TAMRON LENS BLOG

f004_ishi_blog

 

駆け出しの頃の私は、花を撮るなら「開放!」でOK!と言っていましたが、
2012年11月に発売されたタムロンSP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model F004)を手に入れてから考えが変わりました。
玉ボケが背景に出ない時はF2.8開放で撮影して、朝露や水面を背景にして「玉ボケ」を生かす場合は、
1段絞って撮影した方が玉ボケが丸くなり、
開放で撮影すると画面四隅の玉ボケが「口径食」の影響でレモン型になる現象も緩和できます。

あと、このレンズの面白い点は、F16に絞り込んで滴を撮影すると太陽の煌きが、
まるでクロスフィルターを使ったかのような、美しい光芒を楽しめます。
絞り込んで撮影するとシャッタースピードが遅くなりブレる可能性が高くなりますが、
手ブレ補正付の新型マクロなら、しっかりとカメラを構えれば、1/8秒くらいでも手持ち撮影可能です。

 

朝露と光芒

朝露と光芒

普通、朝露を撮影する場合は開放気味で狙い玉ボケを生かして撮影しますが、
新型90mmF2.8マクロを使っていたので、F16まで絞り込んで撮影して美しい光芒を生かしました。
この光芒をファインダー内で確認する方法を伝授します。
プレビューボタン(被写界深度確認ボタン)を押すと光芒が見えますので、押しながらフレーミングを決めます。

◎フルサイズカメラ、SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F004)
絞り優先AE F16 シャッタースピー1/60秒 ISO400 WB太陽光

 

フジ

フジ

直射光でフジを写すと微妙な色合いが出ないので、日陰の部分を狙いました。
開放だと玉ボケは出ませんが、1段絞ってF4で撮影することで柔らかな玉ボケが背景に出ました。
新型90mmF2.8マクロは、F4で撮ることが殆どです。

◎フルサイズカメラ、SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F004)
絞り優先AE F4 シャッタースピー1/500秒 ISO100 +2EV補正 WB太陽光

 

レンゲショウマ

レンゲショウマ

夏の森の代表的な花、レンゲショウマ。
背景の木々の葉をぼかして撮影しても面白くないので、木漏れ日が入る背景を探して、
花にピントを合わせることで玉ボケを出して、意図的に花と重ねて花を際立たせてみました。
構図的には花1輪ではバランスが悪いので、右側にツボミを入れ、左右で対比させてバランスをとりました。

◎フルサイズカメラ、SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F004)
絞り優先AE F4 シャッタースピー1/125秒 ISO100 +1EV補正 WB太陽光

 

朝露と玉ボケ

朝露と玉ボケ

朝露の写真を撮りたいなら、晴天の風の無い早朝の野原に出掛けてみましょう。
きっと朝露をまとってキラキラと輝く朝露に出会えると思います。
新型90mmF2.8マクロでの撮影なので、F4に絞り美しい玉ボケを表現しました。
朝露を撮影する時は、一番朝露がキラキラ輝くアングルを探して撮ることが大切で、
ピントは滴の輪郭か滴の中に映り込んだ風景に合わせる方法があります。

◎フルサイズカメラ、SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F004)
絞り優先AE F4 シャッタースピー1/400秒 ISO100 WB太陽光

 

チューリップと光芒

チューリップと光芒

林を背景にチューリップを狙い、木漏れ日を玉ボケで撮影しょうと被写体発見時は考えていましたが、
ファインダーを覗くと「絞って光芒を生かそう!」とひらめいて、
F16に絞り込んで木々の間から時々見える太陽を光芒にして撮影しました。

◎フルサイズカメラ、SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F004)
絞り優先AE F16 シャッタースピー1/40秒 ISO400 +1EV補正 WB太陽光

 

Profile

石井孝親

石井 孝親(いしい・よしちか)
1967年9月、横浜生まれ。東京写真専門学校卒業後、写真館勤務。2000年4月から自然写真家として活動開始。現在、身近な足元の自然をテーマに、写真展、写真雑誌、カレンダー等で幅広く活躍中!
写真集に「光と彩の季節・日本カメラ社」、技術書に「光を生かす花撮影術・日本カメラ社」など。自ら主宰する「フォトクラブ光と彩」で横浜、東京にてアマチュア写真家の指導にも力を入れている。
公式HP・石井孝親のネイチャーフォト http://www2.ttcn.ne.jp/~naturephoto/

 

石井孝親さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 90mm (Model F004)スペシャルサイト:http://www.tamron.co.jp/lineup/f004/index.html

f004_ishi_blog

 

