TAMRON LENS BLOG

abe_blog_banner_C_20170612

タムロンの最新ワイドズーム10-24mm F/3.5-4.5 Di ll VC HLD (Model B023) を持ってマルタ島へ行ってきました。マルタ島は世界史に出てきたマルタ騎士団が有名ですが、あまり馴染みにない国です。地中海に浮かぶとても小さな島ですが、いまは日本人の旅行者も増えつつあります。前にも24-70mm(Model A007)を持って訪れたことがあって、つぎに来るときに超広角レンズを持ってきたいと思っていました。

APS-Cの一眼レフで使われている標準ズーム18-55mmは、焦点距離は37mmも変わりますが、画角の変化量は対角線で47.1°です。これに対して10-24mmは焦点距離は14mmしか変わりませんが、画角の変化量は対角線で48.4°で、とても大きいのです。この画角変化量の差が超広角ズームの魅力です。
さぁ、これから6回にわたってマルタ島を探索してみましょう。

 

まずは10mmと18mmの印象のちがいを見比べてください。焦点距離はわずか8mmしかちがいませんが、画角は33.2°もちがうのです。この差が10mmの迫力を生み出します。マルタ島の海はとても綺麗です。このグリーンの海を撮りたかったのです。

DSC_01

◎焦点距離:10mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:100

 

DSC_02

◎焦点距離:18mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/640秒 ISO感度:100

 

街を離れて小一時間ほどバスに揺られてみましょう。街よりもさらに綺麗な海と空が広がります。超広角があれば、海と空と雲だけでも写真が撮れます。僕が若いころに憧れていたある写真家は「海と空があって雲が少し芸をしてくれたらいいんだよ」と言っていました。まさにこれなんです。

DSC_03

◎焦点距離:11mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:100

 

超広角だからといって特別な被写体を探すことはありません。目の前にある光景をそのまま撮ればいいのです。網を手直しする人もいれば、語り合う人たちもいます。その向こうに綺麗な海。10mmの広い画角はそのすべてを1枚に収められます。

DSC_04

◎焦点距離:10mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度:100

 

ただし超広角10mm側ばかりを使うわけではありません。画角が広いということは、ひとつひとつのものが小さく写って伝わりにくくなるということでもあるのです。そんなとき助けてくれるのが24mm側です。
写真は首都ヴァレッタから客船埠頭越しにその奥へ続くスリーシティーズの街を写したものです。10mmでは奥の街のようすは小さくてよくわかりませんが 、24mmでは奥の街が大きく写るのでようすがよくわかります。

DSC_05

◎焦点距離:10mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度:100

 

DSC_06

◎焦点距離:24mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:100

 

超広角の楽しさが伝わってきたでしょうか。縁遠いと思われがちな超広角ですが、ズームだととても使いやすくなります。
ところでビギナーが超広角で撮るときに気をつけたいことがあります。それは太陽の光です。順光、半逆光、逆光とどんな光でも楽しめますが、雲が多い日はポイントが日陰になっているときもあります。広く写せてカッコイイ!と感激していると光線が変わったのに気が付かないことあります。写真は太陽がよくあたっているときと、雲に入って日陰になったときです。ぜんぜん違いますよね。

DSC_07

太陽がよくあたっているとき

◎焦点距離:10mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/400秒 ISO感度:100

 

DSC_08

日陰になったとき

◎焦点距離:10mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/400秒 ISO感度:100

 

abe阿部秀之(あべ・ひでゆき)

東京生まれ。東京工芸大学短期大学部写真技術科卒業。タムロン宣伝課を経て、86年よりフリー。ヨーロッパの風景、コマーシャルなど、幅広いジャンルを撮影。フリーになると同時にカメラ専門誌にも執筆をはじめる。
カメラグランプリ選考委員を87年より歴任。

 

阿部 秀之さんご使用のレンズについて詳しくは、
10-24mm F/3.5-4.5 Di II VC HLD(Model B023)製品ページ:
http://www.tamron.jp/product/lenses/b023.html

はい、阿部秀之です!
4年ぶりに写真展を開催します。タイトルは「seas すべては海と海辺の出来事。」です。
海または海辺で撮影した写真ばかりです。
ストレートな風景もあれば、海辺の暮らしのドキュメンタリー、クスッと笑えるスナップもあります。
撮影地は国内は能登と沖縄。海外はタイのプーケット島。バルト海と地中海をクルーズ。
ハンブルグやジェノアなどの大きな港。サントリーニ島やポルトフィーノなどの小さな港。
西の果てはポルトガル領マデイラ島まで登場します。

