TAMRON LENS BLOG

写真家・川合 麻紀氏が、SP 85mm で撮影した写真をご紹介します。
美しいボケや質感が表現されたこのレンズの魅力をご覧下さい。

 

kawai85mmkawa7423

天井から吊り下がっていたお花は、
背景が明るい場所を選んでその中に花が入るような構図を作っています。
露出は少し明るめに撮影することで爽やかで可愛らしい印象にしてみました。
少し明るめにしても、花びらの質感はしっかり表現できています。

◎焦点距離:85mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/20秒 ISO:400

 

kawai85mmkawa7820

最近は三脚禁止の場所も多くなってきましたね。この時は雨でかなり暗い状態。
撮影にはちょっと条件がわるかったのですが、手ブレ補正機構「VC」のおかげで大丈夫でした。
ピントが浅いのでライブビューで拡大しながら撮影しています。
彼岸花は奥行きのあるお花なので、一つのお花の中で、
ピントの合っていない部分の雫がきれいな丸ボケになりました。
簡易防滴構造になっているのも心強いところです。

◎焦点距離:85mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/60秒 ISO:800

 

kawai85mmkawa4725

植え込みの奥にあるお花を、お花越しに撮りました。左のピンク色はバラの花の前ボケです。
秋バラの質感がよく出ていると思います。
背景はちょっと面白い感じにボケて、バラ部分と印象が全く違い、まるで絵画のようになりました。

◎焦点距離:85mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/125秒 ISO:200

 

kawai85mmkawa7534_01

この85mmは綺麗な丸ボケができます。思わずボケを主役にしたくなりますが、
丸ボケの存在感に負けないお花を選んで光の中に入れてみました。
ピントを合わせた花の縁は、キリッとして立体感があり、浮き上がっているようです。
もちろん、かなり深度は浅いので、ピント合わせは慎重に、です。

◎焦点距離:85mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/90秒 ISO:400

 

kawai7d2_85mm_2596

花の撮影用に85mmをリュックの中に忍ばせておいたのですが、
ふと使ってみようかと思い、超望遠からレンズを変更して撮影してみました。
リスは構図の中で小さくはなりましたが、落ち葉に囲まれた場所の雰囲気が出たと思います。
さすがポートレートレンズ、という感じで、毛の質感がよく表現できています。

◎焦点距離:85mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/800秒 ISO:200

 

85mmの単焦点レンズで、花を撮ろうとは思っていませんでした。
でも、新しいSPレンズシリーズは、全体的に使っていて気持ちがいいし、
特にSP 35mm F/1.8 Di VC USDでの花撮影はかなり気に入っているので、
85mmも試してみるとなかなかどうして、いいんです。
最短撮影距離が80センチなのがネックかなと思っていましたが、
普段よく遣うフルサイズボディーではなくて、
APS-Cボディーと使ってみたら、これがとても相性が良くて。
大きいお花ならフルサイズ、小さいお花ならAPS-Cという感じで、
カメラを変えて撮影するのも楽しかったです。

 

身近な方々の何人かは、このレンズを使ってポートレートを撮ったら、
急に褒められるようになった、とおっしゃっていました。
レンズを変えるということは視点が変わりますし、通常F/2.8のレンズを使っている方も、
F/1.8になれば表現が変わりますので新たな世界観を作れると思います。
背景のボケ味のふんわり感はもちろんですが、丸ボケもとてもきれいだから、
メインのお花よりも丸ボケになる背景を探したくなるかもしれないですね。
ポートレートレンズ、という印象がありますが、
ポートレートはもちろん、いろいろ使ってみると発見があると思います。
ピントはシビアですが、ピシッときた時の描写、質感表現はすごいですよ。

 

川合 麻紀 (かわい まき)企業の写真スタジオ勤務後、独立。
「彩り写真家」として様々な被写体を独特の色彩感覚で切り取る。女性限定写真教室Atelier Kawaiiphoto、EOS学園、クラブツーリズム、TVなどでの講師実績、展示会での発表多数。
書籍「露出を身につければ写真が変わる! 光と色の撮り方教室(朝日新聞出版)」など。
公益社団法人日本写真家協会、公益社団法人日本写真協会会員。

