MENU

内閣府ホームページよりお知らせは迷惑メールで詐欺?5万円給付金をクリック開いてしまった時の対処法も!

本サイトにはプロモーションが含まれています。

内閣府ホームページからメールが来る!?

突然内閣府を装ってくることから詐欺ではないかとXでも話題に。

そこで今回は「内閣府ホームページよりお知らせは迷惑メールで詐欺?5万円給付金をクリック開いてしまった時の対処法も!

について取り上げて特集したいと思います!

【この記事でわかること】

  • 内閣府ホームページよりお知らせは迷惑メールで詐欺?
  • 内閣府から不審なメールに対する世間の反応
  • 詐欺メールを開いてしまったらどうなる?
  • 詐欺メールを受信したときの対処方法
  • 詐欺メールをクリックしてしまった時の対処方法
目次

内閣府ホームページよりお知らせは迷惑メールで詐欺?

結論からお伝えしますと、内閣府ホームページよりお知らせのメールは詐欺である可能性が高いです。

その根拠としては、

  • リンク先のドメインが政府機関のものではないから
  • 送信元のドメインがフリーアドレスだから(政府関連事業でのメールでフリーアドレスが使用されることはありません)
実際に届くメールを見ながら詳しく説明していきます。

詐欺の可能性が高い根拠①:リンク先のドメインが異なる

こちらが実際に送られてくるメールです。

Image

引用元:Xユーザーユートさん

この画像に載っているリンク先のドメインが「cao-go-japan.com」になっています。

ですが、実際の政府機関のドメインは「go.jp」です。

公式のドメインと異なる場合は詐欺の可能性が高くなるみたいです。

不審なメールか区別つかない場合は、送られてきたメールアドレスのドメインをチェックしてみてください。

詐欺の可能性が高い根拠②:送信元のドメインがフリーアドレス

<質問者>

内閣府ホームページからメールが来ました アドレスは→myna-go-2@e-mail.jp これ詐欺メールですよね?w

<回答者>

100%詐欺です。 domeinサーチで記載されたURLを検索かけたところ、 対象:cao-go-japan.com The spamhaus project 非営利団体SPAMHAUSプロジェクトによるIPアドレスベースの送信者ブラックリスト で、HITする様です。 また、送信者のmailアドレスのドメイン「e-mail.jp」は、 E-mail.jpで提供されるフリーのアドレスです。 政府関連事業でのメールでフリーアドレスを使用される事はありません。

引用元:Yahoo!知恵袋

送信元のメールアドレスのドメインが「e-mail.jp」となっています。

ですが、そのドメインはE-mail.jpで提供されているフリーのアドレスです。

政府関連業でのメールでフリーアドレスを使用されることはないそうです。

リンク先のドメインだけではなく、メールの送信元のドメインも不自然ではないか確認してみてください!

内閣府から不審なメールに対する世間の反応

内閣府ホームページから不審なメールが届いたと、SNS上で複数の報告があがっています。

変な中国語も混ざってる

文章の中に中国語が混ざっているみたいです。

フィッシング詐欺によくあることで、こちらも見分け方のポイントの一つにもなります。

どうやって内閣府が個人メール入手して連絡よこすんだ??

内閣府から直接メールが送られてくることに疑問を抱いている人もいました。

詐欺メールを開いてしまったらどうなる?

迷惑メールは日々巧妙化していて、うっかり開いてしまうこともあると思います。

もし開いてしまったらどうなるのか調べてみました。

メールを開くとどうなる?

フィッシングメールを開いてしまったら、まず確認したいのは以下の2点です。

  • URLリンクをクリックしましたか?
  • 添付ファイルの展開をしましたか?

