TAMRON LENS BLOG

雲ひとつない青空が広がる週末、「18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD(Model B028)」をパートナーに、少し足を延ばして広い公園に遊びに行きました。

動き回る子供を撮るためには、広角側も望遠側も幅広くカバーする超望遠高倍率ズームレンズはとっても便利。その元気な表情をカメラに収めるためには、ちょこちょこ動く子供の前に周り込んでシャッターを切る必要があるので、長さ121.4mm、重さ705gとコンパクトで軽量なのもありがたいです。

このような日常のシチュエーションでは、自然な表情とその場の雰囲気を写し込むような撮影がお勧めです。

通常、ポートレートは顔に影が出るような光の状態では撮影はしませんが、動き回る子供に逆光や半逆光の場所を選んで止まってもらうのは現実的ではありませんし、なにより自然な表情が失われてしまいます。そんなときは“撮影した日の天気”がわかる写真を心掛けてみましょう。撮影日は太陽が眩しいほどの秋晴れで、子供も眩しさに目を細めながら遊びまわっていました。そんな状況がわかる写真を撮っておくと、後から見返したときに「この日は久し振りに晴れて暖かかったな」なんて思い出話の役に立ちます。

また、子供の笑顔に惹かれてどうしても顔のアップの写真が多くなりがちだと思いますが、広角側を使って“どこで遊んだか”がわかる写真も撮っておきましょう。数年経つと意外と忘れがちなのが撮影した場所の情報だったりします。

あとは一緒に遊びながら自分も笑顔で撮影しましょう。楽しくシャッターを切ることが子供の自然な笑顔を引き出すポイントです。多少の手ブレは手ブレ補正機構の「VC(Vibration Compensation)」が、ピント合わせに自信がない方はタムロン独自開発の「HLD (High/Low torque-modulated Drive)」が実現した高精度AFが助けてくれます。

いつもカメラ目線のピース写真ばかりではなく、一瞬も留まることなくころころと変わる天真爛漫な表情をたくさん撮ってあげましょう!

 

850_1513_n

◎焦点距離:400mm 絞り:F/7.1 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:100
撮り始めは、カメラに慣れるまで望遠側で撮影すると子供の警戒心も薄れます

 

850_1582_n

◎焦点距離:145mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:100
100~200mmは子供がカメラを意識せず、声も届く範囲なのでキッズスナップでは撮影しやすい焦点距離です。自然な動作や表情を狙うとGOOD

 

850_1702_n

◎焦点距離:50mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:100
普段ならあまり撮らない、太陽が思いっきり顔を照らしているカット。でもキッズスナップは、その場の状況を写し取ることで見返したときに楽しい思い出となります

 

850_1806_n

◎焦点距離:100mm 絞り:F/5.3 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:100
とはいっても王道の逆光ふんわりポートレートも撮っておきましょうね!

 

850_1540_n

◎焦点距離:18mm 絞り:F/7.1 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:100
どんな場所で遊んだかがわかるような、広い画のカットも広角側で押さえておきましょう

 

850_1568_n

◎焦点距離:350mm 絞り:F/7.1 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:100
いつも笑顔のカットばかりだとフォトアルバムにしたときにバリエーションがなくてつまらなくなります。積極的に笑顔以外のカットも撮っておきましょう!

 

850_1622_n

◎焦点距離:18mm 絞り:F/3.5 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:100
撮影最短距離は45cmなのでぐぐっと寄ることもできます。背景まで写し込むために広角側で撮影

 

850_1965_n

◎焦点距離:400mm 絞り:F/6.7 シャッタースピード:1/640秒 ISO感度:100
走る前の準備運動。撮られている感覚のない望遠側なので油断して変な顔に(笑)

 

850_1948_n

◎焦点距離:400mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:100
飛び跳ねている顔にしっかりとAFが合って、シャープに描き出してくれているのはさすがです

 

850_1960_n

◎焦点距離:46mm 絞り:F/7.1 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:100
一番撮りやすい標準の焦点距離では、声掛けをしながらもファインダーから目を離さずに沢山シャッターを切りましょう!

