TAMRON LENS BLOG

title_hagihara02

 

三脚を使うことを基本とする風景写真ですが、それでは撮影することができないシーンも多々あります。
その際、カメラブレが大きな課題となることはいうまでもありません。
その点、強力な手ブレ補正機構を搭載するSP 35mm F/1.8 Di VC USDで
ファインダーを覗くとピタリと被写体が静止して見えるので、
精密な構図を作り込むことはもちろん、気持ちよく手ブレを抑え込むのでとても心強いものがあります。

さらに、最短撮影距離20cmという驚異的な近接撮影能力はこのレンズの魅力のひとつです。
背景を活かしながらの近接撮影はSP 35mm F/1.8 Di VC USDならではといえます。
そしてなによりも、被写体との距離をまったく意識することなくアプローチできるので、
アクティブな撮影を積極的に楽しむことができます。
SP 35mm F/1.8 Di VC USDはアングルを選ばず自由な表現を自在にこなしてくれるレンズなのです。

 

水の流れの中に落ち葉を見つけて開放絞りを選択。F1.8ならではのボケ味の良さが魅力です。

水の流れの中に落ち葉を見つけて開放絞りを選択。F1.8ならではのボケ味の良さが魅力です。

◎焦点距離:35mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:2.5秒 ISO感度:64 -1.7補正

 

前ボケにブナの幹を配置して開放F値で撮影。ボケ味の柔らかさも良好です。

前ボケにブナの幹を配置して開放F値で撮影。ボケ味の柔らかさも良好です。

◎焦点距離:35mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/60秒 ISO感度:100 -0.7補正

 

絞り開放でもピント位置のシャープ感は秀逸。また、美しい背景の丸ボケもポイントです。

絞り開放でもピント位置のシャープ感は秀逸。また、美しい背景の丸ボケもポイントです。

◎焦点距離:35mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/125秒 ISO感度:100 -0.3補正

 

樹の幹に体を預けて最短撮影距離で撮影したものです。背景の丸ボケも美しい。

樹の幹に体を預けて最短撮影距離で撮影したものです。背景の丸ボケも美しい。

◎焦点距離:35mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/80秒 ISO感度:280

 

萩原俊哉さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 35mm & SP 45mm F/1.8 Di VC USD (Model F012 / F013)スペシャルサイト:

http://www.tamron.co.jp/lineup/f012_f013/

title_hagihara01

 

SP 35mm F/1.8 Di VC USDをはじめて手にしたときにまず感じたことが、
これまでにない上質なデザインである点です。
モノを持つことの喜びには、そのものが持つスペックの高さと、
それに見合うデザインがマッチしていることに尽きますが、
このSP 35mm F/1.8 Di VC USDはまさにそれを実現したレンズではないでしょうか。

画像の周辺部に至るまでの解像感は、さすが単焦点レンズ。
画像の中心部分はもちろん、周辺に至るまでのクォリティーの高さが実感できます。
加えて操作感のよさもこのレンズの魅力です。
ピントリングはもちろん、手ブレ補正機構「VC」およびAF切り替えスイッチも幅広で手に馴染みます。

35mmという焦点距離は、奇をてらうことなく自然風景の広がりを表現できます。
広がりのある風景を威風堂々と表現するには最適な焦点距離といえます。
タムロンの新時代の幕開けを実感できるレンズ、それがSP 35mm F/1.8 Di VC USDではないでしょうか。

 

日陰の渓流を写したものです。35mmならではの自然な広がりのある描写が楽しめます。

日陰の渓流を写したものです。35mmならではの自然な広がりのある描写が楽しめます。

◎焦点距離:35mm 絞り:F/16 シャッタースピード:8秒 ISO感度:64 -1.3補正

 

35mmの画角を活かして紅葉の広がりを表現。画面の周辺まで高い解像感が得られています。

35mmの画角を活かして紅葉の広がりを表現。画面の周辺まで高い解像感が得られています。

◎焦点距離:35mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/80秒 ISO感度:360 +0.7補正

 

太陽をアクセントに縦位置で撮影。太陽の光条も美しくゴーストの発生もありません。

太陽をアクセントに縦位置で撮影。太陽の光条も美しくゴーストの発生もありません。

◎焦点距離:35mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/80秒 ISO感度:250 +0.3補正

 

単焦点レンズならではの高い解像感が得られていることが実感できます。

単焦点レンズならではの高い解像感が得られていることが実感できます。

◎焦点距離:35mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/80秒 ISO感度:900 +1補正

 

萩原俊哉さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 35mm & SP 45mm F/1.8 Di VC USD (Model F012 / F013)スペシャルサイト:

http://www.tamron.co.jp/lineup/f012_f013/