TAMRON LENS BLOG

写真教室の講師やカメラ雑誌への執筆などで活躍されている、
写真家 後藤 九(ごとう あつみ)氏が撮影された、
SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD の作品とコメントをご紹介いたします。

 

IMG_0128

焦点距離:600㎜ 絞り:F/6.3 1/320秒 シャッター優先AE ISO感度:1600 -0.3補正

 

IMG_0186

焦点距離:600㎜ 絞り:F/6.3 1/1250秒 絞り優先AE ISO感度:1600 -1補正

 

IMG_0271

焦点距離:600㎜ 絞り:F/6.3 1/400秒 絞り優先AE ISO感度:1600 -1補正

 

ポートレート撮影に手頃な焦点距離150mmから、離れた距離から被写体のディテールを
力強く表現できる600mmまでの範囲をカバーしてくれる4倍のズームは魅力的だった。
初対面のこのレンズ、長さ257.8mm、最大径105.6 mm 、重量1,951g、印象は性能の充実さが感じられた。

EOS 5D Mark IIに装着してファインダー像を見てみると、
ズームレンズとは思えないようなコントラストの良い切れ味の優れた描写に驚かされた。

焦点距離150mmから超望遠側の600mmにズームアップしてもその描写は維持されている。
そのため、オートフォーカスの応答性も極めていい。
マニュアルフォーカスでのピントの合焦点、ピントの山も従来のズームレンズと比べて驚くほど掴みやすい。

実際に動物園で動物の表情を追ってみた。
黒っぽい皮膚のゴリラの表情にも、AFのピントはシャッターチャンスに応えるように合った。
黒っぽい中の微妙なディテールのピントの描写がよく識別される。

600mmでの被写体のピントの合って見える被写界深度は、開放F値F/6.3でも極めて狭い。
AFモードは限られた範囲の合焦点が選択できる部分測距モードを選択するのが望ましい。
マニュアルフォーカスという選択もあるが、
微妙なピント位置を決めるのにはAFの方がシャッターチャンスに集中できる。

13群20枚構成でコントラストのいい描写は、
露出レベルによってハイライトディテールが白く飛んでしまったり、
シャドーディテールが黒く潰れたりする恐れを感じたが、
パソコンを通して画像チェックしてみると、両者の再現性は驚くほど余裕があった。

画角が狭い600mmのフレーミングを決めるのには、
常用望遠焦点域の150mmで被写体をフレーミングしてから、
狙いの対象をズームアップするようにすると楽に決める事が出来る。
ただし、ピントはズームアップしてから決めることが肝心である。

手ブレ補正機構「VC」は、超望遠域での1/250秒の手持ち撮影でもシャープな描写が得られた。
レンズの重量 約2kgはカメラ本体と組み合わせると結構ヘビーなものになる。一脚を使用するのが有効だ。
600mmの画角で被写体の部分接写は、このズームレンズならではの楽しみといえよう。

 

後藤九さんご使用のSP 150-600mmについて詳しくは、
http://www.tamron.co.jp/lineup/a011/index.html