 

850_1990_p

◎焦点距離:18mm 絞り:F/4.5 シャッタースピード:1/640秒 ISO感度:100

「疲れた~」と寝転んだ姿を広角側で。ズーミングがスムーズなので素早い動きにも対応できました

 

misaki水咲奈々(みさきなな)

東京都出身。大学卒業後、舞台俳優として活動するがモデルとしてカメラの前に立つうちに撮る側に興味が湧き、作品を持ち込んだカメラ雑誌の出版社に入社し編集と写真を学ぶ。現在はフリーの写真家として雑誌やイベント、写真教室など多方面で活動中。興味を持った被写体に積極的にアプローチするので撮影ジャンルは赤ちゃんから戦闘機までと幅広い。(社)日本写真家協会(JPS)会員。

WEBSITE http://misakinana.com
Instagram https://www.instagram.com/_nana.misaki_/
twitter https://mobile.twitter.com/_nanamisaki_

 

水咲奈々氏にお使いいただいた18-400mmの製品情報はこちら
18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD(Model B028)製品ページ

秋の一日、山形県を走るローカル線「山形鉄道」を撮影して過ごしました。沿線には長閑な田園地帯が広がっています。

相棒のレンズは「18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD」(Model B028)。ズーム比が22.2倍という、これだけズーム域の広いレンズですから今日はこれ一本のみ。機材が軽いと心も軽くなります。

早朝は朝靄の立ちこめるコンディションでしたが、さっそく望遠端400mmの威力を確かめようと、直線が見通せる場所で正面から列車を狙いました(写真1)。鉄道写真は望遠レンズの使用頻度が高いジャンル。場所的な制約が多く「あともう少し焦点距離が長ければ」と思うこともしばしばです。このレンズの望遠端400mmは35mm判換算で620mm相当という超望遠の領域で、長さはじゅうぶんです。画面の不要な部分の整理から圧縮効果をいかした撮影、迫力のアップ狙いなど、鉄道写真にうってつけと言えます。これが収納時には全長約12センチというコンパクトに収まり、携行もラクで嬉しいところ。

 

01_0154

(写真1)

◎焦点距離:400mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:800

 

車両アップの次は田園地帯を走る列車をワイド端18mmで黄金色の稲穂に寄って撮影しました(写真2)。先ほどの望遠端で撮影した写真と同じレンズとは思えない画角の違いを実感。22.2倍のズーム比に驚きました。

02_0217

(写真2)

◎焦点距離:18mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/1250秒 ISO感度:400

 

田園を離れ、次に訪ねたのは古い木造駅舎。今回訪ねた「山形鉄道」は、山形新幹線も停車する赤湯駅と終点の荒砥駅を結ぶ全長30.5kmのローカル鉄道で大正期に全線開通しました。沿線には、そんな大正時代に建てられた木造駅舎が2棟残っています。そのひとつ「羽前成田駅」を駅前通りから望遠で狙うと、圧縮効果で駅の背後にある防風林が強調されました。駅のすぐ前から見るのとは違った、レンズを通した新たな発見がありました(写真3)。そのまま駅舎に向かい、今度はワイド端で駅舎内のきっぷ売り場の周囲を撮影。木造の雰囲気とともに、木目模様まで詳細に描写してくれました(写真4)。

03_0025

(写真3)

◎焦点距離:322mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/400秒 ISO感度:800

 

04_0312

(写真4)

◎焦点距離:18mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/80秒 ISO感度:800

 

このレンズを使用して驚いたのは、かなりの近接撮影ができることです。ズーム全域で45cmまで寄って撮影ができます。望遠端400mmの最短撮影距離でもう一棟の木造駅舎「西大塚駅」の待合室にあるベンチの表面を撮影。年輪の浮き上がった木目の表情を切り取ってみました(写真5)。高倍率ズームながら、テレマクロとして使えるのに「何て自由自在なレンズだろうか」と感心。また、マクロ撮影ではカメラブレが心配ですが、手ブレ補正機構「VC」がアシストしてくれ、安心して撮影に専念できました(写真6)。

05_0550

(写真5)

◎焦点距離:400mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/50秒 ISO感度:800

 

06_0578

(写真6)

◎焦点距離:44mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:800

 

駅の撮影を終え列車に乗ると、線路脇にススキが穂を出しているのを発見。傾きかけた太陽に輝くススキを背景に列車を狙います。ピントは主題であるススキで列車は後ボケになりますが、ヘッドライトの滲みなどボケ具合に嫌みがなく好感が持てる描写です(写真7)。また列車のヘッドライトを正面から拾った際のゴースト、フレアーも今回撮影したケースでは特に気にならない仕上がりでした(写真8)。また、どちらも同じ望遠端400mmで撮影していますが、手ブレ補正機構「VC」の効果でカメラブレせずに撮影できました。特に日没直後の(写真8)はシャッター速度も1/250秒と、焦点距離400mm(35mm判換算で620mm相当)の手持ちにはやや厳しいと思われましたが全く問題ありませんでした。

