model B028)製品ページ

第10回タムロン「鉄道風景コンテスト」の募集締切りまで、残すところ1週間となりました。このコンテストは、カメラやレンズ等の機材や撮影場所を問わず、鉄道やその周辺が写った写真であればどんな写真でもご応募可能です。また、鉄道のまち大宮から鉄道文化の振興を目的として、たくさんの人に鉄道写真を楽しんで頂きたいということから、一般の部の他、小・中・高校生の部も併設されています。一般の部大賞には賞金30万円と副賞のタムロンレンズ、小・中・高校生の部大賞には、賞金10万円と副賞のタムロンレンズが贈呈されます。今年は第10回を記念して、入賞者数を拡大しています!
そして、締切りが8月25日(金)と迫る中、審査員の広田尚敬氏、矢野直美氏より、これからご応募される方に向けてスペシャルメッセージを頂きましたのでご覧ください。

広田先生

矢野先生

夏休みの思い出、渾身の1枚、皆さまの力作をお待ちしております。

■第10回「タムロン鉄道風景コンテスト」の応募詳細
2017年8月25日(金)当日消印有効

 

鉄道トークショーに抽選で100名を無料招待
第10回となる鉄道風景コンテストの開催を記念し、2017年10月11日(水)鉄道のまち大宮にある鉄道博物館・てっぱくホールにて、審査員の広田尚敬氏、矢野直美氏、フォトエディターの板見浩史による「鉄道トークショー」を開催します。鉄道写真の魅力や、過去の受賞作品を振り返りながら、1時間半盛りだくさんの内容となっています。フォトコンテストにご応募していなくても、トークショーのみのご応募も可能です。ご応募頂いた方の中から、抽選で100名を無料でご招待いたします。皆様のご応募お待ちしております。

■第10回開催記念企画「鉄道写真トークショー」申込み詳細
2017年8月31日(木)応募締切

このたび、好評発売中の超望遠ズーム SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2(Model A022)と、超望遠高倍率ズーム 18-400mm F/3.5-6.3 Di ll VC HLD(Model B028)の2機種が、EISAアワードを同時受賞、これにより12年連続受賞の快挙を達成いたしました。

 

■SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2(Model A022)
「EISA DSLR ズームレンズ 2017-2018」受賞
SP 150-600mm (Model A022)は、優れた性能に対する今回のEISA受賞に加え、前モデル(A011)をさらに進化させた次世代のレンズとして、「TIPAアワード2017/BEST DSLR TELEPHOTO ZOOM LENS」を受賞しており、2冠達成となります。

eisa_a022

 

■18-400mm F/3.5-6.3 Di ll VC HLD(Model B028)
「EISA フォト・イノベーション 2017-2018」受賞
APS-Cサイズ用として世界で初めて* 18-400mmまでの焦点距離、ズーム比22.2倍を実現した本レンズは、その革新性が評価され、タムロンとしては初の、「EISAフォト・イノベーション2017-2018」を受賞いたしました。

eisa_b028

* デジタル一眼レフカメラ用交換レンズとして。(2017年5月現在、タムロン調べ)

 

◎EISA受賞について詳しくは以下よりご覧いただけます。
SP 150-600mm G2、18-400mm EISA受賞のお知らせ

◎受賞レンズについての詳しい情報はこちら
SP 150-600mm G2(Model A022)製品ページ
18-400mm(Model B028)製品ページ

「18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD」(Model B028)を持って街歩きスナップを楽しんでみました。

超望遠というと、三脚や一脚にすえての撮影を想像してしまいますが、このレンズは女性の私にとっても嬉しい、全長121.4mm、重量705gと小型で軽量、手のひらにもしっかりと乗っかるほどのコンパクトな大きさです。街スナップ時に手持ちで持ち歩けます。それほどスリムで、幅広いジャンルにも活躍してくれるレンズです。

また、レンズ1本で色々な作風の引き出しを演出してくれるレンズです。ズーム倍率が世界初22.2倍。高画質を保ちながら望遠側400mm(35mm判換算620mm相当)で、迫力のある画が撮れます。 それでいて、期待を上回る優れた画質、描写力に圧倒されました。 また、フレアやゴーストを抑えることによって、さらにクリアでより抜けのいい画質を実現しています。 かなり幅広い焦点領域となる広角、標準、望遠以外に、近接撮影としても楽しめます。 ズーム全域で45cmまで寄れてしまうので、簡易的なマクロ撮影も楽しむことができます。

街歩きでは、街で出会った方を撮影したり、お店の方に許可を得て撮影をする機会も多々あると思いますが、手ブレ補正機構「VC」があるおかげで、シャッタースピードが遅めな暗い室内や影のある場所などでも、安心して撮影をすることが出来ます。

