TAMRON LENS BLOG

tamron_sonoe_banner_zakka

 

家の中で可愛く雑貨を撮りたいと思う時、標準ズームレンズでは様々な制約があります。
感度をかなり上げないと手ブレしてしまう。
雑貨の後ろをぼかしたくても、すぐ後ろが壁だったり、被写体の背景に距離を取ることが出来ない。
望遠レンズでボケ味を活かして撮りたくても、部屋が狭くて離れて撮ることが出来ないなどです。

こんな悩みをすべて解決してくれるのがSP 45mm F/1.8 Di VC USDです。
絞りをF/1.8開放値近くに開けて撮れば、感度を上げなくてもシャッタースピードが遅くならないし、
被写体の前後を思いきりぼかして撮ることが出来ます。
手ブレ補正も付いていて、小さい小物にも寄って撮ることが出来ます。
何よりもピント位置から続く美しいボケ感は、
柔らかな窓辺の光とその場のやさしい空気感まで表現してくれるようなレンズです。
小さな雑貨達がさらに魅力的に語りかけてくれるようです。

 

DSC_4429

テーブルの上に並べられたドライフラワーや布花、レースやパッチワークなど。
真上からの構図を決め、絞りをF/4と少し絞ることで、それぞれの被写体の質感までしっかりと表現されました。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/125秒 WB:オート ISO感度:1600
(フルサイズカメラで撮影)

 

DSC_4438

テーブルの上にレンズを載せるくらいまでカメラアングルを下げ、ミニチュアの椅子やトルソーを撮る。
窓からの光が小さな洋服に当たり、立体感がよく出ています。
柔らかな前ボケと背後のボケにより、小さな世界の中に奥行きを感じさせてくれます。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/125秒 WB:オート ISO感度:1600
(フルサイズのカメラで撮影)

 

DSC_1147

モノトーンに近い色数の少ない世界の中のガラスの重なりの一つ一つがF/2という浅い絞りにより、
柔らかなグラデーションで美しく描き出されています。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/1250秒 WB:オート ISO感度:200
(APS-Cサイズのカメラで撮影)

 

DSC_1175_RE

ショーケースの中のミニチュアの世界。
ガラスの映り込み越しにぼやけてしまいがちな条件下でも中の被写体はくっきり描写され、
ライトや映り込みのボケ味の柔らかさは幻想的。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/40秒 WB:オート ISO感度:200
(APS-Cサイズのカメラで撮影)

 

DSC_4426

F/5.6と絞ることでクレイの花と、布花、かごの造花、それぞれが美しく細部まで描写され、
窓辺の柔らかな光に包まれた世界がまるで一枚の絵のよう。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/50秒 WB:オート ISO感度:1600
(フルサイズのカメラで撮影)

 

DSC_1182_RE

小さなミニチュアのミシン。APS-CのカメラにSP 45mm F/1.8をつければ、
画面の中で存在感を出すことが出来ました。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/500秒 WB:オート ISO感度:200
(APS-Cサイズのカメラで撮影)

 

DSC_1115_RE

電球の光が動物たちを照らす暗い室内も手ブレ補正をONにして、
キラリと光る眼にピントをしっかり合わせることが出来ました。
背景に写る点光源もきれいな円を描いています。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/40秒 WB:オート ISO感度:2000
(APS-Cサイズのカメラで撮影)

 

DSC_4749

絞り開放F/1.8という、一番ボケ感の強い状態で撮影すれば、ミニチュアの棚の中にも奥行き感が出てきます。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/200秒 WB:オート ISO感度:1400
(フルサイズカメラで撮影)

 

DSC_4491

ミニチュアのメリーゴーランドを正面から捉える。絞りを変えながら、
ボケ過ぎず、ピントが深く合いすぎない、絶妙のバランスを探してみます。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/30秒 WB: オート ISO感度:1600
(フルサイズカメラで撮影)

 

DSC_4629

フルサイズのカメラで、最短まで寄ってみます。さらに寄りたいときはAPS-Cのサイズにクロップ。
アップにすることで小さな猫の顔が強調され、じっとこちらを見ているようになりました。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/40秒 WB: オート ISO感度:1600
(フルサイズカメラで撮影)

 

DSC_0869

上の写真を撮っているところ。こんなに近づいて撮ることが出来ます。

 

