TAMRON LENS BLOG

標準的なズームレンズでは表現出来ない、超広角・超望遠レンズでの作品世界を、
鉄道写真の撮り方ワンポイントを交えて教えていただきました。
それでは、広田 泉 氏の作品をご覧下さい。

 

圧縮効果から望遠レンズを用いることが多い桜の撮影ですが、
広角レンズを使って物を整理した絵づくりが有効なシーンもあります。
前後に動いて最適な位置を探しましょう。

A-1

16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO (Model B016)で撮影

◎焦点距離:210 mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/2000秒 ISO感度:320

 

A-2

SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD (Model A012)で撮影

◎焦点距離:15mm 絞り:F/4.5 シャッタースピード:1/4000秒 ISO感度:640

 

望遠撮影の基本である「空間を多くとりいれる」を実践したもの。
蒸気機関車を撮影する場合は煙を吐くこともあり、縦で撮りたくなってしまうものだけど、
敢えての横位置が効く場合が多い。
余ったスペースは、その場にある印象的だったものをとりいれることで空間を生かした絵づくりが可能になる。

B

SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)で撮影

◎焦点距離:500 mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/1000秒 ISO感度:1000

 

フレームアウト。
被写体に主なテーマがある場合は思い切ってフレームアウトさせてしまうのも手。
この場合は運転士の方と会話をし「夢を叶えたくて家族を離れ九州まで行き運転士になった」という話を聞き、
その顔つきを主題にしたかった。
車輌が全部入ってしまうと運転士の顔つきまでは見えなくなってしまうものなので、
はみだすことによって画面内を整理した。

C

SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)で撮影

◎焦点距離:350 mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:500

 

ローカル線の撮影では待ち時間が、とても長いことがある。次の列車まで7時間以上とか。
そういう時間の過ごし方も含めて楽しめるのがいいところだけど
「写真を撮りたい~」っていう時におすすめなのが、こちら。
模型をバッグにしのばせておけば、時間が経つのも忘れてしまうほど。
マクロがなければ望遠でも十分楽しむことができる。
寄ったり引いたり様々な撮影方法で普段はありえないような世界が撮れるはず。

D

SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)で撮影

◎焦点距離:600mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/400秒 ISO感度:200

 

Profile

広田 泉広田 泉(ひろた・いずみ)1969年東京都生まれ。

全国に走る鉄道の現在を撮影し写真展、書籍で発表するなか各種イベントやツアー、撮影教室、TVなどで写真の楽しさを広く伝えようと活動している。2011年は自然災害により被災した地域への復旧活動を続けるなか、写真集「ここから始まる。」を刊行。収益を鉄道会社に寄付して線路を繋げる活動にも力を入れ続けている。

鉄道写真.com:http://tetsudoshashin.com

 

広田泉さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD(Model A012)製品ページ:
http://www.tamron.jp/product/lenses/a012.html

SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)製品ページ:
http://www.tamron.jp/product/lenses/a011.html

16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO (Model B016)製品ページ:
http://www.tamron.jp/product/lenses/b016.html

 

<タムロン鉄道風景コンテスト事務局から>
「第9回 タムロン鉄道風景コンテスト」の募集締切が、いよいよ8月25日(木)【消印有効】と迫ってまいりました。
夏休みを利用してのご旅行に、是非とも「鉄道風景」を撮影してご応募ください!

コンテストについての応募方法や詳細はこちら:
http://www.tamron.jp/special/contest/train2016/

16-300mmの高倍率ズームレンズ、コンパクトなボディサイズに秘められた機能、
発売以来愛用しているこのレンズの魅力を改めて見直してみた。

 

まずは、16mmから300mm、18.8倍の作例から。
横浜港の岸壁から大桟橋に停泊していた、85.619t、全長292.56mの大型客船を16mmで撮影、
歪みも少なく、空の色のグラデーションも綺麗に表現出来た。

_MG_3561

◎焦点距離:16mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/1250 ISO400 絞り優先AE

 

300mmは、横浜港、大桟橋から定期観光船桟橋での一コマ、船員の白い制服と外国人観光客の服、
タラップや客船の窓がシャープに撮る事が出来た。
超音波モーター(PZD)による早いフォーカシングでの利点でもある。

_MG_7326

◎焦点距離:300mm 絞り: F/8 シャッタースピード:1/500 ISO200 絞り優先AE

 

ズームレンズは逆光に弱いと言われるが、敢えて太陽を入れた撮影をしてみた。
風の強い海辺での撮影だが、虹色のでた雲、
シルエットになったヤシの木など逆光に強い光学設計やコーティング技術のおかげで綺麗に撮る事が出来た。

4R6A4208

◎焦点距離:16mm 絞り: F/9 シャッタースピード:1/3200 ISO200 絞り優先AE

 

