TAMRON LENS BLOG

lh_title

 

第5回 Chie×青山・外苑前 ― 3月15日生まれ 魚座・B型 東京都出身 Singer―
Web Site:http://luv2luvbaby.com/

 

高校時代、バンドでメジャーデビューしました。そのときのレコード会社が青山のキラー通りにあったんです。
歌のレッスンやらミーティングやら、東京西エリアの自宅から頻繁に通うようになりました。
経験することは、初めてのことばかり。
大人としての受け答えだとか、ファッションに気を使うとか、いろんなことを学びました。
大人の中に入って、いつも目の前にある大きな壁を乗り越えるような感じで取り組んでいて、
とても刺激的な日々でした。
青山は、わたし自身が大きく変化した場所なんです。

Chie_001

焦点距離:24mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/13秒 ISO感度:400

 

焦点距離:24mm 絞り:F/7.1 シャッタースピード:1/5秒 ISO感度:400

焦点距離:24mm 絞り:F/7.1 シャッタースピード:1/5秒 ISO感度:400

 

大人がスタッフとして大勢関わっていて、「自分のせいで失敗できない!」と、責任感が育っちゃう。
好きな歌なのに上手く歌えないとか、悩んだときもありましたよ。でも生音とかスタジオで聴く音には夢があります。
本物の音というか…。良いものに触れる機会が沢山ありました。

レコーディングを終えて、家に帰れるのは終電だったりする。地元の駅前に着くと、なんだかホッとするような。
ひとりで立ち喰いソバ屋に寄ったりもしましたよ。やっぱり地元は、素の自分になれる場所ですね。
同級生と一緒にいる自分と青山で仕事してる自分。気持ちのバランスが崩れそうなときもあるんです。
人気商売だから、いいかげんなことはできない。忙しさで気がまぎれてたけれど、プレッシャー感じてたんでしょうね。
でも、わたしの唄を喜んでくれる人がいるならって気持ちで頑張ってました。

焦点距離:70mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/20秒 ISO感度:400

焦点距離:70mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/20秒 ISO感度:400

 

焦点距離:70mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/30秒 ISO感度:400

焦点距離:70mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/30秒 ISO感度:400

 

焦点距離:24mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/13秒 ISO感度:400

焦点距離:24mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/13秒 ISO感度:400

 

バンドは、3年ほどして解散。ソロとして活動をはじめました。
在籍中からやっていたラジオのプロデューサーさんが、一緒にやらないかと声をかけてくれて、
Luv2Luv Babyというユニットを結成したんです。
わたしの声の音域に合わせて曲を作ってくれる。とても唄いやすいんです。
活動は、作品がまとまったらリリースするというスタンスです。
とても良いペースでやれていて、今は人をうらやむ気持ちとか、なくなりました。
人と比較することは無意味です。自信にはなりません。人は人、自分は自分なんです。

自分の唄を多くの人に聴いてほしいという気持ちはしっかりもっています。
プロであることを忘れたことはありません。
いろいろな制約、制限を考えバランスを保つこと。その中で、クオリティを上げてゆく。
これ、とても大切なことだと思うんです。
今も相変わらず、多少ムラっ気があるけれど好奇心旺盛なわたし。
多感な時期を過ごした青山を久しぶりに歩いて、いろいろなことを思い出しました。

焦点距離:24mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/30秒 ISO感度:400

焦点距離:24mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/30秒 ISO感度:400

 

焦点距離:30mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/20秒 ISO感度:400

焦点距離:30mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/20秒 ISO感度:400

 

Hair&Make up:Tadashi Takahashi

 

青山・外苑前

青山通りとキラー通りが交差するこのエリアは、1970年代後半辺りから、ファッション・ブティックや音楽関係の企業などが数多く進出した。また当時は珍しい終夜営業の飲食店も点在していた。そうしたことを背景に、いわゆる業界人が多く集まり、独特の文化を形成していった。

 

水谷充さんご使用のSP 24-70mmについて詳しくは、
http://www.tamron.jp/product/lenses/a007.html

 

水谷充さんの「N35 E139 Living here. -ここで生きている-」全5回と、
本企画でご利用のSP24-70mm(Model A007)レンズレポート全8回がご覧いただけます。
http://www.tamronblog.jp/category/photographer/水谷充/

カテゴリ