TAMRON LENS BLOG

abe_blog_banner_C_20170612

タムロンの最新ワイドズーム10-24mm F/3.5-4.5 Di ll VC HLD (Model B023) を持ってマルタ島へ行ってきました。マルタ島は世界史に出てきたマルタ騎士団が有名ですが、あまり馴染みにない国です。地中海に浮かぶとても小さな島ですが、いまは日本人の旅行者も増えつつあります。前にも24-70mm(Model A007)を持って訪れたことがあって、つぎに来るときに超広角レンズを持ってきたいと思っていました。

APS-Cの一眼レフで使われている標準ズーム18-55mmは、焦点距離は37mmも変わりますが、画角の変化量は対角線で47.1°です。これに対して10-24mmは焦点距離は14mmしか変わりませんが、画角の変化量は対角線で48.4°で、とても大きいのです。この画角変化量の差が超広角ズームの魅力です。
さぁ、これから6回にわたってマルタ島を探索してみましょう。

 

まずは10mmと18mmの印象のちがいを見比べてください。焦点距離はわずか8mmしかちがいませんが、画角は33.2°もちがうのです。この差が10mmの迫力を生み出します。マルタ島の海はとても綺麗です。このグリーンの海を撮りたかったのです。

DSC_01

◎焦点距離:10mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:100

 

DSC_02

◎焦点距離:18mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/640秒 ISO感度:100

 

街を離れて小一時間ほどバスに揺られてみましょう。街よりもさらに綺麗な海と空が広がります。超広角があれば、海と空と雲だけでも写真が撮れます。僕が若いころに憧れていたある写真家は「海と空があって雲が少し芸をしてくれたらいいんだよ」と言っていました。まさにこれなんです。

DSC_03

◎焦点距離:11mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:100

 

超広角だからといって特別な被写体を探すことはありません。目の前にある光景をそのまま撮ればいいのです。網を手直しする人もいれば、語り合う人たちもいます。その向こうに綺麗な海。10mmの広い画角はそのすべてを1枚に収められます。

DSC_04

◎焦点距離:10mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度:100

 

ただし超広角10mm側ばかりを使うわけではありません。画角が広いということは、ひとつひとつのものが小さく写って伝わりにくくなるということでもあるのです。そんなとき助けてくれるのが24mm側です。
写真は首都ヴァレッタから客船埠頭越しにその奥へ続くスリーシティーズの街を写したものです。10mmでは奥の街のようすは小さくてよくわかりませんが 、24mmでは奥の街が大きく写るのでようすがよくわかります。

DSC_05

◎焦点距離:10mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度:100

 

DSC_06

◎焦点距離:24mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:100

 

超広角の楽しさが伝わってきたでしょうか。縁遠いと思われがちな超広角ですが、ズームだととても使いやすくなります。
ところでビギナーが超広角で撮るときに気をつけたいことがあります。それは太陽の光です。順光、半逆光、逆光とどんな光でも楽しめますが、雲が多い日はポイントが日陰になっているときもあります。広く写せてカッコイイ!と感激していると光線が変わったのに気が付かないことあります。写真は太陽がよくあたっているときと、雲に入って日陰になったときです。ぜんぜん違いますよね。

DSC_07

太陽がよくあたっているとき

◎焦点距離:10mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/400秒 ISO感度:100

 

DSC_08

日陰になったとき

◎焦点距離:10mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/400秒 ISO感度:100

 

abe阿部秀之(あべ・ひでゆき)

東京生まれ。東京工芸大学短期大学部写真技術科卒業。タムロン宣伝課を経て、86年よりフリー。ヨーロッパの風景、コマーシャルなど、幅広いジャンルを撮影。フリーになると同時にカメラ専門誌にも執筆をはじめる。
カメラグランプリ選考委員を87年より歴任。

 

阿部 秀之さんご使用のレンズについて詳しくは、
10-24mm F/3.5-4.5 Di II VC HLD(Model B023)製品ページ:
http://www.tamron.jp/product/lenses/b023.html

今回使用した超広角ズームレンズ10-24mm F3.5-4.5Di ll VC HLD (Model B023)は、
小型軽量で、サクサク撮影ができる。
カメラに装着した際のバランスも非常に良い。
機動性がよく、撮影テンポよく楽しませてくれた。