撮影期間は10年間以上になります。タムロンレンズで撮った写真も多くあります。
これまでにもTAMRON LENS BLOGに写真を掲載していただきました。
ネットで見ていただくのもスピーディーで現代らしいです。
ですが、手間はかかりますが、ぜひ会場へ足を運んでいただきたいのです。
タムロンレンズのシャープさと諧調の豊富さを再現性豊かな銀写真プリントでご覧いただけます。
その中から3点をご紹介したいと思います。

 

abe28

イタリアのジェノヴァから電車で1時間ほどのところにある小さな港町ラッパロです。
小さいながらもリゾート気分が味わえます。
クルマに乗せてもらっての移動中に、まるで映画のワンシーンのような光景が飛び込んできました。
素早くカメラを構えると3枚だけ撮ることができました。そのときの1枚です。
抱き合うカップルと左側の女性たちとの対比が気に入っています。

◎SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD (Model A007)

 

abe40

今回の写真展では船旅をしながら撮影したものも多くあります。
しかし、船そのものを写した写真は少ないです。
何度も乗船しているMSCスプレンディダ号は、全長333.30m、幅37.92m、高さ66.80m。
乗客と乗員を合わせると約4,600名もになる大型の客船はなかなかファインダーに収まりきれません。
この写真はポルトガルのリスボンに寄港したときのものです。
15㎜の画角の広さと遠近感の協調。逆光のダイナミックさも加わり力のあるスナップになりました。

◎SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD (Model A012)

 

abe42

SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD (Model A012) は超広角好きの私には、なくてはならないレンズになりました。
フランスのニースから少し東に行ったところにヴィルフランシュ=シュル=メールという小さく美しい街があります。
昼間は晴れて天気が良かったのですが、夕方から急に雲行きが怪しくなってきました。
写真右手の方には雨が降っているのが見えます。
刻一刻と移り変わっていく景色を15㎜は正確にとらえてくれました。

◎SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD (Model A012)

 

<写真展情報>
阿部秀之写真展「 seas 」
すべては海と海辺の出来事。

開催期間 : 2016年10月28日(金)~11月3日(木)
開館時間 : 午前10時~午後7時(最終日午後4時まで・入館終了10分前まで)
場所   : 富士フイルムフォトサロン 東京  スペース1
(フジフイルム スクエア内)入場無料・会期中無休
作品点数 : サイズ(半切)・カラー・約45点

フジフイルムスクエア(FUJIFILM SQUARE)サイトの紹介ページはこちら
http://fujifilmsquare.jp/photosalon/tokyo/s1/16102801.html

 

Profile

abe阿部秀之(あべ・ひでゆき)

東京生まれ。東京工芸大学短期大学部写真技術科卒業。タムロン宣伝課を経て、86年よりフリー。ヨーロッパの風景、コマーシャルなど、幅広いジャンルを撮影。フリーになると同時にカメラ専門誌にも執筆をはじめる。
カメラグランプリ選考委員を87年より歴任。

 

このブログでご紹介いただいた3作品を撮影したレンズについて詳しくは、
SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD (Model A007)製品ページ:
http://www.tamron.jp/product/lenses/a007.html

SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD (Model A012)製品ページ:
http://www.tamron.jp/product/lenses/a012.html

A012_abe_blog_A

 

はい。阿部秀之です!
4回目の「ワイドズームで写真は上手くなる」です。早いものでこれが最後になります。
今回はSP 15-30mmのまだ伝えていない使いこなしのコツや魅力について話していきましょう。

このレンズを初めて手にした人が必ず感じるのは、ズシリとくる重さです。
1100gはヘビー級であることに間違いなく、
いつも交換レンズを3本くらい持ち歩く人が、その1本にしようと考えると大変です。
15-30mmを持って出るときは、ほかに交換レンズを持とうと考えないことです。
その日はワイドに徹すれば良いのです。
しかも1本で15、18、20、24、28、35mmと6本もの交換レンズを持つことになるのです。
十分ではありませんか。もし撮れないものがあったら、そのときはあきらめるというのもひとつです。
気持ちをワイドに集約して被写体を見つけましょう。

 

DSC_1627

15-30mmを持って出るときは、ほかに交換レンズは持ちません。この日は三脚も持っていきませんでした。
シャッタースピードは1/2秒と遅いですが、定評のあるVC(手ブレ補正機構)を搭載しているので、
しっかり構えて数カット撮れば写し止まっているものがあります。もちろん手ブレには個人差があります。
ブレない撮影法を練習することも大切です。

