TAMRON LENS BLOG

lh_title

 

第4回 竹之内文樺×西荻窪 ― 1993年生まれ 兵庫県出身 美術学生―

 

高校を卒業してから上京しました。もともと古着好きなんで、はじめは高円寺で家探ししたんです。
けど、家賃が高くて…。
それでも中央線沿線がいいなぁ~って、西荻窪にたどり着きました。ここ見に来た瞬間に気に入ってしまいました。
本当に居心地が良いっていうか、大家さん、とっても良い人なんです。
いつも気にかけてくれて、熱出して寝込んだりすると、アイスクリームとか、りんごとか持ってきてくれる。
なんかお母さんみたいな感じなんです。
駅の近くには、ご飯屋さんも多いし、古い家が並ぶ路地なんかも落ち着きますね。
あと、近所にある善福寺公園は、メッチャお気に入りの場所。やっぱり田舎育ちだから草や木がないとダメなんです。
ストレスが溜まってくると、そこ行って一休みするんですよ。

Fumika01

焦点距離:50mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/20秒 
ISO感度:400

 

24mm F/8 1/6秒 ISO400

焦点距離:24mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/6秒 ISO感度:400

 

人の多い新宿とか渋谷とか相変わらず苦手。地元は、電車が1時間に1本みたいなところでしたから…。
友達には「もう2年ぐらいおるんやから、いいかげん慣れようやぁ~」って言われるんだけど…。
やっぱり六本木ヒルズとか行くと「凄~い!」ってなっちゃうし、代官山も、わたしにとっては幻の街ですね。
「代官山、実在する?」って。用事があってどこかに出かけても、西荻窪に帰ってくるとホッとします。
そんなんだから、お休みの日も、家の近所で過ごしています。

45mm F/2.8 1/15秒 ISO400 -0.7補正

焦点距離:45mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/15秒 ISO感度:400 -0.7補正

 

東京で暮らすようになって「ここで生きていくんやなぁ~」って思いました。
小さい頃から、時々人とズレを感じることがあって、周りからも「変わってる」と言われることもあったんです。
自分では当たり前と思っていることも、どうやらそう感じる人ばかりじゃないんだなぁ~って。
風当たり、強めでしたね。
美術したいなんて地元で話しても、「美術で喰っていけるわけないやろ。現実を見ろ!」と
否定的な意見を言う人もいました。
東京の人は、わりとなんでも受け入れてくれますね。共感したり応援してくれる人も多いんです。
実際、美術で食べてる人がいっぱいいて、とても刺激をもらえてます。

24mm F/2.8 1/20秒 ISO400

焦点距離:24mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/20秒 ISO感度:400

 

35mm F/2.8 1/20秒 ISO500

焦点距離:35mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/20秒 
ISO感度:500

 

50mm F/8 1/8秒 ISO400

焦点距離:50mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/8秒 ISO感度:400

 

今は絵を描いたりしていますが、絵で食べていきたいってことでもないんです。いろいろと手探り状態ですね~。
上手く言えないんだけど…。表現、表現って、家にこもって制作に没頭してると、気持ちがダークになりがちなんです。
そうそう、ちょうど今、関わらせてもらってる『とびらプロジェクト』(東京都美術館と東京藝術大学が連携して行なっているアートを介してコミュニティを育む事業)のように、やってみたいと思うことを企画して、いろんな人の力を結集して形にしていく。
それで参加者に楽しんでもらったりする。
そんな、関わる人みんなで達成感が味わえるようなことをこれからもしていきたいんです。

30mm F/2.8 1/20秒 ISO400

焦点距離:30mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/20秒 
ISO感度:400

 

西荻窪(東京都杉並区)

23区の最西端。JR中央線の西荻窪駅の周辺には、小さな個人営業の飲食店が多く、比較的安く呑める。駅から少し離れると、古い一戸建ての多い住宅密集地。アパートも多く、沿線の大学に通う学生も多く住まう。どこか下町風情のある居心地の良い街として人気だ。

 

水谷充さんご使用のSP 24-70mmについて詳しくは、
http://www.tamron.co.jp/lineup/a007/index.html