SP 85mm F/1.8は軸上・倍率色収差、コマ収差や非点収差を抑制することで画面周辺部までシャープな描写、合焦部の優れた解像力と柔らかい自然なボケ味で立体感のある美しい描写、eBAND(Extended Bandwidth & Angular-Dependency)コーティングの採用でゴーストやフレアの発生の抑制をそれぞれ実現し、ポートレート撮影に最適な優れた光学性能を誇ります。その他にも簡易防滴構造、防汚コートの採用でレンズの使用機会を拡大しています。

発売日:2016年11月17日
写真: SP 85mm F/1.8 Di USD (Model F016)

img

くわしくは...
ニュース:http://www.tamron.co.jp/news/release_2016/1104.html
製品ページ:http://www.tamron.jp/product/lenses/f016.html

85mmといえばポートレートでは標準とも言われる焦点距離。
人物との距離を適度にたもつことができるからだ。
SP 85mmは開放F値F/1.8と明るく、遠近感が極端に圧縮されることなしに背景をボカした表現ができる。
これが微妙な立体感を作りだし、ポートレートでは強い武器になってくれることは間違いない。
ではポートレート専用レンズかと言えば、もちろんそんなことはない。
どんなジャンルの撮影であっても良いレンズは良いレンズなのだ。

私には85mmの焦点距離は好きな画角の一つで、昔からスナップや自然撮影の際にも持ち出している。
スナップと言えば50mm標準から広角側のレンズが使われるケースが多いが、私はあえて85mmを持ち出す。
これは誰にでも当てはまる定説とはいえないが、
私の場合、両目でどこかを注視したときの視野が85mmの画角に近く、
「あっ」と何かを見つけたときの心で見ている視野をそのままフレーミングできるのがこの85mmなのだ。
それは100mmでは長すぎ、70mmでは短い。絶妙な焦点距離なのだ。
しかもSP 85mmの手ブレ防止機構は強力で、スナップでも強い味方になってくれる。
自然撮影ではSP 90mmマクロのような本格的な接写はできないが、
被写体が小さくなければ背景を大きくボカして被写体を浮き立たせた撮影が可能だ。

ここに掲載した作例はRAWで撮影しているが、レンズ補正の機能は一切使用していない。
作品として仕上げる場合はPhotoshopやSYLKYPIXを使用し、
プロファイルを利用したレンズ収差補正機能を使うこともあるが、
SP 85mmは色収差等もきわめて良く抑えられていて素のままでも十分にきれいだ。
またここのすべてのカットが手持ち撮影だ。

 

01-4062

ショーウィンドウの中のひょっとこにピントを合わせ、ガラスに映り込んだ通行人を写し込んだもの。
通行人の写り方を気にしながらタイミングを計ってシャッターを切っている。
開放絞りでも十分なシャープネスがあり、また映り込みの挙差のあるところは適度にぼかすことができている。

◎焦点距離:85mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/320秒 ISO:200

 

02-3989

銀座に最近できた新しい建物。その独特な風貌を見ると誰でもレンズを向けたくなるだろう。
そのときの「あれイイ!」と思ってレンズを向けた時に、そのポイントを切り撮ってくれる画角。
それが85mmという焦点距離だ。
折り重なるガラスフレームと反射、明暗の微妙な濃淡が私の目を引いたが、そのポイントだけを切りとっている。

◎焦点距離:85mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/50秒 ISO:400

 

03-4083

スナップでの人物撮影であまり長いレンズを使うと盗み撮りのようなイメージになる事が多いが、
85mmくらいだと、適度な距離感、遠近感で被写体を浮き立たせながら撮ることができる。
実像のシャープな世界と映り込みのエッジのボケた世界が凝縮された部分だけを切り撮り、モノクロで表現してみた。
SP 85mmは階調再現も良く、人物の黒い服の深み、肌の微妙なトーン、
映り込んだ明るい部分の微妙なハイライトトーンと、モノクロにも楽しいレンズだ。

