TAMRON LENS BLOG

写真家・並木隆氏が、旅先で出会ったシーンを18-400mmで撮影。
刻々と変る目の前の景色を、高倍率ズームの機動性を活かして撮影した写真をご覧下さい。

 

_MG_0109

◎焦点距離:400mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/25秒 ISO感度:1600

 

_MG_0059

◎焦点距離:400mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/13秒 ISO感度:3200

 

_MG_0960

◎焦点距離:18mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/80秒 ISO感度:100

 

_MG_1033

◎焦点距離:35mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度:100

 

_MG_0026

◎焦点距離:400mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/160秒 ISO感度:1600

 

_MG_0092

◎焦点距離:42mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/15秒 ISO感度:1600

 

_MG_0050

◎焦点距離:18mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/50秒 ISO感度:100

 

_MG_0067

◎焦点距離:209mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/80秒 ISO感度:1600

 

_MG_0239

◎焦点距離:18mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/4秒 ISO感度:400

 

フルサイズ換算で640mm相当の画角が得られる望遠側。超がつく焦点距離域は、ちょっとした身体の動きでフレーミングが大きく変わってしまいます。しかし、搭載されているVC機構は、2.5段分というスペック以上の効果を体感することができました。OFF時との差は歴然で、望遠側で撮影していても細かなフレーミングがしっかりできるくらいファインダー像が安定しています。

夕暮れ時の光がどんどん少なくなっていく状況で、積極的に望遠側を使って、手持ち撮影ができるのは非常に大きなメリット。望遠側が延長されても、気軽に手持ち撮影ができなければ、単に使いにくいレンズになってしまいますからね。
とはいえ、陽が沈んで光が少なくなると、流石にどこでもというわけにはいかなくなります。でも、ここが高倍率のメリット。ISO感度を上げていっても手ブレしてしまうようなら、300mm、200mmと徐々に短い焦点距離を選択していけばいいのです。焦点距離が短いほど手ブレはしにくくなりますからね。
レンズ交換をせずに、広角18㎜から超望遠400mmまで焦点距離が選べる、高倍率ズームならではの機動性の高さとメリットを感じました。

 

namiki並木 隆

1971年生まれ。
高校時代、写真家・丸林正則氏と出会い、写真の指導を受ける。
東京写真専門学校(現・東京ビジュアルアーツ)中退後、フリーランスに。
花や自然をモチーフに各種雑誌誌面での作品発表。
日本写真家協会、日本写真協会、日本自然科学写真協会会員。

 

並木 隆氏にお使いいただいた、18-400mmの製品情報についてはこちら
18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD(Model B028)製品ページ

「18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD」(Model B028)を持って街歩きスナップを楽しんでみました。

超望遠というと、三脚や一脚にすえての撮影を想像してしまいますが、このレンズは女性の私にとっても嬉しい、全長121.4mm、重量705gと小型で軽量、手のひらにもしっかりと乗っかるほどのコンパクトな大きさです。街スナップ時に手持ちで持ち歩けます。それほどスリムで、幅広いジャンルにも活躍してくれるレンズです。

また、レンズ1本で色々な作風の引き出しを演出してくれるレンズです。ズーム倍率が世界初22.2倍。高画質を保ちながら望遠側400mm(35mm判換算620mm相当)で、迫力のある画が撮れます。 それでいて、期待を上回る優れた画質、描写力に圧倒されました。 また、フレアやゴーストを抑えることによって、さらにクリアでより抜けのいい画質を実現しています。 かなり幅広い焦点領域となる広角、標準、望遠以外に、近接撮影としても楽しめます。 ズーム全域で45cmまで寄れてしまうので、簡易的なマクロ撮影も楽しむことができます。

街歩きでは、街で出会った方を撮影したり、お店の方に許可を得て撮影をする機会も多々あると思いますが、手ブレ補正機構「VC」があるおかげで、シャッタースピードが遅めな暗い室内や影のある場所などでも、安心して撮影をすることが出来ます。

また、ズームロック機構がついており、携帯時の自重落下を防いでくれるのも、撮影する側にとってありがたいです。 途中、小雨が降って来た際にも簡易防滴があるおかげで、安心して撮影に挑めました。18-400mm はコンパクトながら撮影する側の気持ちを察してくれるかのような機能がたくさんあり、使い勝手にも優れたレンズだと思います。

そして18-400mmは幅広いズーム域と携帯性に優れたレンズとして、写真生活に新たな楽しさを期待させてくれると思います。 次回は近場の街歩きだけでなく、旅スナップとしても持ち歩いてみたい。 色々なシーンに活躍してくれるレンズであることは間違いなしです。

