TAMRON LENS BLOG

ちょっと時間は経ちましたが、4月の中頃から2週間ほどドイツ北部の撮影に行ってきました。
撮影場所はドイツ随一の港湾都市ハンブルク、そこから北上して世界遺産の街リューベックとトラーフェミュンデ、
北欧の玄関口キールと郊外のラーボエという村です。
過去8回のドイツ取材はすべてベルリンでしたので、今回訪れる街は初めて。
内陸部と違い海に面した街ということで、人も風土もどこか陽気で、今までドイツで感じた何かと違いました。

僕が海外取材に普段持って行く機材はいたってシンプル。
ボディー1台(万が一のために予備でもう1台持って行きます)に標準ズームと望遠ズーム、
そして標準画角の単焦点1本だけです。
これはスナップの場合、機材は軽量なほうがいいということでのセレクト。
また風景を撮影したり夜間撮影のために軽量のトラベル三脚は持っていきます。
そんな今回の海外取材のお供にSP 15-30mm F/2.8 Di VC USD(Model A012)を連れて行くことになりました。

ご承知のとおり超広角レンズは肉眼で捉えることのできない広さが写ります。
被写体との距離に応じて変化する強烈なパースペクティブも魅力です。
アイレベルで撮影しシンプルに目の前の広々とした空間を切りとってもいいでしょうし、
カメラアングルをつかって極端なパースをつける画面も面白いでしょう。
また、広角レンズは近接性能が高いので被写体にグッと迫った撮り方も可能です。
しかしこのレンズ、重さ1,1kgとちょっと気になる重さ。レンズをとっかえひっかえしながらの撮影というよりは、
広角一本で撮影できる被写体探し、という割り切った使い方がおもしろいのではないでしょうか。
鋭い描写と安定した手ブレ補正機構には定評あるレンズです。
実際あらゆる角度で撮影してみて、歪みが少なく、安定した色乗り等、そのポテンシャルの高さは十分実感できました。

作例には、広いシーン、接近したシーン。そして大口径を活かして室内や夜間の撮影も行ってみました。
超広角レンズで切り取る世界を是非堪能してみてください。

 

01_Hamburg Rathaus

Hamburger Rathaus

1897年完成のハンブルグ市庁舎。新ルネッサンス建築で112mの尖塔を備えるシンメトリックで均整のとれた建物。
1Fホール天井はドームになっていてそのカーブが美しい。

◎EOS 6D 焦点距離:15mm、絞り:F/2.8、シャッタースピード:1/50秒、露出補正:-2/3、ISO:800

 

Hamburg Deichstrasse

Hamburg Deichstrasse

レストラン入り口におかれたユニークな人形。
カリカチュアのようにデフォルメされたこの人物はオーナーなのだろうか。レンズ最短28cmで撮影。

◎EOS 6D 焦点距離:15mm、絞り:F/2.8、シャッタースピード:1/400秒、露出補正:+1、ISO:100

 

Hamburg Deichstrasse

Luebeck

緯度が高いため4月の日没は午後8時ごろ。そのため夜の撮影スタートが遅くなってしまうのはちょっとネック。
そんなときは一度宿に戻って夜明け前に撮影することにしている。

◎EOS 6D 焦点距離:15mm、 絞り:F/11、シャッタースピード:15秒、露出補正:-1、ISO:200

 

Friedrichsort

Friedrichsort

キール北西部の小さな町。陸路でも行けるが、やはり港町ということもあって、
湾内を縦横に連絡している渡船が盛んに運行されている。写真は渡船乗り場の桟橋。

◎EOS 6D 焦点距離:15mm、絞り:F/8、シャッタースピード:1/800秒、ISO:100

 

Kieler Hafen

Kieler Hafen

2本マストの木造帆船。夜中30秒の露光で撮影。
毎年6月にKieler Wocheと呼ばれる世界規模のヨットレース&祭典がある。
日中盛んに船の整備をしていたのはどうやらその準備のようだった。

◎EOS 6D 焦点距離:15mm、絞り:F/6.3、シャッタースピード:30秒、ISO:400

 

Werftpark

Werftpark

日本語で造船公園。街中に広大な緑地や公園が点在するのもドイツの特徴。
平日休日問わず市民の憩いの場となっている。大きな樹が後ろからの太陽に照らされ迫ってくるようだった。

◎EOS 6D 焦点距離:15mm、絞り:F/8、シャッタースピード:1/1000秒、露出補正:+1、ISO:400

 

Schiffsfahne

Schiffsfahne

民間船の特徴である船尾に掲げられた国籍旗。北ドイツの湾内の強風を受けてはためく姿を1枚。
空に浮かぶ無数の飛行機雲もいいアクセントだった。

◎EOS 6D 焦点距離:17mm、絞り:F/4.5、シャッタースピード:1/2000秒、露出補正:+2/3、ISO:160

 

U-Boot1

U-Boot1

ラボエという村に静態展示されている潜水艦U995。ドイツ海軍の拠点としても栄えた小さな村だ。
海岸沿いにひっそりと展示される姿は少し異様な雰囲気だった。

◎EOS 6D 焦点距離:15mm、絞り:F/4、シャッタースピード:1/4000秒、露出補正:-3、ISO:100

 

U-Boot2

U-Boot2

展示される潜水艦内にも入れる。狭い艦内で広角レンズが威力発揮。F2.8の大口径も見方になってくれた。
写真は中央指揮所の計器盤。

◎EOS 6D 焦点距離:18mm、絞り:F/2.8、シャッタースピード:1/800秒、ISO:1600

 

Profile

種清豊種清豊(たねきよ・ゆたか)

1982年大阪生まれ。京都産業大学外国語学部ドイツ語学科卒業。写真家竹内敏信氏のアシスタントを経て、2007年よりフリーランス。商品撮影のほかカメラ専門誌、WEBなどに写真関連記事を掲載している。国内及び海外での現代の街並みをテーマにしたスナップを撮影中。キヤノンEOS学園講師 日本写真学院講師

 

 

種清 豊さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD (Model A012)スペシャルサイト:

http://www.tamron.co.jp/lineup/a012/index.html

カテゴリ