TAMRON LENS BLOG

とある日、写真家・まるやゆういち氏がSP35mmを片手にオフシーズンの海へ。まるや氏の
気持ちを綴った文章とともに、単焦点35mmでモデルをとらえた写真をご覧下さい。

 

%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%91

彼女と待ち合わせたのは江の電のある駅。
雲がほとんどない快晴。

近くのお店でパンを買い込み頬張っていたら
いつの間にか約束の時間だったようだ。

大きな瞳に茶色い髪の毛。少し強い日差しが
それらをより際立たせる。

少しドキドキした気持ちを彼女に察せられないように
さっとそこに立つように指示して2枚だけ撮った。

◎SP 35mm F/1.8 Di VC USD
絞り優先 F/1.8 1/800秒 ISO200 +2補正

 

%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%92

ポートレイトに限らない話だが
その日のレンズの選択はカメラ選びより難しい。

いや、ズームにしてしまえば早いのだろうが
僕は単焦点、しかも比較的広角側とはなから決めている。

広角は自分のその1歩2歩で画角を調整する事になるが
そう、それは彼女に近づいたり離れたりすることによって
彼女もまたどこかで自分に良い意味での緊張感やそして
親近感などを抱くのだ。
、、、と勝手に思っている。

◎SP 35mm F/1.8 Di VC USD
絞り優先 F/1.8 1/2000秒 ISO200 +2補正

 

%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%93

35mmという焦点距離は広すぎず狭すぎず。
人によっては中途半端に感じる事もあるかも知れない。
実際自分がそうだったしそう言う声もよく耳にする。
それでも今こうしてそれを持ち出すのはその応用範囲の広さだ。
自分が動いた分だけしっかりと画角は変化する。
歪曲は望遠に比較したらそれなりに意識しなければならないとは思うが
それ以上にこれ1本で引きの絵はもちろん、
マクロ的な写真も攻める事が出来るのには驚いた。(20cmから撮れる!)
あ、そうそう逆光に攻めつつこの玉ボケも見て欲しい。
キラキラに弱いのは女子も男子も一緒なんだと思った。

◎SP 35mm F/1.8 Di VC USD
絞り優先 F/1.8 1/4000秒 ISO200 +2補正

 

%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%94

だいぶ日が落ちて来た。

夕陽が赤い理由って知ってる?と問いかけようとしてやめた。
彼女はこう見えてばりばりの理系。
かたやぼくは完全文系。
その理系知識の前にひれ伏すのが
目に見えて恥ずかしかったのだ。

それにしても写りのいいレンズだと思う。
撮影後の彼女との会話も少し上の空。
だって液晶でみる写真でさえうっとりする仕上がりになっているから。
切れ味の良い包丁は料理をより美味しくする。
きっとおんなじ理由かな。

◎SP 35mm F/1.8 Di VC USD
絞り優先 F/1.8 1/400秒 ISO200 +2補正

 

%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%95

彼女と知り合ったのは1年程前。
実は郷里が同じ。
その時彼女はバリスタ。
そう、コーヒーで出逢いました。

でも出身地は2人とも青森県。
方言でしゃべり合うのって
なんだか暗号を使っている気分で楽しい。

夜に連れ出したのはこの時が最初。
ポートレイトの大切な要素は表情、ではあるけれど
それだけではないと思う。
構図?露出?アングル?ポージング?
もちろん全部大事。

◎SP 35mm F/1.8 Di VC USD
マニュアル露出 F/1.8 1/60秒 ISO1600

 

%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%96

最高の道具は最高のパフォーマンスを手助けしてくれる。
クリアな描写に手ブレ補正機能という武器が加わる事で
明らかに撮れるシチュエーションが広がる事を実感した。
ISOは出来るだけあげたくない。
シャッタースピードは遅くしたくない。
この相反する条件に折り合いをつけてくれたのが
VC(Vibration Compensation)。

高鳴る胸の鼓動が腕まで伝わると知らずに
手ブレを起こしている事がある。
目で相手を見つめ、脳の一部で自分の挙動を
コントロールする。
その身体の負荷をこのVCに頼るだけで
集中力の強化と疲労の軽減に繋がる。

