TAMRON LENS BLOG

title_akagi02

 

45mmの焦点距離だと多くの人の事例では手持ちの標準ズームレンズと焦点域が重なってしまうことが多いと思う。

ところがだ、このレンズで撮影した写真は何かが違う。
それは画像のシャープネスやボケ味ということからも感じられることだが、
やはり絞りの選択肢が広いことによる余裕から生まれているように思うわけで、これが表現の幅を広げることに繋がっている。

絞り開放時、加えて至近距離近辺における紙のように浅い被写界深度、クセのないボケ味、
最短撮影距離の短さ、撮影距離による性能変化を感じさせない点など、どれもたいへんよく考えられ設計が行われているようだ。

特に開放値近辺での描写性の高さは特筆すべきものだ。
高性能に加えて、さらには手ブレ補正内蔵なので、カメラのISO感度を極端な高感度設定をすることなく微量光下でも安心して使用できる。これもまた表現の幅を広げることのできる大きな要因となっている。

手持ちのズームレンズと焦点距離が重複しても、本レンズを使用すれば必ずやそれとは違う結果をプレゼントしてくれるはずである。

 

人形。絞りを開き、最短撮影距離で撮影。極端に浅い被写界深度は写真独自の表現。合焦点の鋭いシャープネスに感心する。

人形。絞りを開き、最短撮影距離で撮影。極端に浅い被写界深度は写真独自の表現。合焦点の鋭いシャープネスに感心する。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/1600秒 ISO感度:200 -0.3補正

 

ダリア。前ボケと後ボケのバランスの良さ、加えて合焦点の素晴らしいシャープネスが共演しているレンズはなかなかないものだ。

ダリア。前ボケと後ボケのバランスの良さ、加えて合焦点の素晴らしいシャープネスが共演しているレンズはなかなかないものだ。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/5000秒 ISO感度:100

 

橋。ライトアップされた直後の時間に撮影。微妙な階調を繋がりよく再現してゆく魅力。

橋。ライトアップされた直後の時間に撮影。微妙な階調を繋がりよく再現してゆく魅力。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/60秒 ISO感度:800 -0.7補正

 

街にて。標準域の画角のレンズはカメラを水平垂直に構えると、あたかも肉眼で見ているような素直な描写を得ることができる。

街にて。標準域の画角のレンズはカメラを水平垂直に構えると、あたかも肉眼で見ているような素直な描写を得ることができる。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/5 シャッタースピード:1/1000秒 ISO感度:200 -0.7補正

 

鉄塔。太陽を画面内に入れ込んでもビクともしない高性能。コーティングが優秀なことも特筆すべき点だろう。

鉄塔。太陽を画面内に入れ込んでもビクともしない高性能。コーティングが優秀なことも特筆すべき点だろう。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/16 シャッタースピード:1/2500秒 ISO感度:200 -0.3補正

 

赤城耕一さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 35mm & SP 45mm F/1.8 Di VC USD (Model F012 / F013)スペシャルサイト:

http://www.tamron.co.jp/lineup/f012_f013/

 

title_akagi01

 

45mmの焦点距離はかつてフィルム時代のコンパクトカメラにも多く採用されていたが、
50mmよりもやや広角気味なことから使いやすい画角として知られている。

「標準レンズ」の焦点距離の定義は、フォーマットの対角線上の距離と同等となることが知られている。
すなわち本来は35mmフルサイズフォーマットの標準レンズは約43mm相当になる。
このことからも本レンズは「真の標準レンズ」に近づいたものとしてみることもできるわけだ。

ファインダーを覗いた時の感覚はとくにパースペクティブが誇張されるわけではないので、
一見するとおとなしいようにもみえるが、絞りを開けば望遠ふう、絞り込めば広角レンズふうの描写を望むことができ、
万能性が高く使いやすい。

レトロフォーカスタイプという標準レンズでは珍しいレンズ構成をとり、
開放からコントラストが高く完全に実用性能を誇るので、安心して開放絞りから使用できるのも特徴のひとつ。
超高画素への対応も万全なレンズである。

 

鉄格子。50mm標準レンズよりもわずかに被写界深度が深いからだろうか、少し絞り込むとパンフォーカス効果を容易に得ることができる。

鉄格子。50mm標準レンズよりもわずかに被写界深度が深いからだろうか、少し絞り込むとパンフォーカス効果を容易に得ることができる。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/2000秒 ISO感度:200 -0.7補正

 

モニュメント。全体を写すのではなく部分的に印象に残ったところを切り取る。低速シャッターだが、手ブレ補正も効きがいい。

モニュメント。全体を写すのではなく部分的に印象に残ったところを切り取る。低速シャッターだが、手ブレ補正も効きがいい。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/30秒 ISO感度:200 -0.3補正

 

朽ちた造花。被写体にグッとより、絞りを開いてみると、被写体の本来の意味とは異なるものに“化ける” ことがある面白さ。

朽ちた造花。被写体にグッとより、絞りを開いてみると、被写体の本来の意味とは異なるものに“化ける” ことがある面白さ。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/800秒 ISO感度:200

 

植栽。レンズ単体でも歪曲収差はきわめて小さく実直な再現をするレンズである。明暗差は大きいが、優れた描写をする。

植栽。レンズ単体でも歪曲収差はきわめて小さく実直な再現をするレンズである。明暗差は大きいが、優れた描写をする。

◎焦点距離:45mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/400秒 ISO感度:100 -0.7補正

 

赤城耕一さんご使用のレンズについて詳しくは、
SP 35mm & SP 45mm F/1.8 Di VC USD (Model F012 / F013)スペシャルサイト:

http://www.tamron.co.jp/lineup/f012_f013/