また、ズームロック機構がついており、携帯時の自重落下を防いでくれるのも、撮影する側にとってありがたいです。 途中、小雨が降って来た際にも簡易防滴があるおかげで、安心して撮影に挑めました。18-400mm はコンパクトながら撮影する側の気持ちを察してくれるかのような機能がたくさんあり、使い勝手にも優れたレンズだと思います。

そして18-400mmは幅広いズーム域と携帯性に優れたレンズとして、写真生活に新たな楽しさを期待させてくれると思います。 次回は近場の街歩きだけでなく、旅スナップとしても持ち歩いてみたい。 色々なシーンに活躍してくれるレンズであることは間違いなしです。

 

bDSC_4786

柔らかなお花の前ボケに、迫力のある赤ちょうちんの絵が撮れました。

◎焦点距離:155mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/80秒 ISO感度:100

 

bDSC_4798

可愛らしいドラム缶の上に置かれた、マネキンの足元を撮影しました。 主役対象物を力強く引き寄せてくれます。

◎焦点距離:86mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度:400

 

bDSC_4799

美味しそうなたい焼き屋さんを見つけました。
世界初のズーム比22.2倍、18-400mmをカバーする超望遠高倍率ズーム400mmの望遠側で、離れた反対側の道から大きく撮影してみました。重なった前後のたい焼きも柔らかに描写していて、400mmの引き寄せ効果により、おいしそうなたい焼きに見事に誘われました。笑

◎焦点距離:400mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/100秒 ISO感度:100

 

隘ソ隗呈ァ・cDSC_4917

たい焼きを食べ歩きながら、公園に到着しました。簡易防滴構造があるおかげで、ボートの水しぶきなども気にすることなく、撮影が可能です。コントラストもメリハリがあり、色再現のバランスが優れていることがよくわかると思います。

◎焦点距離:80mm 絞り:F/5 シャッタースピード:1/640秒 ISO感度:100

 

テクテクとまち歩きをしました。小型軽量、手ブレ補正機構付きのコンパクトレンズのおかげで、気になった被写体を主役に、手持ちでサクサクと歩きながらの撮影が可能です。

隘ソ隗呈ァ・cDSC_5125

◎焦点距離:86mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/125秒 ISO感度:100

 

bDSC_5060

◎焦点距離:100mm 絞り:F/5.3 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:800

 

bDSC_5038

少し小腹が空いてしまったので、素敵な古民家が立ち並ぶパン屋さんに寄りました。とても美味しそうなパンだったので、思わず定員さんに声をかけ、撮らせてもらいました。 焦点距離18mmでの広角撮影、1/20のシャッタースピードでも手ブレ補正機構のおかげで、安心して撮影することができます。 そして真夏の撮影時には、水分補給もしっかりととることが大事です。お庭にてほんの少し、休憩をさせていただきました。

◎焦点距離:18mm 絞り:F/5 シャッタースピード:1/20秒 ISO感度:500

 

bDSC_5043

店内の気になったモチーフを撮影させていただきました。
背景が窓際、逆光での撮影でもカーテンの布の質感、ディティールまでも鮮明に写し出されているのがよくわかります。

◎焦点距離:75mm 絞り:F/5 シャッタースピード:1/80秒 ISO感度:800

 

DSC_0159

最短撮影距離は全域45cmということで、テレマクロとしても撮影を楽しむことができました。 飾られた造花を撮影した結果、肉眼では気がつかなかった造花の繊維までも細かに写し出されています。常用の実用レンズとしても、非常に便利なレンズだと思いました。

◎焦点距離:400mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/40秒 ISO感度:800

 

bDSC_5139

反対側の道から、焦点距離400mmにて猫の素顔を、お花越しに撮影をしました。 ふわっとした溶け込むかのような柔らかさに、猫の表情までも鮮明に再現してくれました。

◎焦点距離:200mm 絞り:F/6 シャッタースピード:1/100秒 ISO感度:800

 

wakakojet若子jet

岐阜県岐阜市生まれ。名古屋造形大学卒業。 撮影スタジオ勤務後、出版社写真部を経て、写真家松本明彦氏に師事後、独立。

被写体は人物を中心に、雑誌、広告等の撮影をする一方、展覧会でも発表多数。 ライフワークとして街スナップを楽しんでいる。 優しく可愛く綺麗な世界観を得意とする。

 

2016年7月、若子jet写真集「キッチュa GO!!GO!! 浪花編」好評発売中。

https://wakakojet.thebase.in

ブログ:若子jetのセンチメンタル日記

http://wakakojet.exblog.jp/

Instagram https://www.instagram.com/wakakojet/

twitter https://mobile.twitter.com/wakakojet

 

■18-400mm製品情報はこちら

18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD(Model B028)