 

bDSC_4786

柔らかなお花の前ボケに、迫力のある赤ちょうちんの絵が撮れました。

◎焦点距離:155mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/80秒 ISO感度:100

 

bDSC_4798

可愛らしいドラム缶の上に置かれた、マネキンの足元を撮影しました。 主役対象物を力強く引き寄せてくれます。

◎焦点距離:86mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度:400

 

bDSC_4799

美味しそうなたい焼き屋さんを見つけました。
世界初のズーム比22.2倍、18-400mmをカバーする超望遠高倍率ズーム400mmの望遠側で、離れた反対側の道から大きく撮影してみました。重なった前後のたい焼きも柔らかに描写していて、400mmの引き寄せ効果により、おいしそうなたい焼きに見事に誘われました。笑

◎焦点距離:400mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/100秒 ISO感度:100

 

隘ソ隗呈ァ・cDSC_4917

たい焼きを食べ歩きながら、公園に到着しました。簡易防滴構造があるおかげで、ボートの水しぶきなども気にすることなく、撮影が可能です。コントラストもメリハリがあり、色再現のバランスが優れていることがよくわかると思います。

◎焦点距離:80mm 絞り:F/5 シャッタースピード:1/640秒 ISO感度:100

 

テクテクとまち歩きをしました。小型軽量、手ブレ補正機構付きのコンパクトレンズのおかげで、気になった被写体を主役に、手持ちでサクサクと歩きながらの撮影が可能です。

隘ソ隗呈ァ・cDSC_5125

◎焦点距離:86mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/125秒 ISO感度:100

 

bDSC_5060

◎焦点距離:100mm 絞り:F/5.3 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:800

 

bDSC_5038

少し小腹が空いてしまったので、素敵な古民家が立ち並ぶパン屋さんに寄りました。とても美味しそうなパンだったので、思わず定員さんに声をかけ、撮らせてもらいました。 焦点距離18mmでの広角撮影、1/20のシャッタースピードでも手ブレ補正機構のおかげで、安心して撮影することができます。 そして真夏の撮影時には、水分補給もしっかりととることが大事です。お庭にてほんの少し、休憩をさせていただきました。

◎焦点距離:18mm 絞り:F/5 シャッタースピード:1/20秒 ISO感度:500

 

bDSC_5043

店内の気になったモチーフを撮影させていただきました。
背景が窓際、逆光での撮影でもカーテンの布の質感、ディティールまでも鮮明に写し出されているのがよくわかります。

◎焦点距離:75mm 絞り:F/5 シャッタースピード:1/80秒 ISO感度:800

 

DSC_0159

最短撮影距離は全域45cmということで、テレマクロとしても撮影を楽しむことができました。 飾られた造花を撮影した結果、肉眼では気がつかなかった造花の繊維までも細かに写し出されています。常用の実用レンズとしても、非常に便利なレンズだと思いました。

◎焦点距離:400mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/40秒 ISO感度:800

 

bDSC_5139

反対側の道から、焦点距離400mmにて猫の素顔を、お花越しに撮影をしました。 ふわっとした溶け込むかのような柔らかさに、猫の表情までも鮮明に再現してくれました。

◎焦点距離:200mm 絞り:F/6 シャッタースピード:1/100秒 ISO感度:800

 

wakakojet若子jet

岐阜県岐阜市生まれ。名古屋造形大学卒業。 撮影スタジオ勤務後、出版社写真部を経て、写真家松本明彦氏に師事後、独立。

被写体は人物を中心に、雑誌、広告等の撮影をする一方、展覧会でも発表多数。 ライフワークとして街スナップを楽しんでいる。 優しく可愛く綺麗な世界観を得意とする。

 

2016年7月、若子jet写真集「キッチュa GO!!GO!! 浪花編」好評発売中。

https://wakakojet.thebase.in

ブログ:若子jetのセンチメンタル日記

http://wakakojet.exblog.jp/

Instagram https://www.instagram.com/wakakojet/

twitter https://mobile.twitter.com/wakakojet

 

■18-400mm製品情報はこちら

18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD(Model B028)

皆さん、こんにちは。今年もタムロン・マクロレンズ フォトコンテスト、「ノンジャンルの部」の審査員をやらせていただきます岡本洋子です。身近な被写体を撮影するテーブルフォトは自宅で気軽に楽しめますから暑い夏にはぴったりですね。素敵な作品が撮れたらコンテストの「ノンジャンルの部」にぜひ応募してくださいね。

 

身近な被写体でテーブルフォトを楽しもう!