Profile

その江フォトグラファー その江
新潟県出身。東京造形大学卒業後、荒木英仁に師事する。
2003年「Lightinguz」を設立し独立。独自の視点・感性で撮る広告写真等で活躍。
スイーツからポートレート、物撮りまでオールマイティな写真家として、カメラメーカーなどからの依頼も多数。
近年の写真セミナーでは、「ハートで撮ること」の大切さを改めて伝えている。
公益社団法人日本広告写真家協会正会員。

「フォトグラファーその江のブログ」 http://sonoe.jugem.jp/

 

■撮影協力:
Noe Cafe
https://www.facebook.com/Noe-Cafe-201131463288401/?pnref=lhc

 

その江さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 45mm F/1.8 Di VC USD(Model F013)製品ページ:
http://www.tamron.jp/product/lenses/f013.html

tamron_sonoe_banner_garden2

 

庭の花がいっせいに咲き出す春から夏にかけて。大切に育てた花の姿をきれいに残してあげたい!
そんな時にもSP 45mm F/1.8 Di VC USDは大活躍です。
天気の悪い日はどんよりとして、眠たい写真になりがちです。
そんな時でもシャープな描写と美しいボケ味が得意のこのレンズで撮ることで、クリアで美しい植物達を表現することが出来ます。

45mmというレンズの画角は、普段から目で見ている自分の庭を、そのままの感覚で切り取っていけます。
レンズ一本で寄ったり引いたりしながら、様々な庭の表情を捉えるのに最適です。
被写体に寄れるこのレンズの特性を活かして、マクロ的な絵柄も十分に楽しめるでしょう。
APS-Cのカメラボディと合わせて撮影すれば、更にアップで寄っていくことが出来ます。

 

01_2695

パーゴラの上にぐんぐん伸びているバラが同系色の壁を背景に美しく咲いていました。
あまり絞らずに撮れば花の後ろの窓もステキにボカすことができました。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/2.2 シャッタースピード:1/2000秒 WB:晴天 (フルサイズカメラで撮影)

 

02_8237

雨の日はキラキラ水滴を撮るのに最適です。
しずくのついた花びらにピントを合わせたら、宝石のような美しい世界が広がります。
水滴が侵入しにくい簡易防滴構造なので防滴性能のあるカメラと合わせると、
少々の雨でも気にせず撮れるのがとっても嬉しい。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/800秒 WB:晴天 (APS-Cサイズのカメラで撮影)

 

03_2980

絞りを開放値近くで撮影することで、下草のグリーンの微妙な色合いが連なり続いていく様子が表現できます。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/2500秒 WB:晴天 (フルサイズのカメラで撮影)

 

04_3052

小さな花の小さな花びら。
最短撮影距離で寄れば、背景のグリーンのきれいなボケの中にマクロ的な世界の繊細な表現が広がります。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/200秒 WB:オート (フルサイズカメラで撮影)

 

3078_3052の現場写真

上記の写真・コメントの実際の状況。

 

05_2463

少し絞ることでピントの合わせたバラはしっかりと表現され、その背後に広がる花々が柔らかく華やかに現れています。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/1000秒 WB:晴天 (フルサイズカメラで撮影)

 

06_2339

鉢植えの美しいビオラをきれいに見せるため、絞りをF/5.6に。
前面のビオラの花びらの一つ一つの輪郭がしっかり浮かび上がり、
徐々に流れるようにボケ味が続いていくのが心地よい。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/400秒 WB:晴天 (フルサイズカメラで撮影)

 

07_2610

咲き方の美しいバラを正面から捉えてみました。
絞りを開放気味にボケ味を調整しながら撮れば、背景のグリーンの溶けるようなグラデーションに、
赤がとても引きたつ存在感のある絵柄に。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/2.2 シャッタースピード:1/2500秒 WB:晴天 (フルサイズカメラで撮影)

 

08_2640

小屋の下や壁際などの暗い場所にあるガーデン雑貨や植物も、このレンズで撮れば優しい空気感とともに切り取れます。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/640秒 WB:晴天 (フルサイズカメラで撮影)

 

Profile

その江フォトグラファー その江
新潟県出身。東京造形大学卒業後、荒木英仁に師事する。
2003年「Lightinguz」を設立し独立。独自の視点・感性で撮る広告写真等で活躍。
スイーツからポートレート、物撮りまでオールマイティな写真家として、カメラメーカーなどからの依頼も多数。
近年の写真セミナーでは、「ハートで撮ること」の大切さを改めて伝えている。
公益社団法人日本広告写真家協会正会員。