今回のロケ地は沖縄。
色のある街風景や島の人たちと触れ合いたく、沢山シャッターを切った。
街並みを肉眼で見た世界よりもさらに広い画で撮影したい時にも、活躍してくれる。
身近な街風景を撮影するのもいいけれど、旅にも最適なレンズとしてオススメしたい。

いくつかの街に向かった。
街で出会った男性達は、威圧感のない自然な表情でスナップを撮らせてくれる。
身近な会話を気さくに話しながら、撮影をすることが出来た。
また、10-24mm F3.5-4.5 Di ll VC HLD (Model B023)に搭載された手ブレ補正機構「VC」機能
は、 夕暮れ時の手持ち撮影にも安心感を与えてくれる。
非常にクリアで抜けのいい画を演出してくれた。
旅に1本常備したいレンズ。
是非この機会にいかがでしょうか?

 

IMG_4860縺ョ繧ウ繝偵z繝シ

ビーチに立ち寄り、島を眺める。
ゆっくりと流れる時間を過ごした。

◎焦点距離:10mm 絞り:F/4.5 シャッタースピード:1/8000秒 ISO感度:800

 

IMG_4852縺ョ繧ウ繝偵z繝シ

まち歩きの楽しみの1つである、街の人とのコミュニケーション。
彼らもタコライスを注文し、並んでいたところに声をかけてみた。
何気ない日常会話をしながらの撮影。
レンズが軽いので、サクサク機動性を感じることできる。

◎焦点距離:15mm 絞り:F/4.5 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度:800

 

IMG_4715縺ョ繧ウ繝偵z繝シ

まるで浮き出たかのようなカラフルなイラストが街を彩っている。

◎焦点距離:21mm 絞り:F/5 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:100

 

IMG_4784縺ョ繧ウ繝偵z繝シ

お昼は沖縄のソウルフード、タコライスランチをオーダー。
見事なボリュームに、お腹も満たされた。

◎焦点距離:19mm 絞り:F/4.5 シャッタースピード:1/100秒 ISO感度:100

 

午後の日差しは非常に強く、コントラストの高い街並みもクリアに写し出してくれる。
超広角レンズならではのパースを楽しむことができた。
その先には爽やかな青空が広がっている。

IMG_4259縺ョ繧ウ繝偵z繝シ

◎焦点距離:10mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/1250秒 ISO感度:320

 

IMG_4844縺ョ繧ウ繝偵z繝シ

◎焦点距離:10mm 絞り:F/3.5 シャッタースピード:1/1000秒 ISO感度:100

 

IMG_5124縺ョ繧ウ繝偵z繝シ

宿泊先ホテルの近くを散歩。ガジュマルの木が覆いかぶさるかのよう。
さらに超広角レンズを使うことにより、そのイメージをより大きく見せてくれた。

◎焦点距離:10mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/80秒 ISO感度:800

 

IMG_4996縺ョ繧ウ繝偵z繝シ

夕暮れ時に撮影。
風は強かったが、気持ち良さそうに空に広がる雲を眺め、日が沈んでいくのを待った。
非日常的な場所で、広大な景色を沢山見せてくれた10-24mmは、旅レンズにオススメのレンズである。

◎焦点距離:10mm 絞り:F/4.5 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度:100

 

wakakojet若子jet

岐阜県岐阜市生まれ。名古屋造形大学卒業。 撮影スタジオ勤務後、出版社写真部を経て、写真家松本明彦氏に師事後、独立。
被写体は人物を中心に、雑誌、広告等の撮影をする一方、展覧会でも発表多数。 ライフワークとして街スナップを楽しんでいる。 優しく可愛く綺麗な世界観を得意とする。

 

2016年7月、若子jet写真集「キッチュa GO!!GO!! 浪花編」好評発売中。
https://wakakojet.thebase.in

ブログ:若子jetのセンチメンタル日記
http://wakakojet.exblog.jp/

Instagram https://www.instagram.com/wakakojet/
twitter https://mobile.twitter.com/wakakojet

 