花の写真をより魅力的に仕上げる為には、ピントの合った部分の前後にできる
アウトフォーカスのボケの部分を最大限に生かすことが大切です。
タムロンの全てのマクロレンズはボケ味が美しいので、私のメインマクロレンズとなっています。
特に90mm F2.8マクロが好きで、初代モデルから最新モデルまで全てを使ってきました。

ボケを生かすには、基本的には絞り値を開放気味にセットすることです。
基本は花にピントを合わせ背景をぼかす「後ボケ」で、
ローアングルから狙うと背景が遠くなり花の背景を美しくぼかすことが可能です。
難しいのが「前ボケ」で、花の手前に花や葉がレンズの前に被るようなカメラアングルで撮影すると
前ボケを生かすことが可能で、レンズフードを外して撮影することもお忘れなく!
「前ボケ」を生かすと、まるでソフトフィルターを使ったかのようなファンタジックなボケになりますので、
露出補正は、プラス気味に明るく仕上げるのがコツです!

 

41879-272e

ツクシ

アングルファインダーを使い、虫の目線でツクシを撮影しました。
ツクシの前にある朝露に付いた草をぼかして「前ボケ」を作ったので、リズミカルな美しい玉ボケが出ました。

◎フルサイズカメラ、SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (Model 272E)
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/640秒 ISO100 +0.7EV補正 WB太陽光

 

カタクリ

カタクリ

春の妖精と呼ばれるカタクリを狙いました。
脇役のカタクリを意図的に曇り空の中に入れ、「影絵的」なボケを生かしました。
近づきすぎると影がボケすぎるので、影の花の形が一番美しく見える距離を前後にカメラを動かして
丹念にベストポイントを探し撮影しました。

◎フルサイズカメラ、SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (Model 272E)
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/500秒 ISO100 +0.7EV補正 WB太陽光

 

ツキミソウとクモの巣

ツキミソウとクモの巣

基本的には前ボケを生かす場合には、開放気味で撮影することが多いのですが、
この写真の場合はクモの巣の形を生かす為に、F16まで絞り込んで撮影して、
大胆に前ボケにクモの巣を生かして撮影できました。

◎フルサイズカメラ、SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F004)
絞り優先AE F16 シャッタースピー1/400秒 ISO100 -1EV補正 WB太陽光

 

コスモス

コスモス

並んで咲くコスモスを普通に写しても面白くないので、レンズフードを意図的に外し、
手前に咲くコスモスの花をレンズの右側半分くらいに被るように撮影して、ファンタジックな前ボケを出しました。

◎フルサイズカメラ、SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F004)
絞り優先AE F2.8 シャッタースピー1/640秒 ISO100 +1.3EV補正 WB太陽光

 

サクラ

サクラ

曇り空を背景にサクラを狙いましたが、背景が白い曇り空だと間が抜けて見えるし、
サクラより白い空に目線が行ってしまうので、サクラの花を前ボケに入れて、
白い空を隠して主役のサクラを強調しました。
曇り空を背景に花を撮影する場合、+1~+3くらいまで段階露光撮影をして露出アンダーによる失敗を未然に防ぎましょう。

◎フルサイズカメラ、SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F004)
絞り優先AE F2.8 シャッタースピー1/500秒 ISO100 +2EV補正 WB太陽光

 

Profile

石井孝親

石井 孝親(いしい・よしちか)
1967年9月、横浜生まれ。東京写真専門学校卒業後、写真館勤務。2000年4月から自然写真家として活動開始。現在、身近な足元の自然をテーマに、写真展、写真雑誌、カレンダー等で幅広く活躍中!
写真集に「光と彩の季節・日本カメラ社」、技術書に「光を生かす花撮影術・日本カメラ社」など。自ら主宰する「フォトクラブ光と彩」で横浜、東京にてアマチュア写真家の指導にも力を入れている。
公式HP・石井孝親のネイチャーフォト http://www2.ttcn.ne.jp/~naturephoto/

 

石井孝親さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 90mm (Model F004)スペシャルサイト:http://www.tamron.co.jp/lineup/f004/index.html
SP 90mm (Model 272E)スペシャルサイト:http://www.tamron.co.jp/lineup/272e/index.html

f004_ishi_blog

 

花や小動物を被写体として選び、生命感を出すには光の選択、生かし方が「鍵」となります。
基本的には一番被写体が美しく見え、生命感を出せる光線状態は「逆光線」で、
私は被写体を探す時は必ず太陽に向かって歩いています。
逆光だと花びらや葉に光が透過するので、被写体が更に美しく輝いて見えます。
スタジオ写真の多灯ラィテイングと異なり、太陽光の1灯ラィティングなので、
常に太陽の位置を把握して撮影することが大切です。