07_0688

(写真7)

◎焦点距離:400mm 絞り:F/7.1 シャッタースピード:1/1250秒 ISO感度:400

 

08_0726

(写真8)

◎焦点距離:400mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:1250

 

「秋の日はつるべ落とし」と言いますが、太陽が西の山の端へ隠れてしまうと、夜の訪れはあっという間です。夕方と夜の間の僅かな時間、レンズをワイド側にセットし画面に細い「月」を入れ込んで列車を捉えます。低照度下で夕暮れ空の細やかな階調を再現してくれました(写真9)。最後に夜の鉄橋を渡るシーンを流し撮りして一日の撮影終了。古い橋のトラスが列車のヘッドライトに浮かぶ様子を捉えることができました(写真10)。

09_0792

(写真9)

◎焦点距離:25mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/200秒 ISO感度:1600

 

10_0816

(写真10)

◎焦点距離:42mm 絞り:F/4.5 シャッタースピード:1/3秒 ISO感度:3200

 

高倍率に加え、近接撮影も得意、そして400mmの超望遠を気軽に携行できる「18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD」(Model B028)。撮り手の「こうしたい」に応えてくれるのはもちろん、新たな発見を導いてくれるような、オールマイティー以上のレンズだという感想を持ちました。
(掲載許可:山形鉄道)

 

yoneya米屋こうじ

1968年山形県生まれ。生活感ある鉄道風景のなかに人と鉄道の結びつきを求めて、日本と世界の鉄道を撮影している。著書に新刊「ひとたび てつたび」(ころから)、「鉄道一族三代記」(交通新聞社)、写真集「I LOVE TRAIN—アジア・レイル・ライフ」(ころから)ほか。公益社団法人 日本写真家協会(JPS)会員。

 

・ホームページ http://www.geocities.jp/yoneya231/index.html
・Fasebook https://www.facebook.com/yoneya231
・著書「ひとたび てつたび」(ころから) http://korocolor.com/book/hitotabitetsutabi.html

 

米屋こうじ氏にお使いいただいた18-400mmの製品情報はこちら
18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD(Model B028)製品ページ

「18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD」(Model B028)使用レポート

 

東京・深川で行われた、冨岡八幡宮の5日間にわたる祭礼の撮影を引き受けました。日ごろ商品撮影をメインにしているので、本格的な祭りの撮影は概ね30年ぶりとなります。今回は3年に一度の本祭りで、周辺の町会の神輿が50基以上集まり、真夏の下町を連続して渡御(とぎょ)します。時間にして6時間以上、距離も8キロを超えます。担ぎ手を支えるのが各所で行われる「水かけ」です。私もかぶりましたが、助かります。もしかぶらなかったら熱中症で倒れていました。

今回の撮影依頼は神輿の連合渡御と厳かに行われる神事、5日間のすべての記録でした。そして、やはり山場は勇壮な神輿への水かけ場面です。その厳しい環境の中で、どんな撮影機材で臨むかは、重要課題でした。ちょうど18-400mmという目的にぴったりなレンズを初めて使うことができました。

不意にやってくるシャッターチャンスに素早く対応できて、自分が動けない場所にいてもフレーミングの自由度が高く、レンズ交換をしなくて済むため、落下やカメラ内への異物の侵入も防げます。今回、これらの条件は見事にクリアーし、夜になってからのスローシャッターでの手ブレ補正効果も大きく、神事の際もAF作動音は静かで気兼ねなく撮影できました。加えて、コンパクトで手に持った感触がとても良かったことが、素晴らしいショットを多く残せたことになりました。単焦点レンズでじっくりボケ味や画質を突き詰めるのも良いのですが、決定的瞬間を取りこぼさず、最適な画角で切り取る18-400mmは最適な選択でした。

なお、水かけや雨天の日もありレンズは多少は濡れましたが、タオル1本と帰宅後の保管庫への収納で、全く問題なく働いてくれました。

 

ゴール間近で担ぎ手はますます熱くなる。真夏の深川神輿は、水かけが嬉しい。

◎焦点距離27mm、絞り優先オート、F/10、1/800秒、-1/3補正、WB/晴天、ISO400、RAW、APS-Cカメラで撮影(Nikon D500)

 

b_DSC2310a

大量の水が掛けられるシーン。程よい圧縮効果で神輿と水が浮き上がって表現できました。

◎焦点距離100mm、絞り優先オート、F/9、1/320秒、+1/3補正、WB/晴天、ISO400、RAW、APS-Cカメラで撮影(Nikon D500)