「フォトグラファーその江のブログ」 http://sonoe.jugem.jp/

 

■撮影協力:
ガーデナーユニット「Nora」
http://ameblo.jp/kay1219/

Bond+handmade
https://www.facebook.com/Bond.handmade/?pnref=story

 

その江さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 45mm F/1.8 Di VC USD(Model F013)製品ページ:
http://www.tamron.jp/product/lenses/f013.html

tamron_sonoe_banner_B

 

単焦点レンズで撮った写真の美しさは、特別のものがあります。
ピントの合った画像の切れ味と、そこから自然に柔らかくとろけるようなボケ味。
ため息の出るような美しい描写に出会うと、「レンズで写真は変わる!」と言われる事がよく分かります。

そして、私のお気に入りはSP 45mm F/1.8 Di VC USD。
身近なものを撮るには35mmフルサイズのカメラでほぼ標準のレンズとして使いやすい画角です。
また、APS-Cのカメラに着ければ、ちょっと望遠世界を楽しむことも。
今回の仔猫ちゃん。ふわふわの毛の柔らかさとキラリと光る瞳のシャープさは、まさにこのレンズの魅力たっぷり。

そしてもう一つ、このレンズには大きなメリットがあります。
この画質を維持しながら単焦点レンズなのに手ブレ補正が付いているのです!
動き回る仔猫を光の少ない室内でしっかり撮るには被写体ブレと手ブレには要注意。
何から何まで気持ちよく撮れる、使うほどにワクワクさせられるレンズです。

 

DSC_1533

生後40日の仔猫ちゃん。まだちょっとだけヨチヨチとおぼつかない足取り。
仔猫の目線で撮影すると、廻りの柔らかな空気まで一緒に表現出来てしまいました。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/250秒 WB:晴天 (フルサイズカメラで撮影)

 

DSC_1701

キリッと窓の外を見つめるシルバーちゃん。生後2ヶ月でこの貫禄です。
F/3.5と少しだけ絞ると瞳とお鼻のキリリとした感じがこんなにきれいに写って嬉しい!

◎焦点距離:45mm 絞り:F/3.5 シャッタースピード:1/320秒 WB:オート (APS-Cサイズのカメラで撮影)

 

DSC_1360

大人の猫ちゃんだって美しく撮れます。
澄んだイエローの瞳、ピンと立った耳、白いひげがシャープに写って、うっとりです。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/320秒 WB:晴天 (フルサイズカメラで撮影)

 

DSC_2010

ふんふん、お花を気にして、ちょこちょこ動くのに合わせて、私のカメラも動きます。
こういった時に手ブレ補正は嬉しい味方。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/3.5 シャッタースピード:1/320秒 WB:晴天 (APS-Cサイズのカメラで撮影)

 

DSC_1583

ふわっふわの毛とくりっとした瞳を正面から狙います。このモフモフ感がたまりません。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/3.5 シャッタースピード:1/320秒 WB:オート (APS-Cサイズのカメラで撮影)

 

DSC_2169

最後はわらわら、カゴから出たり入ったりのワンシーン。目の前の猫じゃらしに皆集中です。
ピントの合ったブラウンちゃんから自然なボケが続いていく、優しい室内の心地よさが出ています。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/3.2 シャッタースピード:1/250秒 WB:晴天 (APS-Cサイズのカメラで撮影)

 

Profile

その江フォトグラファー その江
新潟県出身。東京造形大学卒業後、荒木英仁に師事する。
2003年「Lightinguz」を設立し独立。独自の視点・感性で撮る広告写真等で活躍。
スイーツからポートレート、物撮りまでオールマイティな写真家として、カメラメーカーなどからの依頼も多数。
近年の写真セミナーでは、「ハートで撮ること」の大切さを改めて伝えている。
公益社団法人日本広告写真家協会正会員。

「フォトグラファーその江のブログ」 http://sonoe.jugem.jp/

 

■撮影協力:BACCHUS MAINE COONS:
www.bacchus-mainecoons.com

 

その江さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 45mm F/1.8 Di VC USD(Model F013)製品ページ:
http://www.tamron.jp/product/lenses/f013.html

