TAMRON LENS BLOG

桜と言えば春の代表的な花ですが、冬の寒空にピンク色のきれいな桜が咲いていました。花も大振りでピンク色も濃く花付きもいいようです。なんという名前かしらと思って樹名板を見てみると“ヒマラヤザクラ”とありました。50年くらい前にネパールの皇太子より贈られた桜だそうです。花芯も長くアップにして撮るのも面白いと思いマクロで狙ってみました。背景の色は赤く色づいた紅葉の葉っぱです。秋色を背景に、ピントは大振りのシベに合わせ絞り過ぎず開け過ぎずとF/8で撮りました。三脚は使えなかったので、手ブレ補正機能を活用して風に揺れる被写体を捉えるために何度かシャッターを切りました。新しい手ブレ補正機能は大いに役立ってくれました。

冬のさくら

冬のさくら

◎焦点距離90mm 絞り優先AE F/8.0 シャッタースピード1/400秒 ISO400 +1.0EV補正

 

冬になると鮮やかな葉っぱや花が減って、樹々は枯れて葉っぱは落ちます。そうすると枯れて残った葉っぱが目立つようになって面白い被写体になります。日の当たった枯れた葉っぱの表面に手前の小枝の影が黒く映っています。これは光がなければ存在しない、光が作り出したアート作品を撮らせてもらったものです。周囲の色も枯草色のシックな茶色でまとめることができました。カメラと葉っぱがなるべく平行になる位置を探して、絞りはあまり絞らずに撮りました。枯れた葉っぱが光で輝いて渋い革のような質感です。このような質感が描写できるのもマクロレンズならではだと思います。

影模様

影模様

◎焦点距離90mm 絞り優先AE F/4.2 シャッタースピード1/1250秒 ISO800 +0.3EV補正

 

なんという葉っぱかわかりませんが、枯れて小枝に引っかかってぶら下がっていました。風に吹かれてゆらゆらと揺れていましたが、オートフォーカスで右側の葉っぱにピントを合わせて撮りました。オートフォーカスも素早くピシッと合い気持ちいいですね。主役が地味な色合いなだけに背景にくる色は意識して、緑の葉っぱや赤い花の色をぼかしてアクセントに利用しています。枝に引っかかる小枝の位置を三分割上に配置して葉っぱの右側の空間が空くようにフレーミングし、柔らかい背景から葉っぱが浮かび上がるように撮りました。ピントの合ったところはシャープで、それでいてとろけるようなボケの美しさは明るい開放値のマクロレンズならではですね。

風に吹かれて

風に吹かれて

◎焦点距離90mm 絞り優先AE F/3.5 シャッタースピード1/250秒 ISO800 +0.3EV補正

 

冬ならではの被写体の一つにイルミネーションがあります。暗くて撮るのが難しいイメージがありますが、光そのものは明るいので露出オーバーにならないようにアンダー目に撮ればライトの色もきれいに撮れます。イルミネーションは光の玉ボケがファンタジーに表現できますから、玉ボケができる位置を探して撮りました。前景に玉ボケになるツリーの光を大きく入れて中景のツリーの光がそれよりは小さく、一番奥にピントを合わせた主役の女神のイルミネーションを重ねて玉ボケの光をまとうようにフレーミングしました。玉ボケをやわらかくしたかったので絞りは開放で。

光の女神

光の女神

◎焦点距離90mm 絞り優先AE F/2.8 シャッタースピード1/30秒 ISO100 -0.7EV補正

 

イルミネーションは色々なフィルターを使うことで面白い効果が得られます。これはソフト効果とクロスの光条効果のあるクロスフィルターを使っています。光条の方向はフィルター枠を回すことで好きな位置に変えられます。丘の上を歩く人物のシルエットを、斜面に広がる緑色の光と赤い背景のイルミネーションで挟んでソフトクロスを効かすことで非現実的な、夢のような雰囲気になりました。二人連れの人物が来るまで待ってちょうどいい位置でレリーズしています。90㎜のマクロレンズは開放絞りの明るい単焦点レンズとしても活躍するので、暗い場面でもピント合わせやフレーミングのしやすさは抜群です。