◎SP 35mm F/1.8 Di VC USD
マニュアル露出 F/1.8 1/60秒 ISO400

 

%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%97

距離感。
モデルとフォトグラファー、というより
相手と自分。
その関係性を象徴するのが距離感。
近いのか離れているのか。
見ているのか見つめているのか。
意識しているのか意識しなかったのか。
好きなのか好きになりかけているのか。

距離感。

ぼくはこの35mmという画角でそれをひたすら
表現しようと思っている。

◎SP 35mm F/1.8 Di VC USD
マニュアル露出 F/1.8 1/50秒 ISO800

 

%e6%9c%80%e5%be%8c

撮影後記
単焦点の良さはその覚悟に在る、と思う。
その焦点距離でしか撮れない。
だから撮れない時は諦める。
その代わり撮れる状況では妥協しない。

着けていて楽しいレンズです。
軽い。きっちり写る。暗くてもVCがある。
これ1本だけでスナップ、ポートレイトをこなします。
35mmポートレイトのコツは背景をどれだけ見極められるか。
否が応でも被写体の周りの情景が入り込んできますからね。
今回のようにオフシーズンの海なんか人が居なくて撮りやすいですよ。
ホントに撮った後の仕上がりが楽しくて仕方のないレンズでした。

 

maruyaまるやゆういち

1974年 青森県生まれ
1992年 上京
2000年 タヒチの美しさに惹かれ写真を始める
2003年 「PHaT PHOTO」写真教室で学ぶ
2004年 写真家テラウチマサトに師事
2011年 独立
2016年現在 人物や商品撮影などを中心にしつつ、120名以上の受講生を誇る単焦点倶楽部を主宰するなど撮影講師としても精力的に活動する。前職は洋服店店長、大工と異色の経歴を持つ。

Facebookページ
https://www.facebook.com/yuichi.maruya/

 

まるやゆういちさんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 35mm F/1.8 Di VC USD(Model F012)製品ページ:
http://www.tamron.jp/product/lenses/f012.html

title_namiki02

 

最短撮影距離付近になるほど手ブレの影響が大きくなってきますが、
手ブレ補正機構「VC」の搭載で、手持ちでもクローズアップ撮影が可能です。

ただ、その場合に気をつけたいのはシャッタースピードが遅めになりがちな点。
手ブレは「VC」が補正してくれるので、被写体ブレが起こらないよう、
ときにはISO感度をアップすることによりシャッタースピードを上げて対処することが必要になります。

また、被写体に寄れば寄るほどピント合わせはシビアになってきます。
マクロレンズで撮影するときと同じように、
AFでもMFでもピントの微調整は、身体を前後移動して行うほうが良いでしょう。

開放F値が1.8での最短撮影距離は、レンズの描写性能が最も問われやすい領域です。
でも、作例を見てもらえればわかるように、ピント面の解像感は素晴らしく、それでいてボケ味はやわらかな雰囲気。
しかし一方で被写界深度がマクロレンズなみに浅くなるので、
当然ながら手持ち撮影ではピントを合わせることが難しくなります。
自分の意図するピント部分に合うまで何回も撮影して、このレンズの魅力を最大限に活かしてみたいものです。

 

ムラなく徐々に大きくなっていく自然なボケ描写はマクロレンズ並み。開放で大きなボケ味を楽しむだけでなく、少し絞り込んで好みのボケ味を探していきましょう。

ムラなく徐々に大きくなっていく自然なボケ描写はマクロレンズ並み。開放で大きなボケ味を楽しむだけでなく、少し絞り込んで好みのボケ味を探していきましょう。

◎焦点距離:35mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/800秒 ISO感度:100
+1補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

木漏れ日のボケを画面周辺に配置しても、口径食になりにくく、自然な描写が得られるのは、レンズ性能のキャパの広さだと実感させられます。

木漏れ日のボケを画面周辺に配置しても、口径食になりにくく、自然な描写が得られるのは、レンズ性能のキャパの広さだと実感させられます。

◎焦点距離:35mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度:320
+1補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