 

c_DSC3402a

狙って写した1枚。ファインダーを覗いている間も手ブレ補正が効いているので、ブレがなくストレスが少ないのです。

◎焦点距離170mm、絞り優先オート、F/8、1/500秒、+1/3補正、WB/晴天、ISO200、RAW、APS-Cカメラで撮影(Nikon D500)

 

d_DSC3113a

担ぎ手の女性のアップを狙いましたが、望遠域でも手ブレ補正のおかげで快適に被写体をとらえ続けられました。

◎焦点距離370mm、絞り優先オート、F/9、1/640秒、+1/3補正、WB/晴天、ISO400、RAW、APS-Cカメラで撮影(Nikon D500)

 

e_DSC2368a

地元の消防団も水かけに大活躍。祭りの記録は神輿のアップだけではありません。構図が大きく変えられるのは現場で助かります。

◎焦点距離29mm、絞り優先オート、F/8、1/500秒、+1/3補正、WB/晴天、ISO400、RAW、APS-Cカメラで撮影(Nikon D500)

 

f_DSC3520a

急に起きたハプニングでも高倍率ズームは決定的瞬間を逃さない。

◎焦点距離58mm、絞り優先オート、F/10、1/500秒、+1/3補正、WB/晴天、ISO200、RAW、APS-Cカメラで撮影(Nikon D500)

 

g_DSC2171a

早朝からもうずぶぬれ。これから8キロの道のりを担ぎます。望遠で素敵な表情に迫りました。

◎焦点距離75mm、絞り優先オート、F/8、1/250秒、+1/3補正、WB/マニュアル、ISO400、RAW、APS-Cカメラで撮影(Nikon D500)

 

h_DSC2710a

深川は堀と橋の町。隣の橋を渡る神輿を撮影。固定された場所からでもレンズ交換なしに引きとアップの両方が素早く撮影できました。

◎焦点距離270mm、絞り優先オート、F/7.1、1/1250秒、+2/3補正、WB/マニュアル、ISO400、RAW、APS-Cカメラで撮影(Nikon D500)

 

i_DSC2957a

脚立の上から反射的にシャッターを押しました。集団の中で子供の表情が光ります。

◎焦点距離44mm、絞り優先オート、F/10、1/640秒、+1/3補正、WB/晴天、ISO400、RAW、APS-Cカメラで撮影(Nikon D500)

 

j_DSC9339a

薄暗くなり始めた境内にて。舞台を撮影中に、私の手前の女性が視野に入りました。すぐさま構図を変えて撮影。落ち着いた雰囲気の1枚です。近距離でも、諧調が広く質感描写がしっかりしています。

◎焦点距離185mm、絞り優先オート、F/6、1/200秒、露出補正なし、WB/マニュアル、ISO800、RAW、APS-Cカメラで撮影(Nikon D500)

 

k_DSC8782a

大混雑で、走って行ったら間に合いません。こんな時でも高倍率ズームは頼りになります。境内の階段を下りてくる御神輿。

◎焦点距離170mm、絞り優先オート、F/8、1/250秒、+1/3補正、WB/マニュアル、ISO400、RAW、APS-Cカメラで撮影(Nikon D500)

 

l_DSC8295a

子供神輿は初日に町内を回ります。急な出現で慌てて追いかけましたが、そこは狭い路地。おおよそ画角を決めて、高くカメラを持ち上げて撮影。3枚撮ったうちの1枚です。

◎焦点距離300mm、絞り優先オート、F/8、1/640秒、-2/3補正、WB/マニュアル、ISO800、RAW、APS-Cカメラで撮影(Nikon D500)

 

m_DSC0263a

神輿の宮入りは夜まで続きます。このズームはギリギリのフレーミングもとっさにできて、点光源があっても暗部の描写がしっかりしています。

◎焦点距離58mm、マニュアル露出、F/6.3、1/40秒、WB/晴天、ISO3200、RAW、APS-Cカメラで撮影(Nikon D500)

 

kawamura川村容一

1959年下町の荒川区に生まれる。スタッフカメラマンとして勤務時は様々な被写体を追う日々が続き、フリーとなってから商品、インテリア、人物、資料館所蔵品の撮影などが多い。現在は写真教室講師、レビュー記事の執筆も行う。バイクと猫と和菓子が好き。(公社)日本写真家協会会員 2012年個展「葛飾小菅、昭和のある町」、グループ展多数