夢の中

夢の中

◎焦点距離90mm 絞り優先AE F/6.3 シャッタースピード1/13秒 ISO1600 -1.0EV補正

 

普段、花や植物を撮る私にとって、冬というのはちょっと変わった被写体が撮れる面白い季節なのです。普通に考えれば花や緑もないし、何を撮ればいいの?っていうことですが、冬になれば樹々の葉っぱが落ちて樹形や枝が目立ってきます。また生い茂っていた緑がなくなり背景がシンプルになってきます。フォトジェニックな乾燥して枯れた葉っぱや質感の面白い被写体がそこかしこにあって、上手く背景と組めばそれこそアートな作品に仕上がります。花だって実や種になって面白い被写体です。主役の色合いは渋くて地味目ですが、背景に光や明るい色をもってくれば十分美しい作品になります。小さな被写体が豊富な冬の時期はマクロで寄って撮るのが面白いのです。また冬の風物詩、イルミネーションも最近では色々なところで開催されて身近な被写体になりました。マクロレンズの明るい開放値と柔らかなボケを活かしてファンタジーな表現が可能です。外は寒いですけど冬ならではの被写体を見つけにでかけましょう。北風に負けないように!

 

okamoto岡本洋子(おかもと・ようこ)

東邦大学生物科を卒業。12年間の会社勤務の後、日本写真芸術専門学校にて写真を学ぶ。卒業後は秋山庄太郎氏のアシスタントを務め、独立フリーへ。現在、花や植物、風景を主に撮影。各種撮影会や写真教室講師を務める。

女子美術大学非常勤講師
日本写真協会会員(PSJ)
日本自然科学写真協会会員(SSP)
フェイスブック https://www.facebook.com/yoko.okmoto.5

 

岡本洋子さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F017)製品ページ:
http://www.tamron.jp/product/lenses/f017.html

タムロン マクロレンズフォトコンテストの「ノンジャンルの部」で審査をご担当される、
写真家 岡本洋子氏が撮影されたマクロレンズによる作品をご覧下さい。

 

茜色に染まる

茜色に染まる

マクロレンズの大きな特徴は、何と言っても小さな被写体に近寄って大きく写せるという事でしょう。
ですからマクロレンズを持つとついつい小さな被写体ばかりをアップで狙う撮り方ばかりで終わってしまっている場合があります。それは何とも勿体無い話です。
90mmの焦点距離、それも単焦点のレンズ性能を活かした撮り方ができるのです。
このレンズはポートレート撮影にももってこいなのです。
単焦点ですから自分が動いて撮影距離は調整しないとなりませんが、クリアな描写とボケの美しさはピカイチです。
この写真は夕空を背景にストロボを焚いて人物が暗くならないよう撮ったものです。
フルサイズのカメラボディにつけて人物の全体、バストアッップを撮るには適度な距離間もあって、
被写体に威圧感を抱かせず自然体で撮ることができました。

◎SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model F017)
絞り優先AE F/3.5 シャッタースピード1/250秒 ISO100 -2.0EV補正 ストロボ強制発光

 

クリスタルシャワー

クリスタルシャワー

マクロレンズならではの、花の蕊(シベ)の先端に付いた水滴の写真です。
最短撮影距離まで目一杯近寄って、先端の水滴の中にピントを合わせたものです。
雨上がりのレンゲツツジに水滴の粒がたくさん付いていました。
落とさないよう細心の注意を払い、静かにピントを合わせました。
花の傍は三脚の立てづらい状況でしたので、三脚で自分の体を支え、
ピントをマニュアルフォーカスにして最短撮影距離で置きピンにして、
自分の体を前後に動かして水滴の中にピントの合う位置を探して何カットかシャッターを切りました。
このようなブレが発生しやすい状況でもSP 90mm (Model F017)は、
シフトブレにも対応する手ブレ補正機構が搭載されているので安心です。
目ではなかなか見えないミクロの世界を楽しませてくれるのがマクロレンズでしょう。

