MENU

薬屋のひとりごとでアードゥオと壬氏の関係は?正体や父親か調査!(ネタバレ)

本サイトにはプロモーションが含まれています。

「薬屋のひとりごと」は、2012年に発売された小説です。

架空の中華風帝国を舞台に、主人公・猫猫が人攫いに遭い、後宮の下働きとして売られてしまいます。

そして、ある事件をきっかけに壬氏の目に留まり、そこから王宮内で起こる事件や謎を、薬学の知識で解いていくという内容です。

2023年10月22日からはアニメも放送されているので、ファンも増えたのではないでしょうか。

見進めていく中で、多くの方がアードゥオと壬氏の関係が気になっていると思います。

そこで今回は、「薬屋のひとりごとでアードゥオと壬氏の関係は?正体や父親か調査!(ネタバレ)」について調べてみました。

目次

アードゥオと壬氏の関係は?

本当は、壬氏はアードゥオの息子の可能性が高いです。

断定的な表現はさける

原作を読んだという方からの情報を見つけました。

引用元:YAHOO!知恵袋

しかし現在は、壬氏は現皇帝の弟として生きています。

アードゥオが壬氏を授かり、出産の時期が皇帝の妃の出産と重なってしまいます。

皇帝の妃の出産が優先されたことで、アードゥオは自分の子より皇帝の子が優先されるということにを思い知ってしまいます。

そして、アードゥオは壬氏と皇帝の子を入れ替えました。

そのことにより、壬氏は現帝の弟(皇弟)として生きていくことになりました。

本当の皇弟の世話は、アードゥオの侍女である、風明がしていました。

しかし、風明がはちみつを与えてしまったことにより、本当の皇弟は死亡してしまいます。

壬氏の父親は誰?

壬氏の父親は誰なのでしょうか。

壬氏の正体は?

どこからの情報なのか

壬氏の容姿は美しく、微笑んだだけで相手は壬氏になびいてきます。

壬氏は、宦官として後宮を出入りしていますが、正体は現皇帝の弟(皇弟)で、本名は「華瑞月(かずいげつ)」です。

年齢は23歳ということになっていますが、実際は18歳だそうです。

その正体は皇帝の弟。本名は華 瑞月(カ・ズイゲツ)。

公称では数え23歳としているが、実年齢は数え18歳である(いずれも物語の開始時点で)。

引用元:ピクシブ百科事典

壬氏の本当の父親は誰?

どこからの情報なのか

現在、壬氏は先帝と皇太后の息子で、現帝の弟です。

しかし、先述しましたが、壬氏も知らない出生の秘密がありました。

少し複雑ですが、実際は「現帝とアードゥオの息子」なので、壬氏は現帝を兄だと思っていますが、本当は現帝が父親だということになります。

物語の中で、主人公は気が付いていましたが、アードゥオと壬氏はそっくりでした。

そして現在は、宦官として後宮を管理する立場を担っています。

結論からいうと、阿多妃は壬氏こと皇弟の華瑞月の母親です。壬氏の本当の父親は皇帝であり、阿多妃もこの事実を認識しています。

阿多妃は、先帝の次男と我が子(壬氏)の入れ替えを行いました。

引用元:Anitage+

壬氏の人物像は?

壬氏の容姿は美しく甘い声で、常に笑顔を振りまく、ナルシストのような貴人です。

老若男女問わず魅了する美貌なので、「女性の姿であれば国を傾けるほどの破壊力がある」と言われているほどです。

そして、後宮内をよく歩き回っている「暇人宦官」と見せかけています。

頭も良く、武芸にも優れているという描写もアニメの中で描かれています。

主人公の猫猫曰く、壬氏は「粘着質」だそうです。

気に入ったものには執着してしまうようで、猫猫に対してもしつこく執着して独占したがってしまいます。

猫猫が後宮をクビになるという場面がありますが、壬氏は猫猫がいなくなったことでかなり落ち込んでいました。

壬氏は自分が本当はアードゥオの息子だと言うことを知らないようですが、事実を告げられるとどうなってしまうのでしょうか。

天女の美貌に甘い声、常に笑顔を振りまく貴人。後宮内をよく歩き回っている「暇人宦官」。…と見せかけている。

主人公にして語り部である猫猫曰く、粘着質」「頭が良いが莫迦(ばか)」。

引用元:ピクシブ百科事典

アードゥオの人物像は?

アードゥオは、東宮時代に唯一迎えた妃でした。

男性だったら皇帝の右腕になれたまでと言われる賢い女性だそうです。

年齢は35歳で、妃の中で最年長でした。

壬氏を出産した際、子宮を失ってしまったため、跡継ぎに恵まれないことから後宮を去ることになります。

そして現在は皇帝の意向で離宮で生活しています。

周囲には慕われており、後宮を去る際には多くの人から惜しまれていました。

アニメの中で、猫猫は壬氏と似ていると気が付いています。

壬氏の母親ということで、これから活躍するようなことがあるのでしょうか。

今後、どんな展開になるのか楽しみですね。

阿多妃は現皇帝の乳姉弟で、東宮時代に唯一迎えた妃でした。

男性だったら皇帝の右腕になれたとまでいわれる賢い女性です。

跡継ぎに恵まれないことから後宮を去ることになり、皇帝の意向で離宮にいます。

引用元:Anitage+

まとめ

今回は、「薬屋のひとりごとでアードゥオと壬氏の関係は?正体や父親か調査!(ネタバレ)」について調べてみました。

調べた結果、壬氏はアードゥオと現帝の息子という可能性が高いということが分かりました。

壬氏の本当の父親は、現在兄だと思っている現帝だということになります。

生まれた直後、母親のアードゥオが、自分の子が優先されるように先帝と皇太后の子と入れ替えていました。

そして、本当の皇帝の子は幼いうちに、はちみつを食べてしまったことによって亡くなっていました。

現在、宦官として王宮を管理・監視する立場の壬氏ですが、これから主人公の猫猫との関係もどう発展していくのか楽しみですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次