若子jetさんご使用のレンズについて詳しくは、
10-24mm F/3.5-4.5 Di II VC HLD(Model B023)製品ページ:
http://www.tamron.jp/product/lenses/b023.html

気づけば新緑まぶしい初夏の足音が聞こえてきた今日この頃。暖かなこの季節になると、景色に赤や緑、黄などなど、いろんな色が目を楽しませてくれるようになり、自然と写欲も湧いてきます。

と、こんな季節にピッタリなレンズが、先日タムロンから発売された「10-24mm F/3.5-4.5 Di II VC HLD」です。このレンズは、APS-Cサイズのデジタル一眼レフカメラ用に作られた交換レンズなのですが、APS-Cサイズ用の超広角ズームって現行品はどれも設計が一昔前のものが多いので、購入するのためらってしまうんですよね。35mm判フルサイズ用なら同じくタムロンの「SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD」を始めとして、最新設計の優秀なレンズが多くそろっているのですけど…

そんな中にあって、本レンズは、2000万画素超が当たり前になった現代のAPS-Cサイズ・デジタル一眼レフカメラに対応して設計された超広角ズームです。マウントがちゃんと金属製になっているなど、光学性能だけでなく、耐久性や操作性もバッチリ質感高く作られた、待望の本格的超広角ズームなのです。しかもタムロンが得意とする手ブレ補正機構「VC(Vibration Compensation)」付き。

そうした訳で今回は、最新の超広角ズームが見せてくれる実力を、「身近で気軽に撮れるけれども、せっかくの一眼レフなので本気で」という視点で、作例を紹介していきたいと思います。「超広角を使いこなせるようになったら一人前」と言われることもありますしね。

撮影は全て手持ちで行っています。

 

snhr_001

超広角ズームと言えば、何と言っても、引きの取れない場所で被写体を広く写せることが最大の特長。東京スカイツリー内のすみだ水族館の名物である、広大なペンギンゾーンを一枚の画像に収めることができました。焦点距離は広角端の10mm、35mm判換算で約15mm相当の超ワイドな世界だからこそ可能な表現です。

◎焦点距離:10mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/4秒 ISO感度:800

 

snhr_002

同じく、すみだ水族館での一コマ。クラゲの生態を紹介する特設のスペースだそうですが、「近未来のラボ」的に幻想的な印象を出してくれていますね。こちらは望遠端の24mm、35mm判換算で約36mm相当の画角です。1/4秒のシャッター速度でもぶらさず撮れたのは手ブレ補正機構「VC」のおかげ。むやみにISO感度を高くせずに撮れるのは大助かりです。

◎焦点距離:24mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/4秒 ISO感度:200

 

snhr_003

家族と一緒に水族館へ行ったときなどに、ぜひ押さえておきたいのが人と水族館が一緒に写った記念写真。人の視角に近いと言われる望遠端の自然な画角と、手ブレ補正機構「VC」があれば、水中の世界に感動する、ご家族のありのままの姿を綺麗に写し撮ることができます。

◎焦点距離:10mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/6秒 ISO感度:100

 

snhr_004

さて、水族館を離れたら、美味しく食べたご飯の写真も綺麗に記録しておきたいところですね。ズーム域の広い本レンズなら、望遠端の自然な画角と、24cmまで寄れる近接撮影能力で、美味しそうな料理をさらに美味しそうに撮ることができます。手ブレ補正機構「VC」は、通常、被写体の距離が遠いほど効果が発揮されますが、シャッター速度が1/6秒しかなかったこの場合でも、しっかりブレを防いでくれました。

◎焦点距離:24mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/6秒 ISO感度:200

 

snhr_005

お昼寝中の猫を撮影させてもらいました。ただ撮るだけではつまらないので、広角端を使って被写体(猫の顔)にグッと近寄って撮影しています。猫としては「えっ?」と思うくらいレンズが近寄っていますが、おかげで猫の全身に加え、猫が暮らす付近の状況も一緒に写し込むことができました。こうした表現も超広角レンズ独特の特性です。

◎焦点距離:10mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/640秒 ISO感度:100

 

snhr_006

春の花であるシャガが群生していました。最短撮影距離の24cmまで寄って撮影しています。近くのものは大きく、遠くのものは小さく写るという、超広角レンズの特性によって遠近感を強く表現できました。2平方メートルに満たない小さな群落が広大な湿地のように見えます。

