TAMRON LENS BLOG

title_sugimoto01

 

45mmといえば広角寄りの標準レンズとして古くからスナップ派の写真家に人気のある焦点距離だ。
筆者も“単焦点レンズ一本で決める”なら45mmを選ぶ。
なぜなら、45mmという焦点距離は遠近感を強調する構図では広角レンズ的に撮影でき、
被写体に正対するか寄って絞りを開ければ望遠レンズ的に使え、
写真家の意図によって多彩な使い方ができる焦点距離だからだ。

ところが、従来は広角レンズ的には使えても、本当の意味で望遠レンズ的に使える理想の45mmはなかった。
つまり従来の45mmでは、小型軽量を優先する時はF/2.8クラスのテッサー型、
あるいはF/2以上の明るさではガウス型のレンズ構成とするのが定石であり、
F/2.8では絞り開放でもボケがそれほど大きくならないし、
開放F値がF/2以上でもガウス型のレンズ構成だと絞り開放時の画質が甘くて結局使えないというのが実状だった。

しかし、今回のSP45mm F/1.8 Di VC USDは、標準レンズでありながら
広角レンズに多いレトロフォーカス型のレンズ構成と非球面レンズ、
LDレンズを組み合わせる最新の光学設計技術によって、絞り開放から安心して使える高画質を実現している。
これほどコストのかかった最新設計の標準レンズは、世にある交換レンズ全体を見渡してもまだ数えるほどしかなく、
45mmではもちろん初めてのレンズである。

 

DSC_2781

街角でのヒトコマ。45mmレンズを望遠レンズ的に使用。カメラを目線の高さ方向に構えて絞りを開けると望遠的な撮影ができる。絞り開放で撮影しているが、従来型大口径レンズをF/2.8以上に絞ったようなシャープな描写だ。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/640秒 ISO感度:800
-1.7補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

マネキンの手の部分にピントを合わせているが、F/1.8絞り開放で撮影したとは到底思えないほどのコントラスト再現性が得られている。ボケも自然で美しく、シャープな描写と美しいボケが両立。新感覚の描写力だ。

マネキンの手の部分にピントを合わせているが、F/1.8絞り開放で撮影したとは到底思えないほどのコントラスト再現性が得られている。ボケも自然で美しく、シャープな描写と美しいボケが両立。新感覚の描写力だ。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/1600秒 ISO感度:400
-2補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

真新しい遊覧バス。遠近感を強調した構図では広角レンズで撮影したような効果が得られる。1本のレンズで、望遠的にも広角的にも使えるのはこの焦点域の大口径レンズに限られる。

真新しい遊覧バス。遠近感を強調した構図では広角レンズで撮影したような効果が得られる。1本のレンズで、望遠的にも広角的にも使えるのはこの焦点域の大口径レンズに限られる。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度:400
-1補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

こちらはさくらをF/1.8絞り開放で撮影。背景は何が写っているかわかる自然で美しいボケで、被写体が浮き立つように見える。ボケが主張しすぎて何がボケているかわからないレンズとは一線を画す優れた描写である。

こちらはさくらをF/1.8絞り開放で撮影。背景は何が写っているかわかる自然で美しいボケで、被写体が浮き立つように見える。ボケが主張しすぎて何がボケているかわからないレンズとは一線を画す優れた描写である。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/8000秒 ISO感度:100
-0.7補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

絞り開放から非常に優秀だが、絞るとさらに完璧な描写になる。35mmフルサイズ機で画面の最周辺部まで一切の破壌が見られないレンズはそれほど多くはない。

絞り開放から非常に優秀だが、絞るとさらに完璧な描写になる。35mmフルサイズ機で画面の最周辺部まで一切の破壌が見られないレンズはそれほど多くはない。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:100
-1.3補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

杉本 利彦さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 35mm & SP 45mm F/1.8 Di VC USD (Model F012 / F013) 製品ページ:

http://www.tamron.jp/product/lenses/f012_f013.html

title_yoshimura02

 

SP 45mm F/1.8 VC USDの開放F値は、多くの大口径標準ズームよりも明るい「F/1.8」。
それにより、標準の画角や遠近感のまま、望遠のようなボケ効果を得ることもできる。