◎焦点距離:85mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100

 

04-4050

SP 85mmは解像感も高く、5000万画素オーバーのカメラでもシャープな像を見せてくれる。
質感をある程度見せるために絞りをF/5.6まで絞りモノクロで表現。
かなりの樹齢となり傷んだ木の幹の質感をトーンをしっかり再現しており、
またいたずらで傷つけられた部分までもシャープに描いている。
スナップ的に写しているので手持ちで1/50秒という低速なシャッター速度だが、しっかりシャープに。
手ブレ防止機構サマサマである。

◎焦点距離:85mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/50秒 ISO:100

 

05-4045

なんでもボカせばよいというわけではないが、ボケは主題を強調してくれる便利なテクだ。
SP 85mmのボケは大きく美しい。
しかも大きくボケた部分とピントが合っている部分のつながりが良く、とてもナチュラルに描写してくれる。
とはいえボケのおかげで合焦ポイントは浮き立つ。この微妙な立体感がSP 85mmの大きな魅力の1つだ。

◎焦点距離:85mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/100秒 ISO:100

 

06-3880

オレンジ色に近いキバナコスモスの花から花へ、これまたオレンジ色の蝶が飛び回っていた。
両方の色が似過ぎているし、離れて撮ると沢山の花が画面に入りすぎてゴチャつくため普通なら避けるところだ。
F/1.8の開放ならピントを合わせた蝶をしっかり浮き立たせてくれ、
しかも周りに沢山の色のボケを入れることもできた。
これももちろん手持ち。ピントはMFに切り替えて、最短撮影距離にセットして体を前後させて微妙なピント合わせを行っている。

◎焦点距離:85mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/2000秒 ISO:100

 

07-3966

SP 85mmの大きな魅力の1つは大きく綺麗なボケだ。
少し飛び出した位置にある花の花心にピントを合わせ、手前と奥にボケた花を、
背景には被写体が浮き立つ暗い背景を選び、なおかつ木漏れ日が丸くボケるように配置。
こういうシンプルな構成で絵にしやすいレンズといえる。

◎焦点距離:85mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/800秒 ISO:200

 

Profile

諏訪 光二(すわ・こうじ)

1968年東京生まれ。日本大学芸術学部写真学科中退。各種写真教室講師。京都造形芸術大学講師。G-Technologyアンバサダー。EIZO ColorEdge グローバルアンバサダー。SAMURAI FOTO会員。

 

 

諏訪光二さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 85mm F/1.8 Di VC USD(Model F016)製品ページ:
http://www.tamron.jp/product/lenses/f016.html

TAMRON SPレンズ85mmを使って犬を撮影してみた。
TAMRON SPレンズ85mmは人物ポートレートで使っている方が多いようだが、
ペットの撮影でもその実力を大きく発揮してくれた。
まずは大型ストロボを使ってのスタジオポートレート。
1mほど離れた位置から撮影してみたが、SP 85mmは開放F値がF/1.8と小さいので、
少し距離をとって撮影しても背景を柔らかくぼかすことができる。
背景はふんわりと撮れるがピントの合った位置は非常にシャープで、
犬の細かい毛の質感を美しく表現することができた。

 

_dm25261_1011

◎焦点距離:85mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/200秒 ISO感度:100

 

0184_dm24389_1011

◎焦点距離:85mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/50秒 ISO感度:400

 

_dm2449702_1011

◎焦点距離:85mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度:100

 

そして今月はハロウィン、愛犬と一緒にハロウィン撮影を楽しむ方も多い。
こちらのハロウィンの写真は室内の電気を消して、
電球色のライトで少しだけ犬に光を当て、その場の雰囲気を生かして撮影した。
TAMRON SPレンズ85mmは開放F値が小さいので、
このような暗いシーンでも三脚を使わずに手持ちで撮影することができる。
開放F値が小さい分、シャッター速度をかせぐことができるのはとても大きなアドバンテージだ。
またこういった決めカットの撮影でなく、何気ないペットの仕草も表情でも、
背景や前景をふんわりとぼかすことで日常のシーンをすてきな絵にすることもできる。
ポートレート専用としてだけではなく、日常使いでも活躍が期待できる便利な1本だ。

