TAMRON LENS BLOG

写真家 水谷充氏が、大口径標準ズーム、タムロンSP 24-70mm F2.8 Di USDを携え、
新作の撮影を開始しました。
これからTAMRON LENS BLOGで、制作の舞台裏やレンズに関する印象を水谷氏がレポートしていきます。

【第1回:撮影アイデアの決め手は、逆光に強いレンズ性能】

Mizutani_001

SP24-70mm、運用開始です。

「使ってみませんか?」とタムロンさんから声をかけていただいた。

ズームレンズが苦手な僕ですが、普段撮る自分の写真に相性抜群だと、かなり早い段階で気づきました。

テスト気分の試し撮りは、早々に実戦投入へと。

日本写真学院でやっている水谷ゼミは、僕自身も新作の撮り下ろしに挑み、
企画構想やその思考のプロセスを身近で見てもらうことを目的の一つとしている。

おぼろげに持っていたアイデアは、レンズ特性の一つ“画面内に光源があっても、
フレアっぽくならない”と言う部分が方向付けの後押しをしてくれた。

人を撮るつもりではあったが、『夜の街+女性』は、試し撮り段階の夜景が決めてでしたね。

 

水谷充さんご使用のSP 24-70mmについて詳しくは、
http://www.tamron.co.jp/lineup/a007/index.html

4 / 41234

カテゴリ