MENU

京セラドーム1ゲートの座席はどこ?行き方・見え方やアリーナ・天井かも!(ライブコンサート)

本サイトにはプロモーションが含まれています。

京セラドーム大阪の座席を知りたい方必見!

大阪でトップクラスの規模を誇る京セラドームは、収容人数がなんと4~5万人。

 

ライブやコンサートなどでも、迫力満点のパフォーマンスが楽しめます。

ただ、会場が大きすぎるだけに、どの場所でどんな風に見えるかは、誰もが気になるところ。

 

そこで、今回は、

京セラドーム1ゲートの座席はどこ?行き方・見え方やアリーナ・天井かも!(ライブコンサート)

について、調査してみたいと思います。

 

【この記事でわかること】

・京セラドーム1番ゲートの座席の行き方

・京セラドーム1番ゲートでアリーナか天井席になる確率

・京セラドーム1番ゲートからの眺め(スタンド上段・下段・アリーナ)

目次

京セラドーム1番ゲートの座席はどこ?マップから行き方をチェック!

京セラドーム1番ゲートは、右手一塁側になります。

画像で見てみると、

引用元:アクセス | 京セラドーム大阪

上記の黄色い丸のところにあたります。

情報誌サイトによると、全体の座席マップは以下の通り、

引用元:京セラドーム大阪 – LiveWalker.com

ゲート番号は筆者がつけたものです。

さらに、1ゲート付近の座席を拡大して見てみると、

引用元:京セラドーム大阪 – LiveWalker.com

上記画像にある番号は、それぞれ通路・席・列の番号が記載されています。

また、席は上段と下段に分かれており、

緑色の席…スタンド上段(天井席

オレンジの席…スタンド下段

となっています。

緑の席がスタンド上段にあたり、いわゆる天井席になるみたいですね。

これでだいたいどのあたりがどの座席になるのかがわかるのではないでしょうか。

京セラドーム1ゲートの座席でアリーナの可能性は?天井席かも!

京セラドーム アリーナの確率

京セラドーム1ゲートは、口コミによると、アリーナの可能性があるようですね。

その確率は、約60%との意見があります。

Xユーザーの口コミをみると、

1ゲート ⇒ アリーナ(55~61%)

6ゲート ⇒ アリーナ(51~59%)

上記のように、1ゲートと6ゲートはアリーナの可能性が高いようですね。

他ユーザーのXの口コミを見ても、

京セラドームの1ゲートと6ゲートは、ホンマにアリーナ率高いと私は思う」という意見がありました。

実際、1ゲートでアリーナだった人の口コミは、筆者も多く見つけました。

なので、上記の6割という確率は、信ぴょう性があると言えるのではないでしょうか。

京セラドーム 天井席の確率

しかし、1ゲートは天井席の可能性も全くないわけではありません。

口コミによると、1ゲートで天井になる確率は約20%とのこと。

実際の投稿を見てみると、

1ゲートは、アリーナ率:56.1%、天井率:21.3%、とあります。

なので、確率としては低いですが、全くないわけではないので、注意が必要です。

京セラドーム1ゲートの座席からの見え方は?(ライブコンサート)

コンサートの場合は、外野席中央にステージが設置されると思います。

その点に注意して、どんな眺めになるのか以下で見ていきましょう!

スタンド上段

京セラドーム1ゲートのスタンド上段からの眺めはこんな感じ、

引用元:座席検索 | 京セラドーム大阪 

ステージからは距離が遠くなるものの、全体が見渡せるので、ライブ演出を端から端まで楽しめます。

これはこれで、眺めが良くて良いですね。

スタンド下段

次に、もう少しステージに近い、スタンド下段を見てみると、

引用元:座席検索 | 京セラドーム大阪

球場公式の画像なので、ホームグランドがメインの眺めになってしまいました。

なので、実際のコンサートのように、ステージのある外野エリアはどんな感じに見えるのか調べてみました。

画像は以下の通り、

引用元:Xユーザーのとぅばぁちゃんさん:1ゲートスタンド1塁下段4通路23列371番

上記は「1ゲートスタンド1塁下段4通路23列371番」から見た眺めです。

花道のあるステージもばっちり見えますね。

アリーナ

ではでは、一番気になるアリーナからはどんな眺めになるのでしょうか。

アリーナはさすがに球場公式の画像はありませんので、一般投稿から引用させていただきます。

アリーナの前列の眺めは以下の通り、

引用元:Xユーザーのなっちゃんさん

投稿によると、「1ゲート アリーナE10/2列/2番」の座席だそうです。

前に、4列しかないので、かなり近いですね。

良い席です。

動画でアリーナからの眺めを見ると、

あわせて読みたい

上記の動画でどんな感じかかなり想像しやすくなったのではないでしょうか。

以上、1ゲートの座席からの眺めをご紹介しました!

ライブに持っていくべきおすすめグッズ!

Anker511 Powwer Bankのモバイルバッテリー

デジタルチケットの表示や写真撮影のときにスマホを使う人が多いと思います。

もし、会場付近で充電が切れてデジタルチケットの表示ができなかったときはライブ会場に入ることができません。

そして、スマホの充電をいちいち気にするのも嫌ですよね⋯

そんな時にモバイルバッテリーがあるとかなり便利だと思います。

最近は小さくて軽いのもでており、おすすめなのが”Anker511 Powwer Bank”です。

【特徴】
・コンセントが付いているのでモバイルバッテリーをそのまま充電できる

・最大30W出力でスマフォだけでなくパソコンも充電可能

・持ち運んで使うためのストラップ付き

・スマフォを約1回半フル充電できる

・USB急速充電器搭載で急速充電ができる

・最大24ヶ月保証がついている

・約180gで軽量

という特徴があります。

軽量で女性からの人気も高いんですね。

オペラグラスの双眼鏡

ドームで行われるライブでは必須だといわれているのが双眼鏡です。

メインステージで行われる曲ではアーティストの顔がほとんど見れないこともあると思います。

ライブ専用でおすすめなのが”オペラグラスの双眼鏡”です。

【特徴】

・軽量でコンパクトなので長時間でも疲れにくい

・メガネをかけたままでも大丈夫

・暗い場所でも明るく見えるポロプリズム式

暗いライブでも明るく見えることでも知られています。

重さも約240gといわれており、それほど気にならないのではないでしょうか。

 

まとめ

今回は、『京セラドーム1ゲートの座席はどこ?行き方・見え方やアリーナ・天井かも!(ライブコンサート)』を調査してみました。

京セラドーム1ゲートは、内野一塁側で、アリーナの可能性もあるかもしれないということがわかりました。

 

ですが、天井席でもステージ全体が一望できて、それはそれで楽しめるんじゃないかなと思いました。

双眼鏡を持参で遠くから見るのも良いかもしれませんね。

 

京セラドームは臨場感がすごいので、特別なコンサート体験がしたい人はぜひおすすめです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次