◎SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model F017)
絞り優先AE F/8.0 シャッタースピード1/160秒 ISO400 -0.7EV補正

 

ゆらり浮かんで

ゆらり浮かんで

動物などの被写体に思うように近寄れない、
距離のあるところでは超望遠レンズの焦点距離の長いレンズが有利ですが、
中望遠の90㎜という焦点距離は軽くてカメラにつけて持ち歩くにも苦にならないので、
動物園や水族館でも使いやすいですね。
悠々と泳ぐウミガメを高い位置から狙って、カメと影がいい位置にくるようなシャッターチャンスを狙いました。
水槽の底の人工的な感じがなくなるよう、プラス1まで露出は明るめに補正して、
あたかも白い砂浜で泳いでいるように見えるように撮りました。
夏の明るい日差しとハイキーな表現が南の海で撮ったかのようなイメージで撮ることができました。

◎SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model F017)
絞り優先AE F/9.0 シャッタースピード1/100秒 ISO800 +1.0EV補正

 

水際の攻防

水際の攻防

海辺で遊ぶ学生さんたちに出会い、しばらく撮らせてもらうことに。
夕方近くになって太陽を背に逆光で波打ち際も輝き、人物はシルエットに。
撮影するには太陽の高輝度の反射光があって難しい光線状態です。
逆光で人物は黒くつぶれやすいのですが、
ベタっとした黒にはならずにわずかに洋服の模様も見えて立体感があります。
逆光のときに発生しがちな色のにじみもなく、階調の破たんのない、
クリアでヌケのいい心地よい逆光の写真が撮れました。
動きのある早い被写体にもピントが素早く合うので、瞬間の動きを狙う時にも安心して撮れました。

◎SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model F017)
絞り優先AE F/8.0 シャッタースピード1/1600秒 ISO100 -1.0EV補正

 

いつかの夢の中

いつかの夢の中

かわいい女の子がシャボン玉を無心に吹いています。
楽しそうなその一瞬の雰囲気を壊すことなく同じ目線になるようにしゃがんで近寄って撮りました。
マクロレンズなので被写体に近寄り過ぎてピントが合わないということは気にせずに
フレーミング重視で近寄って印象的になるように切り取りました。
女の子の帽子の部分にピントを合わせ、顔は柔らかくボケることを期待して、絞りはほぼ開放のF3.2で。
期待通り、表情は柔らかくボケて、背景のシャボン玉は光を反射して虹色の玉ボケになりました。
夢の世界で遊ぶ女の子、ファンタジーなイメージで撮れました。

◎SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model F017)
絞り優先AE F/3.2 シャッタースピード1/8000秒 ISO800 -1.0EV補正

 

花や風景の写真を撮ることが大好きな私が、
昨年、タムロンマクロレンズフォトコンテスト「ノンジャンルの部」で審査をさせていただき、とても楽しかったです。
自分自身も花を撮る時に、被写体に近寄れるマクロレンズを使うことは多いです。
花の形の面白さや花芯や花弁の造形など普通のレンズでは撮れないものが撮れるからです。

しかし、マクロレンズのいいところは寄って撮れるだけではなく、通常の焦点距離のレンズとしても使えることです。
2度おいしいではないですか!
思いっきり被写体に近寄って造形的に捉えた作品や、マクロならではのボケ味を生かしたファンタジーな作品。
単焦点レンズとして撮影された質の高い写真。撮影者のイメージで、ユニークで新しい作品を生み出してください。
マクロレンズは自由度の高いレンズです。きっと作者のイメージづくりの大きな武器になることでしょう。

ノンジャンル部門だけに様々な表現の作品が集まることを期待します。
面白い作品、楽しい作品、美しい作品、ファンタジーな作品…
今年もまた沢山の作品を拝見し、審査できることを楽しみにしています。

 