このレンズの第一印象は、焦点距離45mmにしては大きいと感じたが、
実際にフルサイズ一眼レフカメラに装着してみると、バランス良くしっくり合うと感じたことだ。
実際に使用すると、AF音は静かでスムース、そして明るく見やすい事だ。
それと、スナップ撮影や室内撮影を手持ちで撮影したが、
手ブレ補正機構が搭載されているので安心して撮影に専念出来た。

私の写真はマクロ的な撮影が多く、
最短撮影距離が0.29mと他の標準レンズより近接撮影がスムースに行える事は大変有り難い事であり、
開放値F/1.8の明るさと円形絞りによるボケ味は美しく、他の標準レンズには無い良さだと思う。

また、フォーカスリングが大きく使いやすいので、ファインダーを覗いたままAFであらかじめピントを合わせた後、
微妙なピント調整が可能な事も有り、
私的には、“明るくボケ味の綺麗なマクロレンズ”として使用する頻度が多くなっている。

 

_Q6A8313

スタジオでのテーブルフォト、ライティングをしての撮影、F/14に絞っても上部のボケがナチュラルな柔らかさだ。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/14 シャッタースピード:1/5秒 ISO感度:200 (三脚使用)

 

こちらもスタジオでライティングをしてのテーブルフォト、絞りF/8だが丸みのディテールが表現出来た。

こちらもスタジオでライティングをしてのテーブルフォト、絞りF/8だが丸みのディテールが表現出来た。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/10秒 ISO感度:200 (三脚使用)

 

室内のセッティングされた器、コーヒーカップにピントを合わせ、前後のボケを絞り開放で試してみたが、程よいボケ感で単焦点レンズの良さが発揮できた。

室内のセッティングされた器、コーヒーカップにピントを合わせ、前後のボケを絞り開放で試してみたが、程よいボケ感で単焦点レンズの良さが発揮できた。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/1000秒 ISO感度:800 +0.3補正 (手持ち撮影)

 

テーブルセッ卜されたガラス器、室内の両窓から入る光でガラス器のハイライトのシャープさが綺麗に表現出来、雰囲気良く撮影出来た。光学設計とコーティングの良さだろう。

テーブルセッ卜されたガラス器、室内の両窓から入る光でガラス器のハイライトのシャープさが綺麗に表現出来、雰囲気良く撮影出来た。光学設計とコーティングの良さだろう。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/3.5 シャッタースピード:1/125秒 ISO感度:800 +0.3補正 (手持ち撮影)

 

神代植物公園の噴水。標準レンズの画角は、見た目と歪みの少ない画像を気持ち良く撮影出来る。 F/2.8でも水滴のシャープさは見事だ。

神代植物公園の噴水。標準レンズの画角は、見た目と歪みの少ない画像を気持ち良く撮影出来る。
F/2.8でも水滴のシャープさは見事だ。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/5000秒 ISO感度:500 (手持ち撮影)

 

ツワブキの綿毛、後ろボケがマクロレンズに無い柔らかなボケになった。

ツワブキの綿毛、後ろボケがマクロレンズに無い柔らかなボケになった。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/3.2 シャッタースピード:1/8000秒 ISO感度:800 +0.3補正 (手持ち撮影)

 

コントラストの強い水面の撮影、シャープな色再現の良さ等、スナップにも最適なレンズと言えよう。

コントラストの強い水面の撮影、シャープな色再現の良さ等、スナップにも最適なレンズと言えよう。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/5 シャッタースピード:1/160秒 ISO感度:400 (手持ち撮影)

 

鎌倉健長寺門前「五大」のけんちんうどん。窓からの光が料理の質感を表現してくれた。 手持ちでさっと撮影出来たのは手ブレ補正の機能のおかげだ。

鎌倉健長寺門前「五大」のけんちんうどん。窓からの光が料理の質感を表現してくれた。
手持ちでさっと撮影出来たのは手ブレ補正の機能のおかげだ。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/80秒 ISO感度:800 +0.3補正 (手持ち撮影)

 

Profile

yamamoto山本 弘之(やまもと・ひろゆき)

1944年東京都生まれ。東京綜合写真専門学校卒。黄 建勲(こうけんくん)氏に師事した後、独立し、山本写真事務所設立。日本を代表する食の写真家として、広告や、エデトリアルで活躍。マクドナルドのポスターやファミリーレストランのメニュー、様々な食品パッケージなど、日頃目にする多くの食にまつわる撮影を手がけている。