 

0202_dm244071

◎焦点距離:85mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/100秒 ISO感度:800

 

Profile

中村 陽子(なかむら・ようこ)

大阪市生まれ。カナダ トロント市在住中に犬と暮らし始めそのころからペットの撮影を始める。(有)ドッグファーストとスタジオD1を設立。広告を中心としてペットや子供の撮影などを手掛ける。写真教室の講師(撮り方、カメラの使い方、ペット撮影、子供撮影、テーブルフォト講座など)カメラ専門誌・愛犬雑誌でも活躍中。
風景写真やテーブルフォトの要素をペットの撮影に取り込んだ作品が特徴。

 

ホームページ
http://www.dogs1st.net/index.html

Facebook
https://www.facebook.com/yokonakamurad1/

 

中村 陽子さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 85mm F/1.8 Di VC USD(Model F016)製品ページ:
http://www.tamron.jp/product/lenses/f016.html

優しく、かわいく、綺麗な世界観を得意とするフォトグラファー、若子jetさんが、街歩きのスナップをSP 85mmで撮影。このレンズのさらなる魅力をご覧下さい。

 

00004dsc_1703

◎焦点距離:85mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/125 ISO:100

 

00006dsc_1738

◎焦点距離:85mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/200 ISO:100

 

00011dsc_1785

◎焦点距離:85mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/200 ISO:100

 

00001dsc_1654

◎焦点距離:85mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/400 ISO:100

 

00014dsc_1802

◎焦点距離:85mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/800 ISO:100

 

00017dsc_1857aaa

◎焦点距離:85mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/50 ISO:100

 

00018dsc_1873

◎焦点距離:85mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/60 ISO:100

 

今までポートレートレンズとして楽しんできたSPレンズ、今回はTAMRON SPレンズ85mmでの街歩きを楽しんでみた。
撮影場所はどんどん新しくなっていく豊洲エリア。
「水彩都市」として愛される街並みは、海や川などの運河、緑が多く、とくに晴れた日には歩いているだけで気持ちのいい街だ。

TAMRON SPレンズ、85mmのクリアな色再現の描写はふわっと柔らかく、とくに絞りをF/1.8開放値にした時に仕上がる絵がとても気に入っている。
夕景時の後ボケの、重なる丸ボケも中望遠だからこその背景の圧縮効果がとても美しく、撮影していてとても気持ち良い。
そして、夕景、夜景の手持ち撮影の際には、暗くなるにつれて手ブレなどが気になったりするのに対し、暗い中でも手ブレ補正機構「VC」がついていることで安心して撮影をすることができた。

中望遠だからと、ポートレート撮影専用にするにはもったいない、スナップにも大活躍する一本である。

 

Profile

若子jet

岐阜県岐阜市生まれ。 名古屋造形大学卒業。 撮影スタジオ勤務後、出版社写真部を経て、写真家松本明彦氏に師事後、独立。
被写体は人物を中心に、雑誌、広告等の撮影をする一方、展覧会でも発表多数。 ライフワークとして街スナップを楽しんでいる。
優しく可愛く綺麗な世界観を得意とする。
2016年7月、若子jet写真集「キッチュa GO!!GO!! 浪花編」好評発売中。 https://wakakojet.thebase.in

 

ブログ:若子jetのセンチメンタル日記
http://wakakojet.exblog.jp/

 

Instagram https://www.instagram.com/wakakojet/
twitter    https://twitter.com/wakakojet

 

若子jetさんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 85mm F/1.8 Di VC USD(Model F016)製品ページ:
http://www.tamron.jp/product/lenses/f016.html

1 / 212

カテゴリ