◎焦点距離:15mm 絞り:f/8 シャッタースピード:1/2秒 露出補正:-0.3 ISO感度:400

 

ワイドズーム、超広角の世界の画面は、横位置だと思っている人が多いようです。
間違いではありませんが、実は縦位置とも相性がいいのです。
15mmといえども室内で引きがないときは横位置では収まりきれないこともあります。
そんなとき縦位置ならピッタリと収まることもあります。
また横位置は広がりを表しますが、縦位置は高さを表してくれます。
天地を表現したいときに縦位置をよく使います。

 

DSC_1615

DSC_1618

大阪中央公会堂で撮影。室内では引きがなく15mmでも横位置だと収まりきれないことがあります。
こんなときは縦位置にしてみましょう。スッキリ収まることも多いのです。
15mmでありがながらディストーションがほぼ完全に補正された描写はほれぼれします。

◎焦点距離: 15mm 絞り:f/4 シャッタースピード:1/25秒 露出補正:-0.3 ISO感度: 200

 

DSC_2848

縦位置は高さを表すのに向いています。天と地を表現したければ、縦位置でフレーミングしてみましょう。
画面に余計なものが入らずスッキリとした写真になります。

◎焦点距離:30mm 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/100秒 ISO感度:100

 

驚くほど深い被写界深度も超ワイドの魅力です。
目の前の扉から部屋の奥まで、ほぼすべてがシャープに写し取られています。
非現実的に思えるかもしれませんが、実は人の目の見え方と一緒です。
人の目はいつもパンフォーカスで、ボケで見えることはないのです。
深い被写界深度を利用した撮り方は超ワイドを持っていると自然に身についてきます。
標準や望遠では表せない世界があるのです。

 

DSC_2621

扉から大きな部屋の奥まですべてがシャープに見えています。いわゆるパンフォーカスな描写になっています。
さすがは15mmと驚かれるかもしれませんが、
人の目も実は常にパンフォーカスで背景がボケて見えたりはしませんよね。
この撮影でも三脚は使っていません。15mmで1/6秒はタムロンのVCなら手持ちでもラクラク写し止まります。

◎焦点距離:15mm 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/6秒 露出補正:-0.3 ISO感度:400

 

最短撮影距離が全ズーム域で0.28mと短いのも15-30mmの大きな魅力です。
最短撮影距離は短いほど自由な表現が可能です。思いきってグッと寄って撮ってみましょう。
綺麗なボケが得られます。
一般にレンズの描写は、至近では悪くなっていくのですが、15-30mmはそれを感じさせません。
実に素晴らしい描写です。
近寄って撮影した後は、頭は柔軟に切り替えることが大切です。
ピントを合せるところを変えれば、まったく別な世界に出会えることも珍しくありません。
望遠は被写界深度が浅いですが、写る範囲が狭いです。
ワイドで近寄ると写る範囲が広くなるので、望遠よりも一段と大きな変化が得られるのです。

 

DSC_2816

DSC_2801

最短撮影距離が0.28mと短く、グッと近寄れるのがタムロンSP 15-30mmの魅力のひとつです。
思い切ってグッと寄ってみてください。そして今度はピント位置を変えてみる。また違う世界が広がるはずです。

◎焦点距離:30mm 絞り:f/6.3 シャッタースピード:1/30秒 露出補正:-0.3 ISO感度:250

 

さて、4回に渡ってお送りした「ワイドズームで写真は上手くなる」は、楽しんでいただけましたか。
15mmからのズームなんて使いこなせないと思っているあなた! 大丈夫です。
少しずつ慣れていけば、必ず使いこなせます。
そして使いこなせたときには、これまで以上にグッと写真が上手くなっていることでしょう。
では、またお会いしましょう。

 

Profile

阿部秀之

阿部秀之(あべ・ひでゆき)

東京生まれ。東京工芸大学短期大学部写真技術科卒業。タムロン宣伝課を経て、86年よりフリー。ヨーロッパの風景、コマーシャルなど、幅広いジャンルを撮影。フリーになると同時にカメラ専門誌にも執筆をはじめる。
カメラグランプリ選考委員を87年より歴任。

 

阿部秀之氏が解説するレンズ、SP 15-30mm F/2.8 Di VC USDの製品スペシャルサイト
http://www.tamron.co.jp/lineup/a012/index.html

