TAMRON LENS BLOG

lh_title

 

第2回 李 潤希(Lee Yuni)×渋谷 ― 1988年生まれ 東京都出身 Art Director ―
Leeyuni01

焦点距離:30㎜ 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/15秒 ISO感度:400

 

Leeyuni02

焦点距離:24㎜ 絞り:F/4.5 シャッタースピード:1/50秒 ISO感度:640 +0.3補正

 

やっぱり渋谷はテンションあがるな。
ここ、もともと父の運営する映画会社や映画館があって、小学生のころからよく遊びに来た街なんです。
父の用事が終わるのを映画観ながら待ってたりした。
わりと過激な映画も普通に観てましたね。
だから街がどうこうってより、映画と家族のイメージかなぁ~渋谷って。

父から受けた影響って大きいですね。大学も映画専攻で、サークルも映画研究会。
やっぱり映画がずっと自分の中心だなぁ。
今、仕事は映画のポスターやチラシ作ったり、インディーズ系ロックバンドのアートワークなんかよくやってる。
音楽方面に人脈が広がっていったのは大学時代ですね。
バンドやってる先輩のライブに行くようになって、写真撮ったりしてた。
Flickrにアップしてたら、いろんなところから撮って欲しいってオーダーが入るようになった。
最近は、アーティスト写真とかジャケットの撮影やデザイン。ミュージックビデオとかトータルでやったりしてる。
ツアーグッズのデザインなんかもやるんですよ。

Leeyuni03

焦点距離:24㎜ 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/30秒 ISO感度:400

 

Leeyuni04

焦点距離:24㎜ 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/60秒 ISO感度:640 +0.3補正

 

Leeyuni05

焦点距離:45㎜ 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/13秒 ISO感度:400

 

ホントに自分、何をやっている人かわからなくなる(笑)。
でもすべてが映画につながってるんです。
映画っていろんな要素が詰まってるでしょ?
最終的な目標は、やはり映画を撮ることなんです。

そうした部分の下地って小中高と自由な校風の私立だったってことがおおきいと思うんです。
制服がなかったから「今日は、どの服を着て行こう」って、毎日が小さな自己表現だった。
服が好きになったのも、自然なことだよね。けっこう自分らで服作って、友達と写真撮って遊んだりしてた。
今思うと、服そのものじゃなくて、“可愛い服着た女の子のいる写真”とかが好きだったのかなぁ。
やはり興味持ってやってたことが、すべて今につながってるんだよね。

Leeyuni06

焦点距離:50㎜ 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/40秒 ISO感度:400

 

Leeyuni07

焦点距離:24㎜ 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/20秒 ISO感度:400

 

渋谷はね、だいたい誰かしらがいるんですよ。映画関係や音楽関係の仲間とか学生時代の同級生とか。
御飯食べたり、飲みに行ったり。やっぱりテンションあがりますね。
渋谷に来れば、とにかく楽しいことがあるんですよ。

※父親は、映画「パッチギ!」のヒットで知られる映画プロデューサー 李鳳宇さん

 

渋谷(東京都渋谷区)

多くの路線が乗り入れる巨大ターミナル駅を中心に繁華街が放射状に広がっている。
谷底地形のため、周辺エリア各方向は独立性が高い。
ハチ公口駅前のスクランブル交差点は、今や世界に広く知られる名所。外国人観光客の姿は絶えることがない。
継続中の大規模再開発によって、まだまだ変化し続ける街といえる。

 

水谷充さんご使用のSP 24-70mmについて詳しくは、
http://www.tamron.co.jp/lineup/a007/index.html

カテゴリ