TAMRON LENS BLOG

ここ数年の間、伯母が家元を務める「松香庵流(しょうこうあんりゅう)」という
煎茶道の流派の撮影をさせてもらっている。

この日は年始の恒例行事、初煎会。
お抹茶で言うところの「初釡」にあたるのだろう。煎茶道の稽古初めである。
会が行われるのは足利時代に建てられた古民家を利用した料理屋ということもあって、
非常に貴重な機会だ。

幼い頃から何度も来たことのある場所だが、写真を撮る側へ回ってみると見方が変わってくるものだ。
回り廊下があるため、外光自体は四方から入る設計にはなってはいるが、
現代の家屋に比べると圧倒的に暗い。
また、梁や柱、障子や畳などの直線的な構成物が多いことから、
歪みの強く出るレンズは向かないため、毎年レンズ選びには悩むところである。

今回は歪みの出にくい画角、さらに手ブレ補正が搭載された
SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD を 使用することにした。
今までは広角~長くても75mm相当のレンズを使用してきたため、
90mmという画角は非常に新鮮であった。
ぐっと被写体に迫りつつも、ボケは非常になだらかでとにかく上品な印象。
和の雰囲気に見事にマッチした描写だ。
大口径でありながら軽めなレンズ重量も、女性には嬉しい点。
日常使いしたくなる、上質なマクロレンズである。

 

IMG_2314-Edit

ほのかなぬくもりがうれしい囲炉裏。釡から立ち上がる湯気を優しく描写している。

◎焦点距離:90mm 絞り:F/3.2 シャッタースピード:1/40秒 ISO:3200

 

IMG_2317-Edit

古いガラスの向こうにはお正月らしい紅白の梅。

◎焦点距離:90mm 絞り:F/4.5 シャッタースピード:1/80秒 ISO:160

 

IMG_2335-Edit

開放でもピント部分はきりっとシャープな描写。手ブレ補正に助けられた場面は多かった。

◎焦点距離:90mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/40秒 ISO:3200

 

IMG_2352-Edit

床の間に飾られた、生け花の薔薇にフォーカス。マクロレンズならではの花びらの表情である。

◎焦点距離:90mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/80秒 ISO:1250

 

IMG_2371-Edit

茶会で振る舞われる、この時期ならではの花びら餅。
求肥の柔らかな質感と陶器の艶そのままに写し出してくれた。

◎焦点距離:90mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/100秒 ISO:125

 

IMG_2381-Edit

茶会中の一枚。暗い場面でも着物の絹の質感と立体感がよく描写されている。

◎焦点距離:90mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/100秒 ISO:640

 

大門 美奈(だいもん・みな)

1977年神奈川県横浜市出身。茅ヶ崎市在住。公募展をきっかけに2011年より写真家として活動をはじめる。第1回キヤノンフォトグラファーズセッションファイナリスト。無印良品、アパレルブランド GARDÉ COLLECTIVE とのコラボレーション企画等にも参加。主な写真展に「Portugal」(2011)、「本日の箱庭展 -the Miniature Garden-」(2013)、「The Collection」(2016)写真集に『Al-Andalus』(2014)がある。

ウェブサイト
http://www.minadaimon.com

 

大門美奈さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F017)製品ページ:
http://www.tamron.jp/product/lenses/f017.html

冬の終わりになると毎年向かう植物園がある。
植物園といっても、整然と植物が並んでいるような場所ではなく、
山まるごとひとつ植物園にしてしまったような、なかなかワイルドな処だ。
実際、トレッキングシューズ無しで入園するのは無謀というもので、
藪をかき分けつつ進まなければならない獣道も2~3箇所どころではない。

何が目的でここへやって来るのかというと、椿を撮影するため。
ここ数年の間、冬になると必ず椿を撮影しに出かけるのだが、
この植物園は椿の本数こそ多くはないものの多数の品種が揃うため、
比較的長い期間、枝に咲く椿から落椿まで楽しめる。

45mmという画角は秀逸だ。
50mmは基本となる画角とは言われるものの、
実際のところ「あとほんの少し広角であれば」と思うことがよくある。
今回は開放値~少し絞ったくらいの絞りを多くしたが、
大げさ過ぎない柔らかさ、という言葉がしっくりくる描写であった。
個性的なレンズではあるが、写真を見てひと目でそれと分かるほど個性的なクセではなく、
しかし柔らかでデリケートさが特徴の、ごくごく自然な印象のレンズ。

コンパクトなサイズも、フルサイズ化で益々大きくなってゆくデジタル一眼には有難い点。
このレンズ1本でどこか旅へ出かけたくなるレンズである。

 

IMG_8496-Edit-Edit

枯れ落ちた松葉が垂れ下がり、まるでヤドリギのようになっていた椿。
やわらかな桃色の椿が松葉をやさしく受け止めているようだった。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/3.2 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100

 

IMG_8512-Edit

今にも小動物が出てきそうな獣道。このあと何かが音を立てて駆け抜けていった。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/2.5 シャッタースピード:1/400秒 ISO:125

 

IMG_8506-Edit

立体感を出すため開放値で撮影。自然な奥行きと目の前にあるような立体感が出せた。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:125

 

IMG_8532-Edit

椿森のなかでひっそりと佇むようにあった落椿。地面からは新芽が次々と顔を出している。
やわらかなボケが森の神秘的な印象を引き立てている。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/250秒 ISO:125

 

IMG_8568-Edit-2

曇り空の中、早咲きの桜が蕾を開き始めていた。力強く天へと伸びる枝が美しい。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/4000秒 ISO:125

 

IMG_8601-Edit-Edit

伝統的な日本家屋をバックに、白く光る桜。春の訪れは毎年嬉しいもの。
今年もまた撮影に向かうのが楽しみである。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/640秒 ISO:125

 

大門 美奈(だいもん・みな)

1977年神奈川県横浜市出身。茅ヶ崎市在住。公募展をきっかけに2011年より写真家として活動をはじめる。第1回キヤノンフォトグラファーズセッションファイナリスト。無印良品、アパレルブランド GARDÉ COLLECTIVE とのコラボレーション企画等にも参加。主な写真展に「Portugal」(2011)、「本日の箱庭展 -the Miniature Garden-」(2013)、「The Collection」(2016)写真集に『Al-Andalus』(2014)がある。

ウェブサイト
http://www.minadaimon.com

 

大門美奈さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 45mm F/1.8 Di VC USD(Model F013)製品ページ:
http://www.tamron.jp/product/lenses/f013.html

カテゴリ