TAMRON LENS BLOG

標準的なズームレンズでは表現出来ない、超広角・超望遠レンズでの作品世界を、
鉄道写真の撮り方ワンポイントを交えて教えていただきました。
それでは、広田 泉 氏の作品をご覧下さい。

 

圧縮効果から望遠レンズを用いることが多い桜の撮影ですが、
広角レンズを使って物を整理した絵づくりが有効なシーンもあります。
前後に動いて最適な位置を探しましょう。

A-1

16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO (Model B016)で撮影

◎焦点距離:210 mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/2000秒 ISO感度:320

 

A-2

SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD (Model A012)で撮影

◎焦点距離:15mm 絞り:F/4.5 シャッタースピード:1/4000秒 ISO感度:640

 

望遠撮影の基本である「空間を多くとりいれる」を実践したもの。
蒸気機関車を撮影する場合は煙を吐くこともあり、縦で撮りたくなってしまうものだけど、
敢えての横位置が効く場合が多い。
余ったスペースは、その場にある印象的だったものをとりいれることで空間を生かした絵づくりが可能になる。

B

SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)で撮影

◎焦点距離:500 mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/1000秒 ISO感度:1000

 

フレームアウト。
被写体に主なテーマがある場合は思い切ってフレームアウトさせてしまうのも手。
この場合は運転士の方と会話をし「夢を叶えたくて家族を離れ九州まで行き運転士になった」という話を聞き、
その顔つきを主題にしたかった。
車輌が全部入ってしまうと運転士の顔つきまでは見えなくなってしまうものなので、
はみだすことによって画面内を整理した。

C

SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)で撮影

◎焦点距離:350 mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:500

 

ローカル線の撮影では待ち時間が、とても長いことがある。次の列車まで7時間以上とか。
そういう時間の過ごし方も含めて楽しめるのがいいところだけど
「写真を撮りたい~」っていう時におすすめなのが、こちら。
模型をバッグにしのばせておけば、時間が経つのも忘れてしまうほど。
マクロがなければ望遠でも十分楽しむことができる。
寄ったり引いたり様々な撮影方法で普段はありえないような世界が撮れるはず。

D

SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)で撮影

◎焦点距離:600mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/400秒 ISO感度:200

 

Profile

広田 泉広田 泉(ひろた・いずみ)1969年東京都生まれ。

全国に走る鉄道の現在を撮影し写真展、書籍で発表するなか各種イベントやツアー、撮影教室、TVなどで写真の楽しさを広く伝えようと活動している。2011年は自然災害により被災した地域への復旧活動を続けるなか、写真集「ここから始まる。」を刊行。収益を鉄道会社に寄付して線路を繋げる活動にも力を入れ続けている。

鉄道写真.com:http://tetsudoshashin.com

 

広田泉さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD(Model A012)製品ページ:
http://www.tamron.jp/product/lenses/a012.html

SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)製品ページ:
http://www.tamron.jp/product/lenses/a011.html

16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO (Model B016)製品ページ:
http://www.tamron.jp/product/lenses/b016.html

 

<タムロン鉄道風景コンテスト事務局から>
「第9回 タムロン鉄道風景コンテスト」の募集締切が、いよいよ8月25日(木)【消印有効】と迫ってまいりました。
夏休みを利用してのご旅行に、是非とも「鉄道風景」を撮影してご応募ください!

コンテストについての応募方法や詳細はこちら:
http://www.tamron.jp/special/contest/train2016/

「フジサンケイビジネスアイ」紙のご協力により、おととい同紙に掲載されたSP150-600mmの紙面が、PDFでご覧いただけるようになりました。

こちらよりご覧ください(PDFのダウンロード・表示)

fbi-shimen20151021

a011_photo01

 

本日発行・発売の「フジサンケイビジネスアイ」紙の15面に、タムロンの超望遠ズームSP150-600mmが紹介されています。国会写真記者クラブで産経新聞社写真報道局の写真記者(編集委員)・酒巻俊介さんが、実際に使用している様子が報告されています。

写真記者の酒巻さんは、2006年から今年の9月末まで国会取材を約9年にわたって担当したベテランカメラマン。国会取材という仕事の内容にからめて150-600mmを語っていただいており、とても興味深い内容です。

本日発売ですので、産経新聞販売店・駅のスタンドなどでお買い求めいただき、ぜひ紙面でご覧ください。

a011_photo01


JPEG-tamron-2015-10-19

北極圏での撮影をライフワークとされている水口博也氏が、SP 150-600mmによる作品を撮影してくださいました。

 

ホッキョクグマ

ホッキョクグマ

◎焦点距離:600mm(35mm判換算:900mm) 絞り: f6.3  シャッタースピード:1/3200秒
ISO感度:400  露出補正:-0.3

 

ホッキョクグマ

ホッキョクグマ

◎焦点距離:600mm(35mm判換算:900mm)絞り: f6.3  シャッタースピード:1/3200秒
ISO感度:400 露出補正:-0.3

 