簡単にプロ並の美しい花写真を撮りたいなら、「曇り」の日に撮影することをオススメします。
雲に太陽が遮られ、光がソフトになるので醜い影も出ませんし、花びらの色彩、質感も美しく再現可能です。
よりフットワークよく身軽にマクロ撮影をしたい方には、手ブレ補正は付いていませんが、
タムロンSP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1(Model 272E)や
タムロンSP AF60mm F/2 Di II LD [IF] MACRO 1:1(Model G005)も軽量でオススメします。

 

63313-272e

アマガエルの影

子供のような低い位置から見上げてみたら、草にアマガエルの影がクッキリと映り込んでいました。
影のみでは面白くないので、ユーモラスな顔が見えるのが、この写真のポイントです。

◎フルサイズカメラ SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (Model 272E)
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/400秒 ISO100 +1EV補正 WB太陽光

 

114328-f004

コスモス

夕方の撮影で色温度が低い状態なので、暖かみのある色調の写真が撮れました。
自然写真の場合、色温度の違いによる色調の変化を生かす為にWBは必ず「太陽光」にセットすることが大切です。
意図的にレンズフードを外し、フレアーを作画の調味料にしています。

◎APS-Cカメラ、SP AF60mm F/2 Di II LD [IF] MACRO 1:1 (Model G005)
絞り優先AE F2 シャッタースピード1/1000秒 ISO100 +1.7EV補正 WB太陽光

 

117262-f004

虹色に輝くクモの巣

虹色に輝くクモの巣を普通に狙っても新鮮な写真は撮れないので、
花火の写真などは低速シャッターで狙い動感を出すので、
意図的に絞り低速シャッターで狙ったら、不思議な写真が撮れました。
虹色のクモの糸を生かす為には黒バックを選び、マイナス補正をして虹色に輝く糸を際立たせました。

◎フルサイズカメラ、SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model F004)
絞り優先AE F22 シャッタースピー1/10秒 ISO100 -1EV補正 WB太陽光

 

太陽とペンペン草

太陽とペンペン草

ペンペン草(ナズナ)は、花は小さく地味で絵になりませんが、
小さなハート状の葉っぱがとても可愛いので、よくモデルさんになってもらっています。
背景は太陽で、小さなハート状の葉っぱをシルエット表現しました。
目には極めて悪い状態なので、肉眼で見て太陽が眩しくなる前の僅かな時間がシャッターチャンスです。

◎フルサイズカメラ、SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model F004)
絞り優先AE F2.8 シャッタースピー1/2500秒 ISO100 WB太陽光

 

雨上がりのバラ

雨上がりのバラ

この写真は雨上がりの朝、まだ太陽が雲に遮られた状態で撮影したので、
花びらに影もなく、花びらの色彩や柔らかな質感も表現できました。

◎フルサイズカメラ、タムロンSP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model F004)
絞り優先AE F2.8 シャッタースピー1/500秒 ISO200 +1.7EV補正 WB太陽光

 

Profile

石井孝親

石井 孝親(いしい・よしちか)
1967年9月、横浜生まれ。東京写真専門学校卒業後、写真館勤務。2000年4月から自然写真家として活動開始。現在、身近な足元の自然をテーマに、写真展、写真雑誌、カレンダー等で幅広く活躍中!
写真集に「光と彩の季節・日本カメラ社」、技術書に「光を生かす花撮影術・日本カメラ社」など。自ら主宰する「フォトクラブ光と彩」で横浜、東京にてアマチュア写真家の指導にも力を入れている。
公式HP・石井孝親のネイチャーフォト http://www2.ttcn.ne.jp/~naturephoto/

 

石井孝親さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 90mm (Model F004)スペシャルサイト:http://www.tamron.co.jp/lineup/f004/index.html
SP 90mm (Model 272E)スペシャルサイト:http://www.tamron.co.jp/lineup/272e/index.html
SP 60mm (Model G005)スペシャルサイト:http://www.tamron.co.jp/lineup/g005/index.html

f004_ishi_blog

 

マクロレンズで花を撮る場合、風景写真と異なりピントを合わせる位置が数センチ違うだけで、
写真からうける印象が大きく変わりますので、自宅に帰ってからパソコンのモニターを見て
「左の花にピントを合わせれば良かった!」ということにならないように、
悩んだらピント位置を微妙に変えて撮影し、後から選ぶと良いでしょう。 