A012_abe_blog_A

 

はい。阿部秀之です!
2回目では、パースペクティブは、上下ではなく、レベル(水平)を出して奥へつけなければならないという
話をしました。しかし、3回目では例外もあるという話をしましょう。
えー!と思われるかもしれませんが、写真はあーじゃなきゃいけない、こーじゃなきゃいけない。
あーすればいい、こーすればいい。というほど単純なものではありません。例外があって当然なのです。

巨大な赤い橋は神戸大橋です。神戸とポートアイランド間に架かる美しい橋です。
まずはレベルを出して遠近感を奥へ向けて撮ってみましょう。
悪くないのですが、15㎜といえども撮影距離が近いので橋が画面にたくさんは入りません。
中央の道路ばかりが目立って間抜けな感じです。
試しにレンズを上に振り上げて撮ってみました。橋が画面にドーンと入って迫力満点です。
上に向かって遠近感がついたので水面がわずかに傾いてしまいましたが、このくらいなら良しとしましょう。
2点のどちらを選ぶかと問われたら、文句なくレンズを振り上げて撮った方を選びます。
神戸大橋ではもう1シーン撮っています。反対側に振り返るとものすごい逆光で橋がシルエットに近く見えました。
ここではレベルを出した写真もカッコいいです。レベルが出せるものなら、やはり出したいのです。

 

DSC_3461

レベルを出してレンズを水平にして撮っています。15㎜といえども橋の上の方は収まり切れません。
中央の道路の方が目立っています。

◎焦点距離:15mm 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/4000秒 ISO感度:100

 

DSC_3457

レンズを上に振り上げて撮りました。
パースペクティブは天に向かってついてしまいましたが、それほど違和感はありません。
橋が大きく撮り込まれてダイナミックな感じがします。

◎焦点距離:15mm 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/4000秒 ISO感度:100

 

DSC_0888

神戸大橋を逆光で撮りました。シルエットにも美しさがあります。
このシーンではレベルを出したものもカッコよかったです。

◎焦点距離:15mm 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/1250秒 ISO感度:100

 

神戸の街中でスナップをしました。
アーケードが交わるところに代理石やタイルを埋め込んで作られた円形のカレンダーがあります。
私には立派なものに見えましたが、行き交う人はまったく気にせずに通っていきます。
15㎜でレンズを下に振り下げているので、パースペクティブが下に向かってついています。
でも、それほど違和感は感じられません。超広角の広がりは通行人で広さが消されているので28㎜ぐらいに見えます。
同じシーンで人が少ないと広がりが感じられるようになります。人の目はけっこういい加減なものです。

 

DSC_1001

15㎜で撮っているのですが、広がりが感じられないので28㎜ぐらいに見えます。
下に向けて撮っていますが、パースペクティブによる違和感はありません。

◎焦点距離:15mm 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/15秒 ISO感度:110

 

DSC_1012

まったく同じシーンですが、人が少ないので画角が広く感じられます。
下に向かったパースペクティブの影響で行き交う人が先すぼまりになっています。
超広角の使い方としては許容範囲ギリギリでしょう。

◎焦点距離:15mm 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/15秒 ISO感度:110

 

もう1点アップしましょう。大阪の門真南にあるなみはやドームです。
この写真もレンズを上に振り上げて撮っているので、
パースペクティブは上に向かってついているのですが違和感はありません。
周囲に真っ直ぐに立っているビルや柱がないからでしょう。
こんなときは思い切って振り上げて空を広く取り入れたいです。
カラーより白黒に変換したほうがよりイメージに合います。

 

DSC_2129

DSC_2129b

周囲に傾きを感じさせるものがほとんどないので、レンズをかなり上に振り上げていますが、違和感はありません。
思い切って空をたくさん撮り込みました。被写体がカラーよりも白黒に向いています。
撮影後に白黒に変換するとよりイメージ通りになりました。

◎焦点距離:15mm 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/800秒 ISO感度:100

 

写真は自由なものです。どう撮るかはあなた次第です。
しかし、パースペクティブは、上下ではなく、
レベル(水平)を出して奥へつけなければならないという基本を知っていて、
そのうえでアレンジして撮るのと、基本をなにも知らないで撮るのとでは結果は大きく異なります。

 

Profile

阿部秀之

阿部秀之(あべ・ひでゆき)