ブログ:「下町写真家、今日もはよから起きてみたけど」
https://blogs.yahoo.co.jp/kawacame1959

 

川村容一氏にお使いいただいた18-400mmの製品情報はこちら
18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD(Model B028)製品ページ

このたび「デジタルカメラグランプリ2018」にて、好評発売中の超望遠高倍率ズームレンズ18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD(Model B028)が、デジタル一眼用交換レンズにおいて最高位の「総合金賞 <交換レンズ/デジタル一眼>」および全部門から画期的な製品や技術に対して選出される「技術賞」をダブル受賞いたしました。さらに、大口径標準ズームレンズSP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032) が、交換レンズ<サードパーティー/フルサイズ一眼用>部門の「金賞」を同時に受賞いたしました。

なお、世界で初めて*APS-Cサイズ用として18-400mmまでの焦点距離、ズーム比22.2倍を実現した18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model B028) は、「EISA フォト・イノベーション 2017-2018」に続く受賞となります。

*) デジタル一眼レフカメラ用交換レンズとして。(2017年5月現在。タムロン調べ)

 

■18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD(Model B028)

『総合金賞<交換レンズ/デジタル一眼>』および『技術賞』ダブル受賞

b028

 

■SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)

『金賞』交換レンズ<サードパーティー/フルサイズ一眼用>部門

a032

 

◎デジタルカメラグランプリ受賞について詳しくは以下よりご覧いただけます。
18-400mm、SP 24-70mm G2、デジタルカメラグランプリ受賞のお知らせ

◎受賞レンズについての詳しい情報はこちら
18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD(Model B028)(Model B028)製品ページ
SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)(Model A032)製品ページ

『デジタルカメラグランプリ2018 お買い物ガイド』に掲載の、タムロンレンズの記事がご覧いただけます。

dgp2018 > PDF:854KB

写真家・並木隆氏が、旅先で出会ったシーンを18-400mmで撮影。
刻々と変る目の前の景色を、高倍率ズームの機動性を活かして撮影した写真をご覧下さい。

 

_MG_0109

◎焦点距離:400mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/25秒 ISO感度:1600

 

_MG_0059

◎焦点距離:400mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/13秒 ISO感度:3200

 

_MG_0960

◎焦点距離:18mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/80秒 ISO感度:100

 

_MG_1033

◎焦点距離:35mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度:100

 

_MG_0026

◎焦点距離:400mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/160秒 ISO感度:1600

 

_MG_0092

◎焦点距離:42mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/15秒 ISO感度:1600

 

_MG_0050

◎焦点距離:18mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/50秒 ISO感度:100

 

_MG_0067

◎焦点距離:209mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/80秒 ISO感度:1600

 

_MG_0239

◎焦点距離:18mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/4秒 ISO感度:400

 

フルサイズ換算で640mm相当の画角が得られる望遠側。超がつく焦点距離域は、ちょっとした身体の動きでフレーミングが大きく変わってしまいます。しかし、搭載されているVC機構は、2.5段分というスペック以上の効果を体感することができました。OFF時との差は歴然で、望遠側で撮影していても細かなフレーミングがしっかりできるくらいファインダー像が安定しています。

夕暮れ時の光がどんどん少なくなっていく状況で、積極的に望遠側を使って、手持ち撮影ができるのは非常に大きなメリット。望遠側が延長されても、気軽に手持ち撮影ができなければ、単に使いにくいレンズになってしまいますからね。
とはいえ、陽が沈んで光が少なくなると、流石にどこでもというわけにはいかなくなります。でも、ここが高倍率のメリット。ISO感度を上げていっても手ブレしてしまうようなら、300mm、200mmと徐々に短い焦点距離を選択していけばいいのです。焦点距離が短いほど手ブレはしにくくなりますからね。
レンズ交換をせずに、広角18㎜から超望遠400mmまで焦点距離が選べる、高倍率ズームならではの機動性の高さとメリットを感じました。

 

namiki並木 隆

1971年生まれ。
高校時代、写真家・丸林正則氏と出会い、写真の指導を受ける。
東京写真専門学校(現・東京ビジュアルアーツ)中退後、フリーランスに。
花や自然をモチーフに各種雑誌誌面での作品発表。
日本写真家協会、日本写真協会、日本自然科学写真協会会員。

 

並木 隆氏にお使いいただいた、18-400mmの製品情報についてはこちら
18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD(Model B028)製品ページ

1 / 212

カテゴリ