ピントは「点」ではなく「面」で合うので、二つ並んだ花の両方にピントを合わせた場合は、
二つの花とカメラを平行にして撮影することが大切です。
現在、マクロ撮影を行う時に一番のお気に入りのマクロレンズは、
タムロンSP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USDで、
シャープなピントと柔らかなボケを堪能でき、手ブレ補正も搭載されているので、
三脚を多用していた私が、三脚を使うことが激減しました。

 

154801-f004

ユキワリソウ

三つの花とカメラを平行に構えると、三つの花に全部ピントが合ってしまい
野暮ったいので、斜めから狙い一番手前の花にピントを合わせて、主役を際立たせました。

◎APS-Cカメラ、SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F004)
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/250秒 +0.3EV補正 ISO200 WB太陽光

 

158194-f004

ポピー

ポピーを撮影する場合、花撮影の基本としてはシベにピントを合わせるのですが、
基本を忠実に守っていては、面白い写真は撮れませんので、花びらの先端にピントを合わせてみました。

◎フルサイズカメラ、SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F004)
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/160秒 +1.7EV補正 ISO100 WB太陽光

 

158199-f004

ポピー

こちらのポピーのカットは、基本通りにシベにピントを合わせて撮影しましたが、
中心のメシベの手前と周りのオシベの先端にピントが合うように撮影しました。

◎フルサイズカメラ、SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F004)
絞り優先AE F2.8 シャッタースピード1/160秒 +1.7EV補正 ISO100 WB太陽光

 

163084-f004

ニラ

可愛い花ですが、何の花だか分かりますか?正解はニラの花です。
並んで咲く花の一番手前にピントを合わせても平凡な写真しか撮れないので、
少し奥の花にピントを合わせ、手前の花をソフトフィルター的に使いました。

◎フルサイズカメラ、SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F004)
絞り優先AE F4 シャッタースピード1/1000秒  ISO200 WB太陽光

 

163322-f004

ツユクサ

前後同じような形で咲くツユクサ。後の花の方が葉のラインが美しいので手前の花にピントを合わせ、
1段絞りF4に設定して後ろの花の形が分かるように撮影しました。

◎フルサイズカメラ、SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F004)
絞り優先AE F4 シャッタースピード1/250秒 ISO400 WB太陽光

 

Profile

石井孝親

石井 孝親(いしい・よしちか)
1967年9月、横浜生まれ。東京写真専門学校卒業後、写真館勤務。2000年4月から自然写真家として活動開始。現在、身近な足元の自然をテーマに、写真展、写真雑誌、カレンダー等で幅広く活躍中!
写真集に「光と彩の季節・日本カメラ社」、技術書に「光を生かす花撮影術・日本カメラ社」など。自ら主宰する「フォトクラブ光と彩」で横浜、東京にてアマチュア写真家の指導にも力を入れている。
公式HP・石井孝親のネイチャーフォト http://www2.ttcn.ne.jp/~naturephoto/

 

石井孝親さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 90mm (Model F004)スペシャルサイト:http://www.tamron.co.jp/lineup/f004/index.html

SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USDで撮影された、
写真家 八木祥光氏の作品とコメントをご紹介します。

 

焦点距離:90mm 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/160秒 露出補正:-0.3 ISO感度:200

焦点距離:90mm 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/160秒 露出補正:-0.3 ISO感度:200

 

焦点距離:90mm 絞り:f/9 シャッタースピード:1/400秒 露出補正:-0.3 ISO感度:200

焦点距離:90mm 絞り:f/9 シャッタースピード:1/400秒 露出補正:-0.3 ISO感度:200

 

 

焦点距離:90mm 絞り:f/14 シャッタースピード:1/125秒 露出補正:-0.3 ISO感度:200

焦点距離:90mm 絞り:f/14 シャッタースピード:1/125秒 露出補正:-0.3 ISO感度:200

 

ムラサキという草を朝と昼過ぎに撮影してみました。
この草は多年草で、根が太く、紫色をしていて、紫の染料になります。
昔は武蔵野のムラサキは江戸ムラサキと呼ばれた名産のひとつでしたが、
ほとんど全滅してしまいました。
万葉集にも読まれた名花で、紫の服は天皇や宮廷の高官が用いました。
レンズは使いやすく、切れが素晴らしいです。

SP 90mmについて詳しくは、
https://www.tamron.co.jp/lineup/f004/index.html

 

 

 

カテゴリ