開放でも安心して撮影できる描写性能の高さには驚き。ビオラの花芯ひとつひとつが質感までしっかり表現されています。

開放でも安心して撮影できる描写性能の高さには驚き。ビオラの花芯ひとつひとつが質感までしっかり表現されています。

◎焦点距離:35mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/640秒 ISO感度:200
+0.7補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

並木 隆さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 35mm & SP 45mm F/1.8 Di VC USD (Model F012 / F013) 製品ページ:

http://www.tamron.co.jp/lineup/f012_f013/

title_namiki01

 

私の場合、クローズアップ撮影ではMFがメインですが、AFでピントが合う条件であれば迷わずAFを使います。
しかし、最短撮影距離付近まで寄ると明暗差がなくなることも多く、
そんなときAFで迷ったらすぐにMFに切り替えます。

このような撮影スタイルなので、AF/MFの切り替えを頻繁に行いますが、
このレンズの場合はスイッチが大きく作られているので、
ファインダーを覗きながらでも瞬時にAF/MFの切り替えが容易にできる点はとても気に入っています。

ピントリングもダイレクト感がありながらスムーズですし、マクロレンズと同じように、
最短側になるほどピントの移動量に対して、ピントリングの回転角が大きくなるので、
微妙なピント合わせもしっかり行えます。

また、F1.8という大口径ながら、レンズの重量バランスがとれているので、
撮影時にレンズの重さを意識することはありませんでした。
こういう部分まで気を配って設計されていることが、使えば使うほどわかるレンズですね。

35mmを選んだのは、被写体に寄れるのが一番ですが、焦点距離が短いほど背景の写る範囲が広く、
絞り込んでボケ味を調整すれば、被写体のある環境を取り込むこともできるからです。
また、被写体から距離を取って絞り込めば、被写界深度を深くできるなど、
撮影バリエーションの豊富さが可能な点も理由のひとつです。

 

1)_MG_2188

たくさん咲いている雰囲気を背景のボケ味で表現できるのは、35mmという焦点距離のおかげ。

◎焦点距離:35mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度:100
(フルサイズカメラで撮影)

 

引きの構図では、絞り込まなくても深い被写界深度が得られます。地面と平行になるよう、真上からレンズを向けて全体にピントを合わせています。

引きの構図では、絞り込まなくても深い被写界深度が得られます。地面と平行になるよう、真上からレンズを向けて全体にピントを合わせています。

◎焦点距離:35mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/100秒 ISO感度:1600
-2補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

地面スレスレの極端なアングルで、見上げるようにレンズを向けています。太陽を直接撮り込んでもフレアやゴーストが出にくい基本性能の高さも魅力。

地面スレスレの極端なアングルで、見上げるようにレンズを向けています。太陽を直接撮り込んでもフレアやゴーストが出にくい基本性能の高さも魅力。

◎焦点距離:35mm 絞り:F/16 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:200
(フルサイズカメラで撮影)

 

並木 隆さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 35mm & SP 45mm F/1.8 Di VC USD (Model F012 / F013) 製品ページ:

http://www.tamron.co.jp/lineup/f012_f013/

title_ishii02

 

SP 35mm F/1.8 Di VC USDはeBANDコーティングの採用により、
画面内に直接太陽が入るような大胆な構図で撮影しても、ススキの写真をご覧いただけると一目瞭然、
フレアやゴーストの発生の少なさに驚かされました。
なお、光芒を生かすにはF/16くらいまで絞り、少しアンダー目に撮るのがコツです。

画角は63°26’と広いので、コスモスにマクロレンズなみに接近しても、
背景に咲くコスモスや山も生かせるので、臨場感あふれる写真を撮ることが可能です。
ここがマクロレンズとの描写の違いで、今までにない雰囲気の写真が撮影可能です。
ピントを合わせたシベはとてもシャープですが、
背景のなだらかでとろけるようなF/1.8開放の描写は素晴らしく、とても気に入っています。