そして、このレンズのシャープさは、開放に近い絞りでの撮影で見てみると、
レトロな常夜灯の文字や縦横の木組みのシャープさ、暖簾と古いポストのディテール等申し分無い解像度だ。

4R6A3580

◎焦点距離:141mm 絞り: F/6.3 シャッタースピード:1/1000 ISO500 絞り優先AE

 

このレンズにはタムロン独自の手ブレ補正機構「VC」が搭載されている。
特に動きのある被写体を瞬時に撮影する場合には、ありがたい機能だ。
手ブレ補正機構「VC」+超音波モーター「PZD」で迅速な撮影が可能だ。
横浜港のドラゴンボート「海龍」を蛇行の軌跡とともに追ってみた。

_MG_7341

◎焦点距離:225mm 絞り: F/11 シャッタースピード:1/250 ISO200 絞り優先AE

 

佃煮「すずめ焼き」を店先で焼いている所を撮影させてもらった。常に動いている手先を止める事無く撮影出来た。

4R6A3527

◎焦点距離:41mm 絞り: F/6.3 シャッタースピード:1/400 ISO500 絞り優先AE

 

私の撮影分野ではクローズアップ撮影が多く最短撮影距離や、ボケ味がレンズ選択の重要な課題となる、
その点、最短撮影距離が全ズーム域で0.39mは最大の強みとなる、
またボケ味を左右する絞り羽根が7枚で円形絞り(開放から2段まで)になる事も特筆すべき機能だろう。
朝市で販売されていた「鯵の開き(干物)」を撮らせてもらった。
朝の弱い光での撮影だが、魚の赤身や骨のディテールが綺麗に撮れた。

4R6A3899

◎焦点距離:50mm 絞り: F/5.0 シャッタースピード:1/500 ISO500 絞り優先AE

 

春のバラ園(5月)で撮影、ズーム最長300mmでのクローズアップ、
水滴等シャープさもさながらボケ味も綺麗な撮影が出来た。

_MG_9527

◎焦点距離:300mm 絞り: F/10 シャッタースピード:1/125 ISO400 絞り優先AE

 

早春の梅の一枝、力強く咲いた一輪を狙って撮影、色も彩りも綺麗だ、
左下の蜘蛛の糸が逆光に光って虹色に、バックの梅の花が円形絞りで表現された好きな写真に仕上がった一枚。

_MG_1057

◎焦点距離:185mm 絞り: F/8 シャッタースピード:1/800 ISO400 絞り優先AE

 

色々な場面で撮影してみたが、このレンズ、常に持って行きたい一本である。

 

Profile

yamamoto山本 弘之(やまもと・ひろゆき)

1944年東京都生まれ。東京綜合写真専門学校卒。
日本を代表する食の写真家として、広告の分野で活躍し続けて居る。マクドナルドの広告や、ファミリーレストランのメニュー、様々な商品パッケージなど、日頃目にする多くの食にまつわる撮影を手がけている。
写真展(個展)15回 共同展多数。
(社)日本広告写真家協会(APA)会員 http://www.y-p-st.com/

 

山本 弘之さんご使用のレンズについて詳しくは、
16-300mmスペシャルサイト:

http://www.tamron.co.jp/lineup/b016/index.html

今年はたくさん旅をするぞー!と思っていたら、春先から1ヶ月間取材で西日本各地へ。
その後、書道家の撮影で訪れたペルー・ボリビア、プライベートで娘と出かけたアイスランド、
写真教室の生徒さんと行った夏の沖縄・黒島など念願が叶っていろいろと旅をする機会に恵まれた。
これらの旅の相棒となって写真やビデオの撮影に応えてくれたのが16-300mm。
従来よりワイドから望遠までグーンと幅が広がったおかげで”ハッ”と感じた時に気に入った画角で”サッ”と撮れる快適さが心地いい。
(書家・浜野龍峰「2015南米行脚」動画を16-300mmで撮影)
https://www.youtube.com/watch?v=9_9TNuvlyLI&feature=youtu.be

いくら良いレンズでも大きすぎたり重すぎるレンズは旅には不向き。
その点このレンズは旅にはもってこいの大きさと重さだから、目の延長感覚で気軽に使うことができて旅の記録がずいぶんと豊かになった。
4月にマチュピチュ村(アグアスカリエンテス)を撮影したとき、高倍率ズームの使いやすさはもちろん、高い描写力も気に入ったので6月のアイスランドにも携行した。
アイスランドの面積は北海道と四国を合わせたくらいの面積なのに車で走ってみるとその大地のスケール感に驚く。
すぐ近くに見える風景も距離感がわからなくなってしまうほどスケールが大きいのだ。

 