ホームページ http://y-p-st.com/
ブログ http://hiro318.at.webry.info/

 

山本弘之さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 45mm F/1.8 Di VC USD(Model F013)製品ページ:

http://www.tamron.jp/product/lenses/f013.html

title_sugimoto02

 

実際にSP45mm F/1.8 Di VC USDを使ってみて最初に驚くのは、絞り開放時のシャープな描写だろう。
それに加えて、絞り開放付近のボケが非常に美しいことだ。
一般にシャープなレンズになるほどボケのエッジも強調されて2線ボケ傾向が出やすいが、このレンズの場合は逆。
ボケのエッジ部分が周囲に溶け込むように美しい。

ピントの合ったところはシャープでかつボケがきれい。
これだけで全く新しい感覚だが、これを標準域の焦点距離で達成しているうえに、
手ブレ補正によってさらに撮影領域を広げているところがこのレンズの神髄だ。

作画してみると、思っている以上に多彩な画が生まれてくる。
前回も書いた、広角レンズ的な描写と望遠レンズ的な描写、
そしてこの焦点域では従来にない絞り開放時のシャープな描写とボケの美しさ、そして手ブレ補正による暗所対応。
これらが相まって、一本のレンズで撮影したとは思えない画の広がりを感じさせる。
それでいて、広角レンズや望遠レンズを用いた場合のような不自然さはなく、
人間の目に近い自然なパースペクティブが得られるところがなんとも粋なのである。
使い込むほどにその奥深さが伝わる。本当の意味でのスタンダード(標準)の世界がこのレンズにはあると思えた。

 

DSC_3023

被写体に寄って絞り開放で撮影。ピントの合った部分は非常にシャープでありながら、背景はエッジが滑らかで自然な美しいボケが得られており、何が写っているかよくわかる。前ボケも自然で、被写体との分離が容易だ。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/1600秒 ISO感度:400
-1補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

手ブレ補正機構があるので、スローシャッターにもチャレンジでき、動と静の対比といった表現も可能だ。この場合シャッタースピードは1/20秒。手ブレをおさえ、バイクや自動車は流して動感を表現している。

手ブレ補正機構があるので、スローシャッターにもチャレンジでき、動と静の対比といった表現も可能だ。この場合シャッタースピードは1/20秒。手ブレをおさえ、バイクや自動車は流して動感を表現している。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/20秒 ISO感度:100
-1.3補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

通常ならパンフォーカスにしてしまう構図だが、絞りF/2で撮影することで手前の木々をぼかしてみた。自然で美しい前ボケは特筆すべきレベルで、後方のビルも極めてシャープに描写されている。こういう絵柄もこのレンズならでは。

通常ならパンフォーカスにしてしまう構図だが、絞りF/2で撮影することで手前の木々をぼかしてみた。自然で美しい前ボケは特筆すべきレベルで、後方のビルも極めてシャープに描写されている。こういう絵柄もこのレンズならでは。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/2000秒 ISO感度:100
-0.7補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

奥行きのある被写体で遠近感を強調する構図で撮影すると、広角レンズ的な描写が得られる。45mmでは、望遠的、広角的といった構図のとり方を意識して撮影すると非常に多彩な作画を楽しめる。

奥行きのある被写体で遠近感を強調する構図で撮影すると、広角レンズ的な描写が得られる。45mmでは、望遠的、広角的といった構図のとり方を意識して撮影すると非常に多彩な作画を楽しめる。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:100
-1.7補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

ビルのガラス壁面に写り込んだ夜間照明が美しい。高画素機で手持ち撮影しているが、極めてシャープな描写が得られている。こういった表現が可能なのも、絞り開放から使えるシャープな描写と手ブレ補正機構によるところが大きい。

ビルのガラス壁面に写り込んだ夜間照明が美しい。高画素機で手持ち撮影しているが、極めてシャープな描写が得られている。こういった表現が可能なのも、絞り開放から使えるシャープな描写と手ブレ補正機構によるところが大きい。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/125秒 ISO感度:800
-1.3補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

杉本 利彦さんご使用のレンズについて詳しくは、

SP 35mm & SP 45mm F/1.8 Di VC USD (Model F012 / F013) 製品ページ:

http://www.tamron.jp/product/lenses/f012_f013.html

2 / 512345

カテゴリ