Profile

岡本洋子岡本洋子(おかもと・ようこ) 東邦大学生物科を卒業。12年間の会社勤務の後、日本写真芸術専門学校にて写真を学ぶ。卒業後は秋山庄太郎氏のアシスタントを務め、独立フリーへ。現在、花や植物、風景を主に撮影。各種撮影会や写真教室講師を務める。

女子美術大学非常勤講師
日本写真協会会員(PSJ)
日本自然科学写真協会会員(SSP)
フェイスブック https://www.facebook.com/yoko.okmoto.5

 

岡本洋子さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F017)製品ページ:
http://www.tamron.jp/product/lenses/f017.html

 

第13回タムロン マクロレンズフォトコンテストの詳細はこちら:
http://www.tamron.jp/special/contest/macrocon2016/

やわらかなボケ味とシャープな描写として定評の、タムロン90mmマクロレンズ(Model 272E)で撮影された、
写真家 岡本洋子氏の作品とコメントをご紹介します。

 

DSC0705

光によって透き通った花びらに花芯の影が映っている一輪のピンク色のツツジの花を見つけ、
木漏れ日の間の青い空で出来た背景ボケの流れの中に咲かせました。

◎NikonD800E /TAMRON SP AF90㎜F2.8 Di MACRO 1:1
絞り優先AE(f6.3・1/5000秒)、ISO感度400、-0.7補正

 

DSC1853

紫の濃淡、緑色、茶色い地面の色が宝石箱をひっくり返したように散らばりました。
前ボケと背景ボケでファンタジーに。

◎NikonD800E /TAMRON SP AF90㎜F2.8 Di MACRO 1:1
絞り優先AE(f3.5・1/640秒)、ISO感度 400、+0.7補正

 

DSC1947

大風の吹いた日、NDフィルターを使って桜と菜の花をブラして風の軌跡を焼き付けました。

◎NikonD800E /TAMRON SP AF90㎜F2.8 Di MACRO 1:1
絞り優先AE(f20・1秒)、ISO感度 50、-0.3補正

 

DSC2573

赤一色に染め上げた画面の中に水滴がキラリと輝いています。水滴の中の映り込みにピントを合わせています。

◎NikonD800E /TAMRON SP AF90㎜F2.8 Di MACRO 1:1
絞り優先AE(f9.0・1/160秒)、ISO感度 400、-1.0補正

 

DSC9779

花曇りの日、白い空のボケを生かして、桜色を背景に桜のブーケをフレーミングしました。

◎NikonD800E /TAMRON SP AF90㎜F2.8 Di MACRO 1:1
絞り優先AE(f5.0・1/500秒)、ISO感度 400、+1.0補正

 

花の写真は背景を意識してフレーミングしています。
主役の花とともに、面白い背景や美しい背景を見つける事が楽しい作業です。
柔らかなボケ味が特徴のタムロンの90㎜マクロF/2.8は、イメージ通りに背景の描写をしてくれる頼もしい相棒です。
晴れれば青い空、くもりであれば柔らかな白い色など、背景の一つに空の色を利用することがあります。

一輪のツツジの花は木洩れ日の間の青い空、ピンク色の桜は曇天の白い空の抜けた部分を背景に利用しています。
赤い葉っぱの中に輝く水滴はマクロならでは。小さな水滴にピントを合わせて撮りました。
ムラサキハナナの作品は同じ花を前ボケと後ろボケに利用してファンタジーなイメージに。
望遠レンズとして撮ったのが、風でブレる菜の花と桜です。

 

Profile

岡本洋子岡本洋子(おかもと・ようこ) 東邦大学生物科を卒業。12年間の会社勤務の後、日本写真芸術専門学校にて写真を学ぶ。卒業後は秋山庄太郎氏のアシスタントを務め、独立フリーへ。現在、花や植物、風景を主に撮影。各種撮影会や写真教室講師を務める。

女子美術大学非常勤講師
日本写真協会会員(PSJ)
日本自然科学写真協会会員(SSP)
フェイスブック https://www.facebook.com/yoko.okmoto.5

 

岡本洋子さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP AF90mmスペシャルサイト:http://www.tamron.co.jp/lineup/272e/index.html