セイウチ

セイウチ

◎焦点距離:600mm(35mm判換算:900mm)絞り: f6.3  シャッタースピード:1/1000秒
ISO感度:400  露出補正なし

 

セイウチ

セイウチ

◎焦点距離:600mm(35mm判換算:900mm)絞り: f6.3  シャッタースピード:1/800秒
ISO感度:400  露出補正なし

 

レインディア

レインディア

◎焦点距離:600mm(35mm判換算:900mm) 絞り: f6.3  シャッタースピード:1/500秒
ISO感度:400 露出補正:-0.3

 

ノルウェー、スヴァールバル諸島は、北緯78〜79度の北極圏に浮かぶ、ホッキョクグマが数多く生息する島々だ。
春から初夏にかけて、まだ海が氷におおわれる時期、ホッキョクグマは海氷上に休むアザラシを狩って暮らしている。

私もこの時期には、スヴァールバル諸島のまわりを船で旅をしながら、こうした動物たちを撮影するのが常だ。
ただ、この地の動物は、安全のためと動物たちの保護のために、接近することがむずかしい。
そのためにできるだけ長い焦点距離のレンズを持参したいが、重く大きなレンズを船上で構えるのはむずかしい。

タムロンの150-600mmレンズは、こうした取材にはもっともふさわしいレンズとして、
発売以来愛用しているものだ。
APS-Cカメラとともに使用すれば35mm換算で900mm相当。
携行しやすく、手頃な価格のレンズでこれだけのパフォーマンスが期待できるのである。

 

Profile

minakuchi水口博也(みなくち・ひろや)

1953年、大阪生まれ。京都大学理学部で海洋生物学を学ぶ。クジラ・イルカの撮影では世界的に評価されている。
写真集からノンフィクションまで、数多くの著書を発表。1991年、講談社出版文化賞写真賞受賞。

 

 

水口 博也さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 150-600mmスペシャルサイト:

http://www.tamron.co.jp/lineup/a011/index.html

banner_Charlie

 

CF1412_4079

600mm側+APS-Cサイズのカメラなら35mm換算960mmにもなる。
成田空港そばの畑から着陸してくるボーイング747ジャンボ機を縦位置で撮影。
USDのおかげでピントの追従性も良い。

◎焦点距離:600mm(35mm判換算:960mm相当) 絞り:F/8 シャッタースピード:1/1600秒 ISO感度:320

 

CF1411_6749

正直広いレンジをカバーする望遠レンズは性能や描写的にも、これまではあまり信頼していなかったのだが、
ご覧のとおり仙台空港を離陸後、彩雲に飛び込んだ飛行機のシルエットと雲の微妙な色合いがキレイに再現できている。

◎焦点距離:600mm(35mm判換算:960mm相当) 絞り:F/8 シャッタースピード:1/2500秒 ISO感度:200

 

CF1412_4756

夕暮れの成田空港にて離陸滑走をはじめる機体を追いかけるが
光量がなくシャッター速度1/320で焦点距離600mm(35mm換算960mm)手持ち撮影。
厳しい条件だが超望遠の圧縮効果のおかげで後に駐機する機体も近くにあるように見え、
手ブレ補正の恩恵でブレずに撮影することができた。

◎焦点距離:600mm(35mm判換算:960mm相当) 絞り:F/8 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度:640

 

CF1412_5245

日が暮れた空港にて、地上走行中の機体と色とりどりの空港の明かりを入れて、
シャッター速度1/4秒で軽い流し撮りを行う。
衝突防止灯の赤い光が輝くがコーティングのおかげでゴーストやフレアも出なく、
厳しい条件にもかかわらず緑や青の地上灯火の色もしっかり濁りがないキレイな写真を撮ることができた。

◎焦点距離:213mm(35mm判換算:340mm相当) 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/4秒 ISO感度:8000
150-600mmという、この様なズームレンズが出てくるとは驚きだ。
航空機の撮影において、撮影場所は限られている上に機体の大きさは機種によって異なるため、
ズームレンズはなくてはならない存在。
しかも150mmで飛行機の全形を撮り、ただちに600mm側にズーミングして
飛行機をアップにした迫力カットを撮るなど一石二鳥の使い方ができる。
しかも手ブレ補正もついてコンパクトなのに、
希望小売価格14万円とは超望遠なのに考えられないほど低価格だと思う。

 

Profile

チャーリィ古庄(ちゃーりー・ふるしょう)1972年東京生まれ。ロサンゼルスの飛行学校で飛行機操縦資格を取得後、国内外の航空会社に地上職員として勤務。2001年より旅客機専門の写真家としてデビュー、以後航空会社、空港などの宣伝、広報制作、カレンダー製作、航空雑誌の取材などを行っている。飛行機が撮れるところなら世界中どこへでも出かけて行き、世界で最も多くの航空会社に搭乗したギネス世界記録を持つ。
写真集ワールドジェットツアー(イカロス出版)をはじめ航空関連の著書は20冊ほどあり。

 

チャーリィ古庄さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 150-600mmスペシャルサイト:http://www.tamron.co.jp/lineup/a011/index.html

1 / 712345...最後 »

カテゴリ