今まで明るい広角レンズには手ブレ補正機能は不要では? と思っていました。
しかし実際に使用してみると、その機能が搭載された理由がわかります。
作例は腕を上に伸ばして液晶モニターを見ながら撮影したサザンカですが、
1/20秒で撮影したものであるにもかかわらずシャープな写真が撮れ、
あらためて手ブレ補正機能のありがたさを実感しました。

また、背景の散ったサザンカの花びらを生かすためにF/5に絞って撮影しています。
被写体を大きく写しながら少し絞って背景を生かすという表現方法は、マクロレンズでは不可能な芸当です。
SP 35mmならではの描写世界といえるでしょう。

 

4)187707

風で揺れるススキの動きを見て、ススキの向きが揃った瞬間にシャッターを切りました。

◎焦点距離:35mm 絞り:F/16 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:100
+1補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

5)188033

開放F/1.8で撮影しても周辺光量落ちも少なく、シャープな描写と、とろけるようなボケ味の組み合わせが楽しめます。

◎焦点距離:35mm 絞り:F/2.5 シャッタースピード:1/100秒 ISO感度:100
+1.3補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

6)190394

段階的に絞り値を変えて撮影しながら、
一輪のサザンカと地面に散った花びらの両方を生かせる最適な絞り値を決めました。
最終的に絞りF/5で撮ったものがベストチョイスでした。

◎焦点距離:35mm 絞り:F/5 シャッタースピード:1/20秒 ISO感度:400
+1補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

石井孝親さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 35mm & SP 45mm F/1.8 Di VC USD (Model F012 / F013)スペシャルサイト:

http://www.tamron.co.jp/lineup/f012_f013/

title_ishii01

 

私はSP 35mm F/1.8 Di VC USDとSP 45mm F/1.8 Di VC USDのデモ機に触る機会がありました。
特に35mmのマクロレンズなみの最短撮影距離20cm(最大撮影倍率0.4倍)と、
開放値F/1.8のとろけるような美しいボケ味に魅了されました。
その際タムロンの方に「35mmとても気に入りました。ぜひとも購入したいです!」
と購入宣言したくらいですから(笑)。

ふだん花や昆虫など足元の小さな自然の撮影には
タムロンSP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USDを愛用していますが、
SP 90mm F/2.8マクロとSP 35mm F/1.8を開放で描写の違いを探るためにコスモスを撮り比べてみました。

2枚の写真を比べてわかる一番の違いは遠近感で、SP 35mm F/1.8は手前のコスモスが大きく写り、
奥のコスモスは小さく写り背景まで入るので、とても立体的で新鮮な写真が撮れました。

スイレンの写真もSP 35mm F/1.8ならではの立体的な描写で、SP 90mm F/2.8マクロでは撮れない写真です。
久しぶりに気分を高揚させるレンズが登場しました。

 

コスモスA (90mm F/2.8・開放F2.8で撮影) 

コスモスA (SP 90mm F/2.8・開放F/2.8で撮影)

SP 90mmマクロは素晴らしい描写をするレンズですが、SP 35mmで撮影したものと比べると、
焦点距離の特性から、前後の花が重なって見え、花の大きさに変化がなく立体感も乏しく感じてしまいます。
もっともこれは、作画意図や好みの問題ともいえる描写の違いですが。

◎焦点距離:90mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/800秒 ISO感度:100
+0.7補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

コスモスB  (35mmF/1.8・開放F1.8で撮影)

コスモスB  (SP 35mm F/1.8・開放F/1.8で撮影)

手前の花は大きく、奥の花は小さく写り、奥行きと立体感のある描写がマクロレンズと違うSP 35mmの描写の特長。

◎焦点距離:35mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/1600秒 ISO感度:100
+1補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

3)186907

花の蕊のシャープで立体感ある描写と、開放F/1.8による花びらの輪郭のとろけるようなボケ味が
独特の世界を作り出してくれる。

◎焦点距離:35mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/1250秒 ISO感度:200
+2補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

石井孝親さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 35mm & SP 45mm F/1.8 Di VC USD (Model F012 / F013)スペシャルサイト:

http://www.tamron.co.jp/lineup/f012_f013/

1 / 3123

カテゴリ