食べるのももったいないようなきれいな色と形の干菓子をいただいたので、食べる前に写真を撮っておこうと思いました。窓際のレースのカーテン越しに光が入るテーブルの上に壊さないようにそおっと干菓子を並べます。下にうちわを置いて和風なイメージにしてみました。窓辺から差し込む柔らかい夕方の光がやや赤みを帯びてレトロな色合いの雰囲気になりました。あとはどのように撮るか、アングルとフレーミングです。一つ一つの形がわかるように真上から俯瞰的に撮ることで一つ一つの干菓子の繊細な形や質感が描写できました。干菓子の入った入れ物全体は入れずにカットして動きを出しています。

_YOD9425

◎絞り優先AE F/8.0 シャッタースピード1/25秒 ISO1000 +1.3EV補正

 

夏らしい見た目も爽やかできれいなオレンジゼリーはテーブルフォトの被写体にぴったりです。平らなガラスのお皿の上にゼリーを置いて、オレンジ色がより映えるようにイタリアンパセリの葉っぱを真ん中に飾ってみました。窓際のダイニングテーブルの上に置いてガラスのお皿の下には網目模様のあるランチョンマットを敷きました。お昼時の太陽は窓を明るく照らし、逆光の光はゼリーの立体感や透明感を出してくれました。全体は入れずに斜めのアングルから縦でフレーミングすることで手前から奥への奥行き感も出ました。窓からの光が青味を帯びて夏のイメージにぴったりなクールな印象になりました。

_YON3527

絞り優先AE F/3.8 シャッタースピード1/30秒 ISO100 +0.3EV補正

 

ジュエリーの撮影にも挑戦です。トンボの羽のブルーの石が印象的なペンダントトップを撮ってみました。光は窓辺の昼間の自然光を利用しています。透明なアクリルの板があったので、その上にペンダントを置いて、10㎝くらいのアクリルの板の下の隙間にピンク色の皺のテクスチャーのある紙を敷いて背景に利用しました。紙の上に直接置いたわけではないのでジュエリーの平面性を保ちつつ背景との距離が適度にあるので皺の表情も出て面白い効果になりました。ジュエリーの硬質な輝きを出すためにボカさずにF/18まで絞り込んで撮っています。

_YON3507

絞り優先AE F/18 シャッタースピード1/6秒 ISO100 +0.3EV補正

 

貝殻で作った面白い形のピアスがあったので、それを飾りの額にぶら下げて撮ってみることにしました。窓辺に木のトレーを置いてレースのカーテンを引いて背景にしています。木の板はトレーを逆さまにして荒い木目を利用しました。レフ版を使っただけでは手前からの光が暗く貝殻の虹色の輝きが出なかったのでクリップオンストロボを使って光を手前から当ててみました。ストロボの発光体の部分には据え付けのディフューザーを使い光を柔らかくしていますが、バウンスさせずに正面から当てて素材から光を反射させています。イメージ通り貝殻の複雑な模様が浮かびあがりました。絞りはあまり絞らずに手前のピアスだけにピントを合わせ、あえて後ろのピアスはボカしています。

_YON3452

絞り優先AE F/8.0 シャッタースピード1/80秒 ISO100 -0.3EV補正  ストロボ発光

 

100円ショップで買った小さな木の椅子とテーブルを小道具として使ってみました。テーブルの下に敷いたのは英字新聞が印刷されたラッピング用紙です。奥行きを持たせるために工夫をしてみました。テーブルの上には主要被写体のネックレスを置いてその後ろの椅子にはインコに似せて作った模型があったのでそれを置いてみました。手にとってみるといかにもという作り物に見えますが、背景でボカしてしまえば粗も見えません。被写体の距離とレンズの絞りをコントロールして上手くボカして奥行き感がでました。逆光気味の光線なので被写体が暗くならないように露出はプラスに補正しています。

_YON3577

絞り優先AE F/5.0 シャッタースピード1/15秒 ISO100 +1.0EV補正

 

テーブルフォトは特別にどこかへ出かけなくても身近にある素材を被写体に、ちょっとした工夫をすれば誰もが楽しめる撮影手法です。そしてそこで活躍するのが被写体に近づけるマクロレンズです。単焦点のレンズならではの明るい開放値と描写の良さも魅力です。小さな被写体を大きく写すことで、細部の質感も見えてきます。また近寄ることによって大胆にボカしたりとボケ味の表現がコントロール可能です。テーブルフォトの撮影を楽しむときに、光は窓辺から射す自然光を利用するといいでしょう。逆光気味になり手前が暗くなるのでこれを補うのにレフ板を使ったり、プラスに補正するのもコツです。時間帯によっては光の色も変わってきますし、室内光も利用するのであれば、ホワイトバランスもオートがいいのか、いろいろとイメージに合わせて調整してもいいでしょう。あとは背景にくるものや小物を上手く活用して楽しく撮れたらいいですね。身近な被写体を利用してテーブルフォトに挑戦してみてください。そして素敵な写真が撮れたら、ぜひマクロレンズ フォトコンテストの「ノンジャンルの部」に応募してくださいね。