◎焦点距離:10mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/60秒 ISO感度:100

 

snhr_007_r

満開を過ぎてしまった桜も、夕焼けの光によって情緒ある風情を写すことができました。画面内の情報量が多く構図をまとめるのが難しい超広角レンズですが、ズームレンズなら不必要なものが入らないように焦点距離を調節できるので、被写体を上手く配置できます。本レンズは2.4倍という広いズーム比をもっているので、入門用のワイドレンズとしても扱いやすくオススメできる1本です。

◎焦点距離:12mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/20秒 ISO感度:100

 

sonehara曽根原 昇(そねはら・のぼる)

信州大学大学院修了後に映像制作会社を経てフォトグラファーとして独立。2010年に関東に活動の場を移し、雑誌・情報誌などの撮影を中心にカメラ誌等で執筆もしている。
写真展に「イスタンブルの壁のなか」(オリンパスギャラリー)など。

 

 

■取材協力:すみだ水族館
クラゲとペンギンの大型水槽で春の特別演出実施中!
詳細は、すみだ水族館 公式ホームページをご覧ください。
http://www.sumida-aquarium.com/

すみだ水族館 公式Facebook
https://www.facebook.com/Sumida.aquarium.official

 

曽根原 昇さんご使用のレンズについて詳しくは、
10-24mm F/3.5-4.5 Di II VC HLD(Model B023)製品ページ:
http://www.tamron.jp/product/lenses/b023.html

本日、タムロンは新製品2機種の発売を発表しました。

 

■SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2(Model A025)
大幅な進化を遂げた最新の大口径望遠ズームレンズ誕生
光学設計を一新、望遠撮影の可能性を拡げるAF速度向上と手ブレ補正5段を実現

35mm判フルサイズデジタル一眼レフカメラ対応の大口径望遠ズームレンズの新製品、 SP 70-200mm G2 を新発売。
光学・機構・電子設計を見直すことで光学性能の向上のみならず、AFスピード、精度の向上、手ブレ補正機構の強化や最短撮影距離の短縮を実現。
また、eBANDコート・防汚コート、防塵防滴構造の採用、テレコンバーターへの対応など、大口径望遠ズームレンズに必要な全ての性能を大幅に進化させています。
新しいSPデザインを施すことで、操作性や外観デザインも向上しています。

発売日:2017年2月23日(ニコン用、キヤノン用)
写真: SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2(Model A025)

 

img

くわしくは...
ニュース:http://www.tamron.co.jp/news/release_2017/0207_2.html
製品ページ:http://www.tamron.jp/product/lenses/a025.html

 

■10-24mm F/3.5-4.5 DiⅡ VC HLD (Model B023)
手ブレ補正機構「VC」を搭載しながら小型化を実現
クラス最大の焦点レンジを持つ超広角ズームレンズを発売

デジタル一眼レフカメラ(APS-Cサイズ相当)専用の超広角ズームレンズの新製品、
10-24mm を新発売。
35mm判換算で超広角16mmから準広角37mm相当までの幅広い広角域をカバーし、人間の視野を遥かに超える雄大な風景から何気ない日常の光景まで、様々なジャンルの撮影に適しています。光学性能の抜本的な見直しをはじめ、基本性能の向上を図り、ズーム全域で高い描写性能を実現しています。手ブレ補正機構「VC」、新モーター「HLD(High/Low torque modulated Drive)」、簡易防滴構造、防汚コートなど、タムロンが培ってきた最新技術を惜しみなく搭載しながらもコンパクトサイズを実現。
外観にはSPシリーズの新ラインナップの流れを組むデザインを新たに採用し、撮影時の操作性、機能性を追求した1本です。

発売日:2017年3月2日(ニコン用)
2017年3月23日(キヤノン用)
写真: 10-24mm F/3.5-4.5 DiⅡ VC HLD (Model B023)

 

img

くわしくは...

ニュース:http://www.tamron.co.jp/news/release_2017/0207.html
製品ページ:http://www.tamron.jp/product/lenses/b023.html