フィッシングメールを開いてしまっても、この2点を実行していなければおおむね安全といえます

つまり、フィッシングメールのURLリンクから、大手企業などをかたる「不正なサイト」に訪問し、個人情報やアカウント情報などを渡していなければよいのです。
ただし、フィッシングメールといえども、まれにマルウェア(ウィルスなど)が仕込まれている恐れがあり、添付ファイルを開いた場合の対処も把握しておくと安心です。

引用元:セキュマカ

添付ファイルを開いたり、個人情報を入力しておらず、メールを開いただけであれば被害は出にくいそうです。

URLや添付ファイルを開いてしまった場合

遠隔操作される

フィッシングメールに含まれるリンクや添付ファイルをクリックすると、デバイス内にウイルスが侵入する可能性があります。これにより、悪意ある第三者がデバイスを遠隔操作して個人情報を盗み出したり、デバイスをコントロールしたりすることがあります。

不審なメールやリンクなどがあった場合は、開かないように注意することが重要です。

引用元:CyberSecurity.com

デバイス内にウイルスが侵入する可能性があります。

第三者が遠隔操作して個人情報を盗み出す

とても怖いですね。

不審なメールが届いた場合は、リンクや添付ファイルを開かないように注意することが重要です。

あらゆるマルウェアに感染する

誤ってフィッシングメールを開くと、ランサムウェアやボットウイルスなどあらゆるマルウェアに感染する可能性があります。これに感染するとコンピュータやデータのアクセスをブロックされて金銭を要求されたり、第三者の遠隔操作によって自分のデバイスから大量にスパムメールを送信されたりする恐れがあります。

このようなマルウェアに感染した場合、被害が拡大する前になるべく早く対処することが大切です。

サイバーセキュリティ専門家に相談して、マルウェアの種類や感染経路を調査し、再発防止のためにも適切な対応を行うようにしましょう。

引用元:CybersScurity.com

マルウェアに感染し、データのアクセスをブロックされ金銭を要求されたり、大量のスパムメールを送信される恐れがある。

万が一ウイルスに感染した場合は、被害が拡大する前になるべく早く対処することが大切みたいです。

サイバーセキュリティー専門家に相談して、再発防止のためにも適切な対応を行うようにしましょう。

個人情報を入力してしまった場合

フィッシングメールのURLやファイル開いてしまった場合、生年月日や住所、クレジットカード情報やアカウント情報などの個人情報が漏えいする可能性が高いです

個人情報が漏えいすると、犯罪などに悪用されるケースもあるため速やかに対処する必要があります。

特に企業の場合、マルウェア感染などで顧客情報が漏えいした場合、速やかに関係当局に報告し、適切な対応を行うことが重要です。この義務を放棄すると罰則が科せられる可能性があるため注意しましょう。

適切な対応を行うには、サイバーセキュリティ専門家に相談することも検討しましょう。サイバーセキュリティ専門家に依頼することで、被害の状況を正確に把握し、適切な対応策を提案することができます。

引用元:CyberSecurity.cpm

個人情報が漏洩する可能性が高いです。

個人情報が漏洩すると、犯罪などに悪用されるケースもあるみたいです。

そうならないためにも、個人情報を入力してしまった場合はサイバーセキュリティー専門家に相談するなど、速やかに対応を行ってください。

詐欺メールを受信したときの対処方法

フィッシング詐欺のメールを受信した場合は、下記のように対処しましょう。

  • 無視する
  • 添付ファイル・リンク先にアクセスしない
  • メールの真偽を確認する

無視する

フィッシングメールを受信したときは、決してメールを開かず無視しましょう。

メールの受信を希望するメールアドレス以外は、自動的に迷惑メールフォルダへ保存されるよう設定を変更しておくと安心です。

引用元:CyberSecurity.com

決してメールを開かず無視しましょう。

とにかく身に覚えのないメールは開かないようにしましょう。

添付ファイル・リンク先にアクセスしない

フィッシングメールにはファイルやリンクが添付されていることがありますが、これらにはマルウェアが仕込まれている可能性があります。マルウェアとは、コンピュータやスマートフォンなどのデバイスに侵入し、情報を盗んだり不正にアクセスしたりするなど、デバイスに害を与えることを目的としたウイルスです。