“最短撮影距離の短さ”も見逃せない。多くの単焦点標準レンズは0.45mくらいだが、本レンズは0.29m。
他とはひと味違う“クローズアップの世界”を切り取ることも可能だ。

そして、最大の特長が、フルサイズ対応の大口径標準単焦点レンズ初“手ブレ補正機構の搭載”である。
高画素デジタルカメラでは、わずかな手ブレも気になるので、このアドバンテージはとても大きい。

今回の日帰り旅は、このSP 45mm F/1.8 VC USDの“単焦点標準一本勝負”。
「広角や望遠ナシで大丈夫か?」と少し心配したが“標準の視点で観察”したおかげか、
不思議と他の画角は気にならなかった。

そして、開放F/1.8のボケ効果や、手ブレ補正機構の威力。これらの特長により、
日中から夜間まで、快適で表現力豊かな撮影を楽しむことができた。

 

大きくボケた背後の竹林が、お堂の釣鐘の存在感を高めてくれる。

大きくボケた背後の竹林が、お堂の釣鐘の存在感を高めてくれる。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/40秒 ISO感度:100
(フルサイズカメラで撮影)

 

あまり大きくない花だが、0.29mまで接近できるため結構大きく撮れた。

あまり大きくない花だが、0.29mまで接近できるため結構大きく撮れた。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/50秒 ISO感度:125
+1補正(フルサイズカメラで撮影)

 

明るいF値+手ブレ補正機構で、手持ちの低速撮影でもシャープに!

明るいF値+手ブレ補正機構で、手持ちの低速撮影でもシャープに!

◎焦点距離:45mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/4秒 ISO感度:400
(フルサイズカメラで撮影)

 

吉森 信哉さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 35mm & SP 45mm F/1.8 Di VC USD (Model F012 / F013) 製品ページ:

http://www.tamron.co.jp/lineup/f012_f013/

title_yoshimura01

 

「少し大柄で重厚感のある製品だなぁ」というのが、このSP 45mm F/1.8 VC USDを手にした時の第一印象である。
それゆえに、APS-C機よりも大柄になる35ミリ判フルサイズ一眼レフカメラに装着した際には、
とてもバランスが取れているように思える。

また、ルミナスゴールドの「ブランドリング」と「SPエンブレム」。
これらを含めたシンプルなデザインや上質な素材感は、所有する満足感や使用する楽しさを与えてくれる。

「45mm」という焦点距離をどう捉えるかは、人によって微妙に違うだろう。
私自身は「45mm、50mm、55mm、どれでもOK」と考えている。
もちろん、画角は微妙に変わるのだが、どの焦点距離でも、
風景や被写体との“適度な距離感”や“自然な遠近感”が得られる。

そのクセのない使用感や描写こそが、標準レンズ(50mm前後)の醍醐味である。
奇抜なアプローチや描写に頼らず、被写体と真摯に向き合える……。
SP 45mm F/1.8 VC USDも、そんなレンズである。

 

神前結婚式。見学者から建物内の様子まで、自然な距離感の描写だ。

神前結婚式。見学者から建物内の様子まで、自然な距離感の描写だ。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/200秒 ISO感度:100
(フルサイズカメラで撮影)

 

眼前の光景の中から“標準の視点”で古都の風情を切り取る。

眼前の光景の中から“標準の視点”で古都の風情を切り取る。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/200秒 ISO感度:100
+0.3補正(フルサイズカメラで撮影)

 

散策中「いいな」と感じてカメラを向ける。45mmの画角はそんな撮影に最適。

散策中「いいな」と感じてカメラを向ける。45mmの画角はそんな撮影に最適。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/125秒 ISO感度:100
-0.7補正(フルサイズカメラで撮影)

 

吉森 信哉さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 35mm & SP 45mm F/1.8 Di VC USD (Model F012 / F013) 製品ページ:

http://www.tamron.co.jp/lineup/f012_f013/

title_hagihara04

 

風景写真を表現するにあたっては、ズームレンズのほうが使いやすいということは事実だが、
しかし単焦点レンズでなければ表現できない世界もある。
言い方を変えれば、単焦点レンズでなければ撮れない世界があるからこそ、そのレンズは存在価値があると言える。
SP 45mm F/1.8 Di VC USDにはそれがある。

