MENU

京城クリーチャーは反日ドラマ?あらすじ・ネタバレや口コミ・感想も調査!

本サイトにはプロモーションが含まれています。

2023年12月22日、Netflixシリーズの「京城クリーチャー」が公開されました。

日本でも人気なパク・ソジュンさんとハン・ソヒさんが出演しているということで、気になっている方も多いのではないでしょうか。

そして、このドラマは反日なのかで見るかどうかを悩んでいる方もいらっしゃると思います。

実際に見た方は、どんな印象を持っているのでしょうか。

そこで今回は、「京城クリーチャーは反日ドラマ?あらすじ・ネタバレや口コミ・感想も調査!」について調べてみました。

目次

「京城クリーチャー」は反日ドラマなのか?

「京城クリーチャー」は、1945年の京城が舞台です。

1910年から1945年までの35年間、韓国が日本の植民地でした。

その時のソウルの呼び名が「京城」です。

その「京城」がタイトルに入っているため、「反日なのではないか」と考える人が多いのではないでしょうか。

そして、ドラマの内容も、日本軍による人体実験をテーマとして扱っているので、それだけを聞くと、日本を悪者にしたドラマのようにも感じられます。

実際にドラマを見た方の中には、「反日要素はそれほど強くないと感じられる」という声がありました。

ドラマは、日本軍による人体実験という重いテーマを扱っているものの、反日要素はそれほど強くないと感じられます。

引用元:YAHHO!知恵袋

そう言った声があると、「反日だったら見るのは…」と悩んでいる方も見やすいかもしれませんね。

どの部分が反日?

あまり反日ではないという声がある一方で、このドラマは反日だと感じる人もいるようです。

「虐待や暴力、日本人が韓国人に酷いことをしている描写などがあり、最後まで見れなかったという声もありました。

日本人が酷い仕打ちをしている描写があるというのは、日本人としては悲しいですね。

引用元:YAHHO!知恵袋

反日かどうかは、ドラマを見る人の感じ方次第なのかもしれません。

どちらにせよ、虐待や暴力シーンが苦手な方は視聴を控えた方が良いかもしれません。

「京城クリーチャー」のあらすじは?

「京城クリーチャー」は、1945年の京城(キョンソン)が舞台です。

資産家のチャン・テサン(パク・ソジュン)と人探しの専門家、ユン・ジュンウォン(チョ・ハンチョル)とユン・チュオク(ハン・ソヒ)が出会います。

チャン・テサンはイシカワ刑務官の愛妾を探すため、ユン親子は妻であり、母親を探すため、3人は手を組むことにします。

3人はある病院の、「この病院に運ばれた患者は誰も戻れない」と言う噂を聞き、それぞれの目的のために病院に潜入することになります。

病院の謎を明らかにしていくチャン・テサンらだったが、そんな中、怪物が病院内で暴れだします。

生き残りをかけて人間の貪欲さが生み出した怪物に立ち向かうことになります。

1945年、京城。植民地時代の陰鬱なソウルで、生き残りをかけて戦う実業家と人捜しの専門家は、人間の貪欲さが生み出した怪物に立ち向かうことになる。

引用元:NETFLIX公式HP

視聴者の口コミや感想は?

実際に「京城クリーチャー」を見た方は、どんな感想を持っているのでしょうか?

SNSを見てみました。

2話から面白い、Netflix+韓国+クリーチャーは間違いない、とのことでした。

他にも「面白い」という声は沢山ありました。

しかし、脚本は面白いが、日本人設定の人の日本語演技がたどたどしくて残念という方もいました。

若干おかしな言い回しなどがあるのかもしれません。

しかし、キャストがかなり豪華なので、キャスト目当てで見たいと思っている方も多そうですね。

「面白い」という声が沢山ある一方で、「面白くない」という意見もありました。

さらに、出演者がSNSに乗せた写真をきっかけに、見る気が無くなった、その写真さえなければ「京城クリーチャー」の宣伝というだけだったのにという書き込みも見られました。

このドラマを全世界へ配信している時点で、ドラマ制作者たち全員反日なのだろう、という方もいました。

韓国とは歴史的背景で難しい関係ですよね。

韓国からの観光客が多かったり、逆に韓国に旅行に行く人も多いので、国同士もどうにか関係良好になれないものかと思います。

まとめ

今回は、「京城クリーチャーは反日ドラマ?あらすじ・ネタバレや口コミ・感想も調査!」について調べてみました。

SNSでの感想を見てみると、このドラマは反日だと感じる人もいれば、反日ではないと感じる人もいました。

見る人の捉え方によって感じ方は変わるようです。

日本人が酷い仕打ちをする描写、虐待や暴力のシーンがあるそうなので、苦手な方は視聴を控えた方が良いかもしれません。

しかし、面白かったという声もありましたので、気になっている方はぜひ見てみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次