TAMRON LENS BLOG

このたび「デジタルカメラグランプリ2018」にて、好評発売中の超望遠高倍率ズームレンズ18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD(Model B028)が、デジタル一眼用交換レンズにおいて最高位の「総合金賞 <交換レンズ/デジタル一眼>」および全部門から画期的な製品や技術に対して選出される「技術賞」をダブル受賞いたしました。さらに、大口径標準ズームレンズSP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032) が、交換レンズ<サードパーティー/フルサイズ一眼用>部門の「金賞」を同時に受賞いたしました。

なお、世界で初めて*APS-Cサイズ用として18-400mmまでの焦点距離、ズーム比22.2倍を実現した18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model B028) は、「EISA フォト・イノベーション 2017-2018」に続く受賞となります。

*) デジタル一眼レフカメラ用交換レンズとして。(2017年5月現在。タムロン調べ)

 

■18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD(Model B028)

『総合金賞<交換レンズ/デジタル一眼>』および『技術賞』ダブル受賞

b028

 

■SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)

『金賞』交換レンズ<サードパーティー/フルサイズ一眼用>部門

a032

 

◎デジタルカメラグランプリ受賞について詳しくは以下よりご覧いただけます。
18-400mm、SP 24-70mm G2、デジタルカメラグランプリ受賞のお知らせ

◎受賞レンズについての詳しい情報はこちら
18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD(Model B028)(Model B028)製品ページ
SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)(Model A032)製品ページ

『デジタルカメラグランプリ2018 お買い物ガイド』に掲載の、タムロンレンズの記事がご覧いただけます。

dgp2018 > PDF:854KB

2004年からスタートしたマクロレンズフォトコンテストも今年で14回目を迎えます。マクロレンズは花や昆虫のクロースアップ撮影から、テーブルフォト、ポートレートまでさまざまな使い方できる魅力あるレンズです。コンテストでは、ネイチャーの部、ノンジャンルの部と2つの部門を設け、様々なマクロレンズの楽しみ方をお伝えしてきました。今回は、これからご応募される方に向けて、審査員の石井孝親氏、岡本洋子氏より、ワンポイントアドバイス頂きましたのでご覧ください。

尚、応募の締め切りは10月15日(日)です。
皆さまのご応募、お待ちしております!

石井孝親先生

岡本洋子先生

 

■第14回マクロレンズフォトコンテストの応募詳細
※過去の受賞作品もこちらからご覧いただけます

■石井孝親氏 LENS BLOG <マクロ撮影ガイド>

■岡本洋子氏 LENS BLOG <90mmで撮るポートレート・テーブルフォト>

本日、タムロンは新製品の開発を発表いたしました。

 

■100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)

高画質と機動性を追求した超望遠ズームレンズ

35mm判フルサイズデジタル一眼レフカメラ対応の本格派超望遠ズームレンズ「100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)」を開発しましたのでお知らせします。

先進の光学設計に基づき、特殊硝材LD(Low Dispersion: 異常低分散)レンズ3枚と高い反射防止性能を発揮するタムロン独自の「eBANDコーティング」を採用。レンズ鏡筒部材の一部にマグネシウムを使用し、クラス最軽量*の1,115gを達成するなど、高画質と機動性を追求した超望遠ズームレンズです。

高速制御システム「デュアルMPU」を採用する事で、快適なAFと効果的な手ブレ補正を実現。また、通常の手持ち撮影に加え、別売アクセサリーの三脚座を使用することで、日の出前の早朝、日没後の夕景など三脚を必要とするシチュエーションまで、幅広い撮影が可能です。

発売:2017年内発売予定(ニコン用、キヤノン用)

写真:100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)

 

lens

※フード、三脚座装着時のイメージ(三脚座は別売り)

 

開発発表のお知らせ:

http://www.tamron.co.jp/news/press_release/20170915.html

*35mm判フルサイズ対応のデジタル一眼レフカメラ用100-400mm F/4.5-6.3レンズにおいて。(2017年9月15日現在。タムロン調べ)

第10回タムロン「鉄道風景コンテスト」の募集締切りまで、残すところ1週間となりました。このコンテストは、カメラやレンズ等の機材や撮影場所を問わず、鉄道やその周辺が写った写真であればどんな写真でもご応募可能です。また、鉄道のまち大宮から鉄道文化の振興を目的として、たくさんの人に鉄道写真を楽しんで頂きたいということから、一般の部の他、小・中・高校生の部も併設されています。一般の部大賞には賞金30万円と副賞のタムロンレンズ、小・中・高校生の部大賞には、賞金10万円と副賞のタムロンレンズが贈呈されます。今年は第10回を記念して、入賞者数を拡大しています!
そして、締切りが8月25日(金)と迫る中、審査員の広田尚敬氏、矢野直美氏より、これからご応募される方に向けてスペシャルメッセージを頂きましたのでご覧ください。

広田先生

矢野先生

夏休みの思い出、渾身の1枚、皆さまの力作をお待ちしております。

■第10回「タムロン鉄道風景コンテスト」の応募詳細
2017年8月25日(金)当日消印有効

 

鉄道トークショーに抽選で100名を無料招待
第10回となる鉄道風景コンテストの開催を記念し、2017年10月11日(水)鉄道のまち大宮にある鉄道博物館・てっぱくホールにて、審査員の広田尚敬氏、矢野直美氏、フォトエディターの板見浩史による「鉄道トークショー」を開催します。鉄道写真の魅力や、過去の受賞作品を振り返りながら、1時間半盛りだくさんの内容となっています。フォトコンテストにご応募していなくても、トークショーのみのご応募も可能です。ご応募頂いた方の中から、抽選で100名を無料でご招待いたします。皆様のご応募お待ちしております。

■第10回開催記念企画「鉄道写真トークショー」申込み詳細
2017年8月31日(木)応募締切

このたび、好評発売中の超望遠ズーム SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2(Model A022)と、超望遠高倍率ズーム 18-400mm F/3.5-6.3 Di ll VC HLD(Model B028)の2機種が、EISAアワードを同時受賞、これにより12年連続受賞の快挙を達成いたしました。

 

■SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2(Model A022)
「EISA DSLR ズームレンズ 2017-2018」受賞
SP 150-600mm (Model A022)は、優れた性能に対する今回のEISA受賞に加え、前モデル(A011)をさらに進化させた次世代のレンズとして、「TIPAアワード2017/BEST DSLR TELEPHOTO ZOOM LENS」を受賞しており、2冠達成となります。

eisa_a022

 

■18-400mm F/3.5-6.3 Di ll VC HLD(Model B028)
「EISA フォト・イノベーション 2017-2018」受賞
APS-Cサイズ用として世界で初めて* 18-400mmまでの焦点距離、ズーム比22.2倍を実現した本レンズは、その革新性が評価され、タムロンとしては初の、「EISAフォト・イノベーション2017-2018」を受賞いたしました。

eisa_b028

* デジタル一眼レフカメラ用交換レンズとして。(2017年5月現在、タムロン調べ)

 

◎EISA受賞について詳しくは以下よりご覧いただけます。
SP 150-600mm G2、18-400mm EISA受賞のお知らせ

◎受賞レンズについての詳しい情報はこちら
SP 150-600mm G2(Model A022)製品ページ
18-400mm(Model B028)製品ページ

2 / 1012345...10...最後 »

カテゴリ