東京生まれ。東京工芸大学短期大学部写真技術科卒業。タムロン宣伝課を経て、86年よりフリー。ヨーロッパの風景、コマーシャルなど、幅広いジャンルを撮影。フリーになると同時にカメラ専門誌にも執筆をはじめる。
カメラグランプリ選考委員を87年より歴任。

 

阿部秀之氏が解説するレンズ、SP 15-30mm F/2.8 Di VC USDの製品スペシャルサイト
http://www.tamron.co.jp/lineup/a012/index.html

A012_abe_blog_A

 

はい。阿部秀之です!
2回目では、カメラアングルとパースペクティブ(遠近感)の話をしましょう。
超広角の広い画角に慣れてくると、最初の頃に感じた大海に放り出された小舟に乗っているような気持はどこへやら、
サクッとフレーミングができるようになります。しかし、ここに大きな落とし穴があるのです。

気がつくとカメラを振り上げたり振り下げたり、
もっと写真的な言い方をすると、カメラを上や下にあおったアングルで撮影していませんか。
超広角が使えるようになったと思っている人の多くが、こうやって撮っているのです。
うーん、残念!これではダメです。超広角を使いこなせてはいないのです。

 

DSC_2183

いかにも超広角で撮りました、という写真です。こんな撮り方をしている人が多いですね。
でも、これではダメです。

◎焦点距離:23mm 絞り:f/5.6 シャッタースピード:1/640秒 ISO感度:100

 

パースペクティブは、天地(上下)ではなく、奥へつけなければならないのです。
これは写真を見てもらったほうが早いですね。昨年のクリスマスにビルの中の巨大なツリーを撮りました。
1階から見上げるように振り上げたアングルでねらうと、柱が歪み広い空間が覆いかぶさるように感じられます。
パースペクティブは、天に向かってついています。
ダイナミックな感じがするのか、この写り方を超広角だと思う人が多いようです。

 

DSC_0266

見上げるように振り上げたアングルでねらうとパースペクティブは上につきます。
柱が歪み広い空間が覆いかぶさるように感じられるのが超広角らしいと思う人が多いようです。

◎焦点距離:15mm 絞り:f/2.8 シャッタースピード:1/100秒 露出補正:+0.3 ISO感度:200

 

3階に上がってねらってみましょう。カメラを振り上げずに水平のアングルでもきっちりフレーミングできます。
柱がまっすぐで美しいです。パースペクティブは、奥に向かってついています。どうですか。
これが本当の超広角の写し方なのです。これは建物に限りません。基本を覚えると写真の腕前はグーンとアップします。

 

DSC_0314

パースペクティブを奥につけるとは、この描写のことです。
建物の柱は歪んでいませんが、ダイナミックな感じがしますね。

◎焦点距離:19mm 絞り:f/2.8 シャッタースピード:1/50秒 露出補正:+0.3 ISO感度:200

 

高さのあるものを写すときは、少しでも高いところに上がって水平を保ちます。これが超広角を使う基本です。
もう1シーンご覧ください。大阪市中央公会堂です。
装飾が美しいホールですが、天井まで入れようと振り上げたアングルだと柱が歪んでしまいます。
自分の背丈からのアイレベルではシャンデリアが切れてします。
このときはカメラを一脚に取り付け、水平を保ったまま持ち上げて撮影しました。
頑張った甲斐があって柱を歪めずにパースペクティブを奥へつけた状態で、シャンデリアまで写すことができました。

 

DSC_3284

<振り上げたアングル>

 

DSC_3216

<アイレベル>

 

DSC_3226

<一脚を使用して水平だが高い位置>

みなさんもうわかりますね。超広角を使うときは、被写体の高さに合わせることが大切なのです。
どうしてもちょっとだけカメラを振り上げたり振り下げないとならないこともあります。
しかし、それは最小限に留めておきます。

◎焦点距離:15mm 絞り:f/4 シャッタースピード:1/15秒 露出補正:+0.7 ISO感度:280

 

Profile

阿部秀之

阿部秀之(あべ・ひでゆき)

東京生まれ。東京工芸大学短期大学部写真技術科卒業。タムロン宣伝課を経て、86年よりフリー。ヨーロッパの風景、コマーシャルなど、幅広いジャンルを撮影。フリーになると同時にカメラ専門誌にも執筆をはじめる。
カメラグランプリ選考委員を87年より歴任。

 

阿部秀之氏が解説するレンズ、SP 15-30mm F/2.8 Di VC USDの製品スペシャルサイト
http://www.tamron.co.jp/lineup/a012/index.html

1 / 41234