ICELAND-01

レイキャビクからアークレイリに向かう途中は荒野の連続。その荒野を横切って延々と続く電柱。
形が統一されていないのが面白い。300mmの圧縮効果のおかげで背景がシンプルな構図になった。

◎1/500秒 F/11 ISO800 300mm EOS7D MarkⅡ

 

ICELAND-02

郊外に出るとなかなか人に出会えないが、時にはこんな優雅な被写体に出会うこともある。

◎1/400秒 F/6.3 ISO250 100mm EOS7D MarkⅡ

 

ICELAND-03

アイスランド南部に位置するヨークルスアウルロウン。
氷河から押し出された氷が湖に浮かぶいかにもアイスランド的な風景。宿の主人の勧めで片道500kmを車で往復した。

◎1/1250秒 F/10 ISO320 16mm EOS7D MarkⅡ

 

ICELAND-04

ヨークルスアウルロウンの帰り道、雄大な海をバックに牧歌的な風景が広がっていた。

◎1/500秒 F/11 ISO320 211mm EOS7D MarkⅡ

 

ICELAND-05

アイスランドの人口は32万人ほどだが、羊はその10倍以上いるという。
ブルーボンネット(ルピナス)の花畑にいた羊たち。アイスランド南部にて。

◎1/160秒 F/9.0 ISO320 46mm EOS7D MarkⅡ
16-300mmは自然の大きさを表現するための広角側や、遠くの景色や羊などの動物をアップで撮影するときに最適な望遠側まで、アイスランドの特徴をいかした撮影をすることができた。首都レイキャビクでは街歩きをしながら、主役になる被写体を時にはアップで、時には周りの状況を入れたりと瞬時に画角を変え、高倍率ズームの醍醐味を楽しみながら撮影を行った。

前回は白夜だったので撮影できなかった夜景やオーロラも16-300mmでぜひ撮影してみたい。

 

Profile

宮城谷 好是宮城谷 好是(みやぎたに・よしゆき)

1949年豊橋市生まれ。篠山紀信門下生。
フォト・ビデオの制作を行う映像制作会社 MIYA STUDIO代表。

・宮城谷好是オフィシャルサイト「TAMATEBAKO」:http://www.tamatebako38.com/
主宰する写真塾「游塾」をはじめ、名古屋の街をグループで撮影するフォトセミナーなども開催。

・名古屋・街撮りサイト:http://www.machidorisubway.com/

4月に訪れたペルー・ボリビアの映像を豊橋美術博物館で5mスクリーンで放映。2016.1.16(土) 穂の国とよはし芸術劇場PLATにてアイスランドの映像を放映予定。

 

*本文中で紹介の、16-300mmで撮影した、アグアスカリエンテスの写真が
『2015/南米の旅』http://y68452.wix.com/peruboliviaからご覧いただけます。

 

宮城谷 好是さんご使用のレンズについて詳しくは、
16-300mmスペシャルサイト:

http://www.tamron.co.jp/lineup/b016/index.html

写真家 阿部秀之氏による16-300㎜スペシャルインタビューが、タムロンホームページで公開されました。ヨーロッパの船旅での魅力あふれる様々なシーンがレンズの特長とともに紹介されています。是非ご覧下さい!

http://www.tamron.co.jp/all_in_one/photo-guide/b016_movie.html

image

タムロンの代表的な高倍率ズームレンズ 2014年発売
16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO (Model B016)

 

タムロンの高倍率ズームレンズは、1992年発売の「AF28-200mm F/3.8-5.6 Aspherical (Model 71D)」以来22年続けてきた高倍率ズームレンズ開発の成果として、2014年9月末時点で累計生産本数500万本を達成いたしました。

22年間にわたり焦点レンジの拡張、驚異的な軽量・コンパクト化の実現、デジタル一眼レフカメラへの対応、手ブレ補正機構「VC (Vibration Compensation)」の搭載、超音波モーター「PZD (Piezo Drive)」の導入など、「高倍率ズームレンズのパイオニア」として革新的な高倍率ズームレンズを開発し続けてきました。

現在、タムロンの高倍率ズームレンズは様々なフォーマットのカメラに対応する広いラインナップを取り揃えています。
特に2014年は世界初となるズーム倍率約18.8倍のAPS-Cサイズ一眼レフカメラ専用の「16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO (Model B016)」、フルサイズ一眼レフカメラ対応の「28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD (Model A010)」、マイクロフォーサーズ・ミラーレス一眼カメラ専用の「14-150mm F/3.5-5.8 Di III (Model C001)」を新たに発売しております。

タムロン高倍率ズームレンズラインナップと歴史はこちらからご覧いただけます。

タムロン高倍率ズーム Lens Lineup(PDF 218KB)
タムロン高倍率ズームの歴史(PDF 350KB)

 高倍率ズームレンズスペシャルサイトはこちら

1 / 512345

カテゴリ