強力な手ブレ補正機能を搭載するため、光量が少ない場面でも絞り込んで手持ち撮影ができる。
朝夕に訪れるとっさの場面で何よりも心強い性能だ。
加えてF/1.8という極めて浅い被写界深度が使えるため、王道の風景を捉えながらも、
画面に強いボケ味を付与して独特な世界観を打ち出せる。

さらに近接撮影能力に長けているため、主役に近づき魅力を引き出すことが可能だ。
一般的なマクロレンズよりも背景を広く取り込めるので、
主役がその場面でどう存在しているかを伝えることができるのである。

単焦点レンズの面白さが凝縮されたSP 45mm F/1.8 Di VC USD。
新世代を象徴するデザインとあいまって、末永く新SPシリーズの核となる予感がする。

 

朝日の撮影を終えた直後、急いで別の場所へ移動し、オレンジ色が空に残るうちに手持ちで撮影した。

朝日の撮影を終えた直後、急いで別の場所へ移動し、オレンジ色が空に残るうちに手持ちで撮影した。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/25秒 ISO感度:200
+1.3補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

パンフォーカスにせず、F1.8の大きなボケを使うことで、画面上部に独特な雰囲気をかもし出した。

パンフォーカスにせず、F/1.8の大きなボケを使うことで、画面上部に独特な雰囲気をかもし出した。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/4000秒 ISO感度:100
+0.7補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

福寿草に最接近。マクロレンズ並みに寄れるうえに、背景をたっぷり見せることができる。美しいボケ味にも注目。

福寿草に最接近。マクロレンズ並みに寄れるうえに、背景をたっぷり見せることができる。美しいボケ味にも注目。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO感度:200
-0.3補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

萩原 史郎さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 35mm & SP 45mm F/1.8 Di VC USD (Model F012 / F013) 製品ページ:

http://www.tamron.co.jp/lineup/f012_f013/

title_hagihara03

 

風景的な視点で「この場面が撮りたい」と思ったとき、私に関して言えば50mm前後の焦点距離が噛み合う。
理由はわからない。なんとなく、としか言いようがないが、確かにそういう結果になる。

だからSP 45mm F/1.8 VC USDという単焦点レンズを持ったときも、
面白いほどレンズの画角が撮りたいイメージとマッチした。撮りやすいレンズだな・・・・、これが第一印象となった。

しかし、自分のイメージとレンズの画角が噛み合うことは重要なことで、
うまく撮れたという成功体験がないとレンズは使わなくなってしまう。
逆に使い始めてすぐに成功体験が持てると、レンズの出番は増える一方だ。

一般的に風景撮影にはズームレンズをよしとする傾向があるが、もちろんそれは否定しない。
筆者もそう思うタイプだが、ひとたび自分のイメージと噛み合う単焦点レンズに出会うと、
そのレンズにぞっこん惚れてしまう。
SP 45mm F/1.8 VC USDは、私にとってはそんなレンズの一本になってしまった。

 

上弦の細い月が蒼い空に浮かんでいた。山並みと樹と月が調和した風景を45mmレンズが生み出してくれた。

上弦の細い月が蒼い空に浮かんでいた。山並みと樹と月が調和した風景を45mmレンズが生み出してくれた。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1.6秒 ISO感度:200
-0.7補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

河津桜と土手の菜の花の組み合わせだが、主従の関係性を上手く引き出す構図を作ることができた。

河津桜と土手の菜の花の組み合わせだが、主従の関係性を上手く引き出す構図を作ることができた。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/200秒 ISO感度:200
+0.3補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

印象的な岩のある風景。広い海の中で「ここだけを切り取りたい」という部分がこれだった。

印象的な岩のある風景。広い海の中で「ここだけを切り取りたい」という部分がこれだった。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/16 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度:200
-0.3補正 (フルサイズカメラで撮影)

 

萩原 史郎さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 35mm & SP 45mm F/1.8 Di VC USD (Model F012 / F013) 製品ページ:

http://www.tamron.co.jp/lineup/f012_f013/

3 / 512345

カテゴリ