 

okamoto岡本洋子(おかもと・ようこ)

東邦大学生物科を卒業。12年間の会社勤務の後、日本写真芸術専門学校にて写真を学ぶ。卒業後は秋山庄太郎氏のアシスタントを務め、独立フリーへ。現在、花や植物、風景を主に撮影。各種撮影会や写真教室講師を務める。

女子美術大学非常勤講師
日本写真協会会員(PSJ)
日本自然科学写真協会会員(SSP)
フェイスブック https://www.facebook.com/yoko.okmoto.5

 

岡本洋子さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F017)製品ページ

 

岡本洋子さんが審査員をつとめるタムロン主催のフォトコンテスト
詳細についてはこちら:募集期間は5月15日~10月15日
第14回 タムロン・マクロレンズ フォトコンテスト 詳細ページ

先日「18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD」(Model B028)の発売直前となる、体験撮影セミナーで講師を担当させていただきました、写真家の若子jetです。 暑い中お集まりいただいた参加のみなさま、誠にありがとうございました。

今回は体験撮影セミナーにて、皆さんと一緒に撮影したものをご紹介したいと思います。「18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD」(Model B028)は、APS-Cサイズ相当デジタル一眼レフカメラ専用の高倍率ズームレンズ。世界初の18-400mm(35mm判換算28-620mm相当)の焦点距離をカバーしています。

望遠側の描写に期待が集まっていましたので、多くの動物を特に望遠側の400mm(35mm判換算620mm相当)で狙ったところ、写し出される画に圧倒されてしまいました。 体の輪郭やディティール、毛並みまでも、望遠側での圧縮効果、引き寄せ効果を多く得られます。 高画質を保ちながら迫力のある画を捉えることができました。描写も美しく、息をのむほど。 また、フレアやゴーストを抑えることによって、クリアでより抜けの良い画質を実現しています。

18-400mmは、近くにいる動物も、近寄れない遠くにいる動物もダイナミックにおさめることのできる幅広い焦点距離のレンズなので、自分の表現したい距離感で動物を捉えることが可能です。 体験撮影セミナーでの限られた時間の中で、レンズ1本で様々な撮影表現を楽しむことができまし た。

また、「18-400mm  F/3.5-6.3  Di  II  VC  HLD」(Model  B028)は、レンズ全長121.4mm、質量705gと小型軽量です。 カメラバックにはカメラボディと1本のレンズのみで出かけることもできるので、撮影時だけでなく 持ち歩きの軽量化にもなり、嬉しいです。 動物園や水族館などの撮影では三脚が使用不可の箇所なども見られる中、コンパクトかつVC機能(手ブレ補正)のおかげでサクサクとアクティブに撮影ができる事がとてもありがたいです。 動物の動きが読み難い場合でも、瞬間的に水面に顔を出してくれた表情を捉えることが出来ました。

また動物園園内を歩いていると、夏場の動物園は至る所で散水されていたり、シロクマが勢いよく水を吹き飛ばします。そんな中でも簡易防滴があるおかげで、水しぶきなどを気にせずに集中して撮影に挑めました。

さて7月20日に発売となった「18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD」(Model B028)、 色々なシーンに幅広くお使いいただける1本となることは間違いないでしょう。この夏を18-400mmと一緒に過ごしてみませんか?

 

DSC_4350 (5)

気持ちよく水面を泳ぐホッキョクグマ。 瞬間的に水面からお顔を出してくれたので、嬉しくて思わずシャッターを切りました。 勢いよく顔を振って飛び散る水しぶき、それと共に揺れる毛並みなど、瞬間的に捉えることが出来ました。

◎焦点距離:400mm 絞り:F/9 シャッタースピード:1/2000秒 ISO感度:500

 

aDSC_4377鼻上角修正

日陰でのサイはVC機能のおかげで手ブレする事なく安心して撮影に挑む事が出来ました。

◎焦点距離:220mm 絞り:F/7.1 シャッタースピード:1/100秒 ISO感度:1000

 

DSC_4350 (6)