ウイルスに感染する危険性が高いため、添付されているファイルやリンク先にはアクセスしないようにしましょう。

引用元:CyberSecurity.com

ウイルスに感染する危険性が高いため、添付されているファイルやリンク先にはアクセスしないようにしましょう。」

フィッシングメールにはよくファイルやリンクが添付されています。

ですが、マルウェアというウイルスが仕込まれている可能性があるので開かないように注意してください。

メールの真偽を確認する

フィッシングメールは有名企業や銀行になりすまして送られることが多いです。そのため、メールを受信したら記載されている情報が正しいかを公式サイトや公式SNS等で確認しましょう。メールにて送られてきた内容が正しい場合は、公式でも発表されていている可能性が高いです。

引用元:CyberSecurity.com

記載されている情報が正しいかを公式サイトや公式SNS等で確認しましょう。

フィッシングメールの場合、記載されている住所が違うことがあります。

不審に感じた場合は、公式サイトやSNSなどで確認してみてください。

詐欺メールを開いてしまった時の対処方法

フィッシングメールを開いてしまった時は、下記のように対処しましょう。

  • ネットワークを切り離す
  • デバイスを初期化する
  • サイバーセキュリティの専門会社に相談する

ネットワークを切り離す

フィッシングメールのURLやファイル開いてしまった場合は、マルウェアに感染している可能性があります。ウイルスによって盗み出された個人情報などは、ネットワークを経由して攻撃者に送られます。そのため、ネットワークを早急に遮断することで被害を最小限にとどめることができるのです

また、ウイルスはネットワークを通じて拡散します。ウイルスがネットワークを経由して社内中のパソコンを汚染したり、個人情報が入ったサーバーに侵入したりする恐れもあるため注意しましょう。フィッシングメールを開いたときはネットワーク接続をすぐに切るようにしてください。

引用元:CyberSecurity.com

ウイルスによって盗み出された個人情報などは、ネットワークを経由して攻撃者に送られるみたいです。

そのため、ネットワークを遮断することで被害を止めることができるので早急にネットワークを遮断したほうがいいみたいです。

デバイスを初期化する

ファイルなどが全て削除される初期化を行うことでマルウェアを駆除することができます

ただし、デバイスを初期化すると、これまで保存していたデータや、どのような被害を受けたのかなどのデータが全て消えてしまうため注意しましょう。また、マルウェア感染が疑われる状態でバックアップを行うとバックアップ先でも感染が広がり、被害が拡大する恐れがあります

引用元:CyberSecurity.com

ファイルなどが全て削除される初期化を行うことでマルウェアを駆除することができます。

ただし、デバイスを初期化すると、これまで保存していたデータなどもすべて消えてしまうみたいです。

ですが、感染している状態でバックアップを行うと、バックアップ先でも感染が広がり、被害が拡大する恐れがあるみたいです。

サイバーセキュリティの専門会社に相談する

フィッシングメールのURLやファイル開いたときは、マルウェア感染や情報漏えいが疑われるため、サイバーセキュリティの専門会社に相談することが一番確実な方法です。

専門会社では、電子機器や記録媒体などから適切なプロセスで不正行為の事実確認を行ったり、不正アクセスの被害状況を調査したりすることができます。

専門会社のなかには、ヒアリングからお見積りの提示まで無料で行ってくれるところもあるため、気軽に相談してみましょう。問題を一刻も早く解決したいという場合は、速やかに専門会社に相談することをおすすめします。

引用元:

URLやファイル開いたときは、マルウェア感染や情報漏えいが疑われるため、サイバーセキュリティの専門会社に相談することが一番確実。」

被害が拡大する前に、一刻も早く解決したいという場合は、専門会社に相談することも考えてみてください。

まとめ

今回は「内閣府ホームページよりお知らせは迷惑メールで詐欺?5万円給付金をクリック開いてしまった時の対処法も!

について取り上げてお伝えしました。

筆者が調べた限り、ドメインが異なることから詐欺の可能性が高いという結論になりました。

今回の内閣府ホームページよりお知らせのメールだけではなく、様々なフィッシング詐欺が溢れています。

自分に届いても焦らないよう、知識をつけておくのも大事かもしれませんね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次