MENU

ちはやぶる神の斎垣(いがき)も越えぬべしの現代語訳や意味は?(光る君へ)

本サイトにはプロモーションが含まれています。

大河ドラマ「光る君へ」、見ていますか?

平安時代を舞台にしたのは、2012年の「平清盛」以来ですね。

絢爛豪華な衣装や平安時代の雅な世界観は、見ていてうっとりしてしまいます。

ドラマの中で、道長がまひろに贈った歌が話題になっているようです。

そこで今回のテーマはこちら!

ちはやぶる神の斎垣(いがき)も越えぬべしの現代語訳や意味は?(光る君へ)」です。

こちらの記事で分かること

  • ちはやぶる神の斎垣(いがき)も越えぬべしを現代語訳と意味
  • ちはやぶる神の斎垣(いがき)も越えぬべしの元ネタ?
  • 第六話を見た感想
目次

ちはやぶる神の斎垣(いがき)も越えぬべしを現代語訳と意味

光る君への第6話「二人の才女」の最後に、話題の歌が道長からまひろに贈られます。

その歌こそが「ちはやぶる神の垣(い斎がき)も越えぬべし 恋しき人のみまく欲しさに」です。

和歌にはあまり馴染みがない方には、これだけだと「??」になってしまいそうですよね。

そこでこちらのSNSの投稿を元に考察してみました。

「ちはやぶる」を漢字で表すと「千早振る」となります。

文字通り、早く・素早くといった意味です。

次の「神の垣(い斎がき)」は、神社や神聖な場所を囲む垣根を表します。

神聖な場所はおいそれと入ってはいけない場所ですよね。

それを踏まえて今回の和歌はこのように解釈できるのではないでしょうか。

越えてはいけない垣根を飛び越えてでも、愛しい貴方に今すぐ会いに行きたい!

意味が分かると、とても情熱的な歌だというのが分かりますね。

自分の気持ちを歌で表現するのは、平安時代の貴族らしい素敵な慣習だと思います!

どんな歌を詠むのかはもちろん、どう解釈するのかもセンスが問われそうです。

ですがそれが平安時代の貴族達にとって、生き甲斐と言っても過言ではないでしょう。

何故この歌が話題になっているのかというと、ドラマの内容に関係しているようですね。

と言うわけで、ドラマのあらすじをご紹介しましょう。

大河ドラマ「光る君へ」

第六話:二人の才女・あらすじ

  • 道長に、かつて道兼に母を殺されたと告白したまひる(前回の続き)
  • 道長とは距離を取ろうと決意
  • 道隆が漢詩の会を開く
  • 道長の名がないことを確認して、まひるは漢詩の会に参加
  • 来ないと思っていた道長が現れる
  • 漢詩の会が終わった日の夜に、道長から歌が届く

漢詩で出席者たちの歌を詠み上げるのですが、同時に現代語訳が俳優さんのナレーションで入っています。

道長がまひるに贈った歌が出てくるのは、ドラマの終盤なのですが…。

現代語訳はなく、贈られた歌をまひるが無言で抱きしめるシーンで、ドラマは終了しました。

ナレーションが入らなかったのは、恐らくドラマの演出でしょう。

まひるの切なさが伝わってくると同時に「どういう意味なの!?」と気になる終わり方でしたね。

だからこそSNSで話題になっていると思われます。

ちはやぶる神の斎垣(いがき)も越えぬべしの元ネタ?

「ちはやぶる神の垣(い斎がき)も越えぬべし 恋しき人のみまく欲しさに」には、元ネタと思われる歌があるようです!

伊勢物語とは

  • 平安時代の歌物語
  • 在原業平をモデルにした短編
  • 竹取物語と並ぶ、日本で最古の歌物語

伊勢物語に出てくる句を引用したのは、ドラマの中で道長が「漢詩が苦手」と言っていたからではないでしょうか。

自分の部屋へ早足に帰ってきて、すぐに墨をすり始めるシーンがありましたね。

一刻も早く、まひるに気持ちを伝えたいという思いがあったのかもしれません。

和歌の状態では何となく綺麗な歌だな、くらいにしか思わなかったのですが。

現代語訳を知ると、すごく胸が熱くなるラブレターだなと感じました。

現代でも歌で気持ちを表現する方は、たくさんいらっしゃいます。

ですが和歌はストレートでない分、意味を理解した時の感動がすごいなと思いました。

第六話を見た感想

「光る君へ」六話を見た感想を集めてみました!

道長の歌の解釈をしている方や、「ききょう」こと清少納言について語っている方もいらっしゃいましたね。

漢詩を鑑賞したききょうは、まひるとは真逆の意見を言っています。

なかなかクセのある人物のようですね。

歴史上では、紫式部と清少納言は実際に会ったことがないのでは?という説があります。

ドラマでは接点があるんでしょうか。

これからどんな活躍をしてくれるのか、楽しみです。

まひるを見つめる道長の視線がとても良かったと、書いている方もいらっしゃいますね。

この二人がどうなっていくかも、目が離せません!

まとめ

ちはやぶる神の斎垣(いがき)も越えぬべしの現代語訳や意味は?(光る君へ)」についてご紹介しました。

ドラマでは現代語訳がなかったので、気になる方が多かったようです。

SNSでも、道長の行動に胸を打たれたという投稿がたくさんありました。

まひると道長の他にも、個性的な登場人物たちが次々と出てきましたね。

まだまだ先は長いですが、どんな展開になっていくのか楽しみです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次