猛暑の中、お昼寝を始めたトラ。 せっかくなので、400mmで毛並みを撮ることにしました。手前から奥への圧縮効果があり、高倍率ズームならではの素晴らしい画を収めることが出来ました。

◎焦点距離:400mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/20秒 ISO感度:1000

 

DSC_4350 (3)

動きの少ないハシビロコウ。 この日は混み合っている3連休という事もあり、激しく動いてくれました。笑 ハシビロコウの身体の解像感、くちばしの質感まで鮮明に再現してくれました。

◎焦点距離:400mm 絞り:F/7.1 シャッタースピード:1/100秒 ISO感度:400

 

DSC_4350 (2)

複数匹のワオキツネザルを撮影しました。 体長約40cmほどのものを大きくダイナミックに捉え、重なる身体の距離を圧縮効果でぎゅっと縮め、充実感ある構図で撮ること が出来ました。

◎焦点距離:400mm 絞り:F/7.1 シャッタースピード:1/100秒 ISO感度:400

 

DSC_4350 (1)

フォトジェニックな紅色をしたフラミンゴは、体験会参加者にも人気の動物でした。 柔らかな身体の質感を再現する事が出来ました。 後ボケの丸ボケも美しく、画の収まりがよく撮影できました。

◎焦点距離:400mm 絞り:F/7.1 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:400

 

DSC_4889

簡易防滴があるおかげで、安心して撮影する事が出来た水面の動物たち。 水鳥の顔の表情だけでなく、背景も作品の一部として、切りとる事が可能です。 ピントの合った箇所は、シャープに再現されていました。

◎焦点距離:400mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:100

 

DSC_4350 (7)

ペンギンの黒い身体の箇所も階調が潰れる事なく、しっかりと質感を残してくれています。

◎焦点距離:400mm 絞り:F/7.1 シャッタースピード:1/400秒 ISO感度:400

 

DSC_4350 (4)

バーバリーシープを撮影しました。角の質感、色、形状までも鮮明に写し出されている事がよく分かります。大きくて立派な角に凛としたかっこいい表情をおさめる事が出来ました。

◎焦点距離:400mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/160秒 ISO感度:1250

 

wakakojet若子jet

岐阜県岐阜市生まれ。名古屋造形大学卒業。 撮影スタジオ勤務後、出版社写真部を経て、写真家松本明彦氏に師事後、独立。
被写体は人物を中心に、雑誌、広告等の撮影をする一方、展覧会でも発表多数。 ライフワークとして街スナップを楽しんでいる。 優しく可愛く綺麗な世界観を得意とする。

 

2016年7月、若子jet写真集「キッチュa GO!!GO!! 浪花編」好評発売中。
https://wakakojet.thebase.in

ブログ:若子jetのセンチメンタル日記
http://wakakojet.exblog.jp/

Instagram https://www.instagram.com/wakakojet/
twitter https://mobile.twitter.com/wakakojet

 

■18-400mm製品情報はこちら
18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD(Model B028)

■今回の体験撮影セミナーにご協力頂いた動物園についてはこちら
上野動物園
天王寺動物園

このたび新発売となる、驚異の「超望遠高倍率ズーム」18-400mmの魅力をお試しいただく、体験撮影セミナーを開催します。
b028_thumb

会場は、東京と大阪の二会場。写真家:若子jetさんのご案内で、超望遠400mmの実写体験やメーカー担当者による新製品の特長、試しどころなどの解説を行います。 発売直前の新製品を、実際に手に取って撮影できる貴重な機会です。ぜひご参加ください。
東京/大阪、ニコン/キヤノン用の各募集定員は12名です。ご予約はお早めに。※先着順です

詳しくはこちらへ>>
http://www.tamron.jp/special/seminar/b028_wakakojet/

■「若子jet」さんのプロフィール
若子jetさん
岐阜県岐阜市生まれ。名古屋造形大学卒業。 撮影スタジオ勤務後、出版社写真部を経て、写真家松本明彦氏に師事後、独立。 被写体は人物を中心に、雑誌、広告等の撮影をする一方、展覧会でも発表多数。 ライフワークとして街スナップを楽しんでいる。 優しく可愛く綺麗な世界観を得意とする。

2016年7月、若子jet写真集「キッチュa GO!!GO!! 浪花編」好評発売中。
https://wakakojet.thebase.in

ブログ:若子jetのセンチメンタル日記
http://wakakojet.exblog.jp/

Instagram https://www.instagram.com/wakakojet/
twitter https://mobile.twitter.com/wakakojet

1 / 1512345...10...最後 »

カテゴリ